人間嫌いを考える本・・・

  • 江戸川 乱歩: 幽霊塔

    江戸川 乱歩: 幽霊塔
    文体がやや古風なのに慣れると、途端に面白くなってくる。謎の美女「秋子」の過去を紐解く怪奇小説。売りはやはり宮崎駿の妄想的解説だ。そもそもは黒岩涙香という作家が米国の小説「灰色の女」を翻案した「幽麗塔」という作品がルーツとしてあり、これを涙香のファンだった江戸川乱歩がリライトした、という三者三葉の違いを宮崎駿が例の画の密度で解説してるページが素晴らしい!! (★★★★)

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)
    いよいよあと1巻で終局らしい。人質となった島民は?中国空母「広東」との決戦の行方?そしてなぞの秘密兵器の存在の有無? この社会情勢でこの内容はやっぱしヤバい? (★★★★)

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)
    早くも文庫化。「単行本未収録エピソード満載」とあるけどそんなに物量はない印象。再読して改めてこの人凄まじい生き方したんやと思う (★★★★★)

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか? (★★★★★)

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

2020年1月 4日 (土)

ninja400今年の走り始めは姫路から

いっこも車両の写真はないですが、国道372号線=デカンショ街道を姫路へ走りぞめです。去年秋にめでたく走行70000kmを突破し、連れからは 今年中に10万km行くんでは?とか言ってもらってますが、これからもマイペースで走ることには変わり無いです。

なんで姫路かというと

6dc8dd5ab22045bba2f7a11fd85c35de

JR姫路の地下街なんですが

7754eb7aac724c3f9d5ad79b37212eaa

801f79af053c4c658a60ad950bc6ee2e

日本一美味しいというふれ込みの まねきの駅そば のスタンド店があります。入場券買ってホームに入らなくってもいい!そして

850016f7f1134a868439d728e93a07ad

D227cdf4ea2a4f609facc34ae761775d

姫路風明石焼のお店 タコピア でたこ焼きをいただくことができます。ソースも塗ってダシにつけて食べるのが姫路風なんだと。こっちはえらい長蛇の列。3人の焼き手のお姉さん方が1人5,6台の焼き器を駆使して念入りに作ってくれる様は圧巻です。来週辺りから店舗改装が始まるようで、今日食べられたのはグッドタイミングでした。

2019年12月15日 (日)

びっくりドンキーのランチが美味しかった!

067491cb743743bebc7edbc9fa8ec8c0

いや、本当に美味しかったのだ。

朝 家内がテレビ見ていて びっくりドンキーが紹介されていて、なんかハンバーグ食べたい気持ちに2人でなったので、昼食はびっくりドンキーに行く事にした。ここで食事するのは10数年ぶりだ。

ランチにはみそ汁が付いてきたのだが、ハンバーグ以上にこのみそ汁が美味しかった。油揚げと「あおさ」海苔が入ってた。運んできてくれたおばちゃんパートさんがサービス券くれて、すごくお得に昼食が取れて夫婦で満足して帰ってきたのだった。

みそ汁の美味しさに完敗した!

2019年10月14日 (月)

さらば中華料理店「しんきょう」

昼食を梅田でとろうと思い、新梅田食堂街に向かう。あれ?しんきょう がない?焼き鳥屋になってる。向かいの しんきょうパート2 に入って聞いてみると 去年の8月に閉店したとの事。

70acbee1e826442c80f980acbac576ad

実に残念だ。私が高校生位の頃から、梅田に行った時にはよく立ち寄っていた店だったのだ。考え事しながら食事するのが好きだったのと、この新梅田食堂街の雰囲気が大阪に来た感を盛り上げてくれていた。王将とも大阪王将とも違う規格化されていない、薄口の味付けがとても美味しかった。

66d50174291e455184683d514c6ae7c3

麺類と焼き飯、餃子の一部メニューはこのパート2やしんきょうパート1に残っていた。タンメンを頂く。おお、このスープや。しばらくは名残りを惜しめるように思う。

2019年3月17日 (日)

下田バーガーを食べに行くのだ!

カワサキチャレンジクルーズ。休みの度に天気が悪いので、今日は長距離を走ろう!目的もはっきりさせておこう。伊豆半島 開国の港下田 という道の駅に 金目鯛のフライをはさんだ「下田バーガー」と言うのが美味しいらしい。よし、いっちょそれを食べに行ってみよう!



当初、晴れ予報だったのに「時々荒れ模様」に天気が変化。天気アプリで雨雲の動きを確認しながら前に進む。


伊豆半島の突端に雨雲が重なったり外れたり。


けど行けそうだ!一気に伊豆半島を目指そう。
行ってみてわかったが、伊豆縦貫道というのがetc化されておらず、この何回かの支払いがとっても面倒くさい。かといって地道を選ぶとえらく回り道になる。




道の駅 「天城越え」。わさびソフト、食べてみたい。今日はパスしておく。下田バーガーを食べるのだ!

道の駅 「開国の港 伊豆下田 」に到着。






お値段は フィレオフィッシュの3倍+α
けど相応の内容と思う。金目鯛とカマンベールチーズ、特製のソースがすごく美味しい!が、食べにくい(笑)
指も皿もすごく汚れる。
ああ、でも満足だ!

その他、SA、PAで頂いたもの



豊川で食べたきしめん
豊川稲荷のご加護を!
きしめんって独特の食感がいいよなあ〜



帰りに長島で食べた 記号的な ラーメン&チャーハン
名古屋ラーメンはスガキヤ風が基本?かなり美味しい!

伊豆半島まで往復約980kmでした!

