人間嫌いを考える本・・・

  • 江戸川 乱歩: 幽霊塔

    江戸川 乱歩: 幽霊塔
    文体がやや古風なのに慣れると、途端に面白くなってくる。謎の美女「秋子」の過去を紐解く怪奇小説。売りはやはり宮崎駿の妄想的解説だ。そもそもは黒岩涙香という作家が米国の小説「灰色の女」を翻案した「幽麗塔」という作品がルーツとしてあり、これを涙香のファンだった江戸川乱歩がリライトした、という三者三葉の違いを宮崎駿が例の画の密度で解説してるページが素晴らしい!! (★★★★)

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)
    いよいよあと1巻で終局らしい。人質となった島民は?中国空母「広東」との決戦の行方?そしてなぞの秘密兵器の存在の有無? この社会情勢でこの内容はやっぱしヤバい? (★★★★)

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)
    早くも文庫化。「単行本未収録エピソード満載」とあるけどそんなに物量はない印象。再読して改めてこの人凄まじい生き方したんやと思う (★★★★★)

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか? (★★★★★)

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月28日 (火)

時の停まった「餃子の王将」

1309234323173.jpg
今日は京都市内で仕事なので、朝食は近くに王将があったのを思い出し食事に出かける。しかしこの店、時間がとまってるというのか全く気迫がなく、しかもまずい。いや、最近の王将はファミリー向けにちょっとおいしくなりすぎだ。そういう意味ではここの王将は店舗ごとに味のばらつきがあった、かつての王将チェーン店を継承していると言えなくもない。私のあとに入ってきたお客が「ポパイ定食」を注文した。すごい!!この店まだポパイやってるんだ!ちょっと感動してしまった。
 ここはなかなか貴重な「王将」だと思う。王将フード様、どうか淘汰してしまわないで、こういうチェーン店もありという懐の深さを見せてください(笑)

2011年6月26日 (日)

火の鳥《オリジナル版》黎明編を読み比べる

1309075958811.jpg
仕事帰りの本屋で見て、衝動買いしてしまった。どれくらい違うのか?ということがすごく興味あったのだが。
黎明編については、月刊連載時のつなぎ部分のカットやニニギ登場以降のところで頁の前後構成が変更されている程度だった。色付き頁の表現も違うのでこれまで読んだ版とは確かに印象はちがうけれど、もっと違うものだと思っていた。調べると羽衣編と乱世編はかなり違ってるらしいので読んでみたいが、1冊が結構なお値段。
 でもとにかく記念碑的にあと大好きな「未来編」だけは買っておこうと思う。

 未来編は改めてすごい構成だなあと思う。第2部でありながら「火の鳥」全部の物語を包括して輪廻転生の考えや手塚先生の問題意識も含め、マンガとしてのエンターテイメント性も維持して、だらだら続けずきちんと完結させてある。物語の後半、生命エネルギー体となったマサトが様々な文明の盛衰を見守ってゆく(特にナメクジ文明のところがすごい)あたりは鳥肌が立ってくる。

2011年6月 5日 (日)

腑に落ちないよ・・・・ジャイロ

P1040940
スティール・ボール・ランが完結。やっぱしなんかこう釈然としない結末だった。「ジョニイが歩き出すまでの物語」とすればそれは良いのかも知れないが、無駄にキャラを潰しすぎだと思う。特にサンドマン。ジャイロもこれは報われないと思う。ディオとザ・ワールドの登場も楽しいけれど、かつてのような圧倒的な驚異感が乏しく、あっさりとジョニイに能力を読まれすぎだし、最期もあまりにしょぼい。
みんな言ってるけれど、もうスタンドはいいのではなかろうか?このマンガ当初は人の「努力と技術」に戻ってくれるのか?とみんなすごく期待したはず。新作「ジョジョリオン」もやっぱりスタンド戦みたいだし・・・・・

2011年6月 4日 (土)

irセンサー

 うちはケーブルでネットとテレビを賄っていて、個人的には非常に満足している。唯一「手間」と思えるのはケーブル放送の番組を録画する際の画質と手間だ。画質については目をつむることが出来るのだが、CATVチューナーで録画予約し、さらにレコーダーでも同じ手間で録画予約しないといけないのはなかなかに億劫なのだ。CATVチューナーの説明書には「irケーブル」というのを使えばチューナーで予約した内容を赤外線で対応するレコーダーに転送できると書いてある。ところがこのケーブルというのが売っていない。かなり探したし、電気店でも問い合わせしても「扱っていない」「わからない」という始末。
 昨日の仕事で京都市内へ出張した帰りにYカメラに寄り道して、ふとこのケーブルのことを思い出して店員に尋ねると「おまちください!」と探してくれた。そして持ってきてくれたのがこれだった
Img_0375
「メーカー違いますね(うちのレコーダーはPanasonic)」「はい、互換性があることもお確かめしてあります」
なかなかはっきり答えてくれる
「ずいぶん探した製品なんやけれど、これってちなみにどのコーナーに置いてあったの?」「申し訳ありません、当店ではカウンター内に用意しております」なるほど、そうだったのか・・・・・。

 帰って早速設置
P1040936
接続は簡単だがこのケーブルのリモコンモードが何にあたるのかを設定するのに多少時間がかかってしまった。そんでもってCATVチューナーから予約
P1040934
そしてレコーダー側でも確認すると
P1040935
おお、ちゃんと予約内容が転送されている。これは便利だ。
でもこれ、すごくマイナーそうな機能なので利用している人ってどれくらいいるのかしら?

2011年6月 1日 (水)

朝食は「おせきもち」

「おせきもち」が我が家の朝の食卓にあった。
1306880356978.jpg
要は「赤福」が『こしあん』なのに対し「おせきもち」は『つぶあん』なのだ。おせきもちの方がだいぶ甘いかも知れない。個人的には好みだ。そもそもおせきもちというのは、名神京都南インターを南に行ったところにある方除けの神社の「城南宮」門前でずっと売られているもので、知ってる人はすごくよく知ってる食べ物だ。
すごく久しぶりに食べたので郷愁に捕らわれたが、とてもおいしかった。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31