2019年3月10日 (日)

納豆もちの 塩加減について思う

先月の 納豆もちサミット で買ったロール型納豆もちを数日朝食に頂いた。


美味しいなあ、年がら年中食べられる訳でない所が貴重なんだが。これを食べた弟が言っていたが「自分らが食べてた納豆もちってこれよりもはるかに塩味濃かったよなあ」と。確かに、このお土産納豆もちはすごくマイルドなお味だと思う。そもそもの納豆もちは昔の 保存食 だったと言われているし、自分らが子供の頃食べていたものは保存食の方に寄った食べ物だったのだろう。
健康とか色々な観点から、無難な味付けにならざるを得ないだろうし、納豆にしたってクセの強いホンマもんを使っても食べられる人は限られてしまう。
自分ら兄弟の思う 納豆もち の味は自分らで伝承するのが良いのだろう。

2019年1月13日 (日)

今朝の京都新聞 納豆餅考察

1月13日付の京都新聞市民欄に「京都の雑煮文化」の記事があり、白みそ・白餅だけの雑煮の意味について、大阪府立大で進められている研究経緯が書かれていた。けど、使われてる写真は納豆餅(笑)




甘いものへの欲求がこのような雑煮文化を形作ったという事なのと、この写真の納豆餅は、「納豆を黒砂糖で和える」という作り方。京北町の 京蕪庵さん でもこれに近い納豆餅販売してたのでは。
すぐにでも仕事辞めるんで、自分もこういう研究参加させてもらえんかなあ〜

2019年1月 2日 (水)

お正月、滋賀県美味しいもん の結果

平成30年年の暮れに、滋賀県近江八幡の「遠久邑(おくむら)」で買った琵琶湖水産物がどうだったか。
非常に美味しかった。






こういうお惣菜って、最大公約数に満足を得るためにちょっとばかし しっかり めに味付けする事が多い。これは商売上必要な措置と思うのだけど、購入する側からするとこの辺の塩梅は難しいところ。
遠久邑さんの川魚煮物はすごくいいお味だったし、肝の 鮒寿司 もとてもよい漬かり具合だった。ちょっと辛口のしっかりした純米酒が欲しくなって来るけど(笑)
場所は覚えた!ラコリーナのすぐ近くなんで、ツーリングのついでに、これからは買って帰ろうと思う。

2018年12月30日 (日)

年の暮れ、滋賀で美味しいもん探し

年の暮れは滋賀県で正月の美味しいモノを探すのがうちは恒例になっている。以前は安曇川町にすごくおいしい「鮒寿司」をつくるお店があったのだけれど、残念な事に店を閉めてしまわれた。今年は湖南、近江八幡市に私も家内も気になっていたお店があって、そこへ行ってみようと言うことになる。



近江八幡市の市内への入り口辺り、「近江佃煮庵 遠久邑」が目指していた所。ここのご主人、琵琶湖の外来魚を引き取って食べられるようにする工夫などをしていることがテレビで紹介されたことがあって、その時にこのお店もテレビに映っていて鮒寿司とかも置いてあり私は気になっていたのだ。



市街に入る寸前に、テレビで見た店舗を発見!おお、これこれ。家内と娘も たねや さんの ラコリーナ行った帰りにこの店気になっていたようだ。よく見ると店の向かいに「奥村鮮魚店」という旧店の跡地の看板が上がっている。気がついていなかったなあ。この道ツーリングで結構通ってたのに。




お店は駐車場も広くてすごくきれい。品揃えも色々。今日は鮒寿司とシジミの佃煮、あとモロコの飴煮を買った。大晦日に食べよう。期待、期待!




遠久邑の向かいの敷地にある滋賀の物産館「きてかーな」に立ち寄る。




道の駅ともスーパーとも違う。地産のいろんな野菜、加工品が置いてある。広い店舗の中央では、地元産の野菜とかお肉を天ぷらとか唐揚げとかにしている。年末だけあってすごく賑わってる。立派な白菜がいっぱい並んでた。
鮒寿司のコーナーもすごく充実。遠久邑の商品も置いてある。
ここでは今日の夕食用に立派なブロッコリーとシジミ入りの炊き込みご飯を買った(これめちゃくちゃ美味しかった!)。




小腹が空いてきたので、ラコリーナにも寄っていこう。
今日もすごい人出だわ。







たねや の「生どら焼き」をいただく。目の前で念入りに調整して作っていただけるのがなんともうれしい。上品なお味!







昼食は近江八幡市内のそば屋に入る。
飛び込みで入ったが、ここかなり美味しかった。こんど、ちゃんとざる蕎麦たべよう。

改めて思った。滋賀県は美味しいもの多いです。

2018年3月21日 (水)

美味しいカップ酒

なかなかバイク乗れなくって、フラストレーション溜まってます。




京都縦貫道 道の駅 味夢の里 で買いました。
亀岡の「丹山酒造」というところの「人生フルスイング」由来は不明。
ちゃんと純米酒で まあまあ辛口で美味しい。


おススメしときます!

2018年1月 1日 (月)

納豆餅2018

今期は我が家としては50数年ぶりに「餅つき」をせず、買って済ませた年になった。子どもらも皆成人してしまい、両親も高齢化している折仕方ないかも知れない。
正月の我が家の風物詩である「納豆餅」も今年はとうとう食べられなくなってしまうか?と思っていたら、出てきた!




うちの母、どうやって作ったのか?例年と変わらず出来がいい。とても美味い!


いい納豆さえあればできると母は言うが、これはもう名人の域だ。文化的な遺産として残したいとさえ思う。


思わずもう一個焼いてもらった。美味い。これが無かったらうちは正月が来ない。
いつの日か納豆の研究にこの身を捧げよう!

より以前の記事一覧

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31