人間嫌いを考える本・・・

  • 江戸川 乱歩: 幽霊塔

    江戸川 乱歩: 幽霊塔
    文体がやや古風なのに慣れると、途端に面白くなってくる。謎の美女「秋子」の過去を紐解く怪奇小説。売りはやはり宮崎駿の妄想的解説だ。そもそもは黒岩涙香という作家が米国の小説「灰色の女」を翻案した「幽麗塔」という作品がルーツとしてあり、これを涙香のファンだった江戸川乱歩がリライトした、という三者三葉の違いを宮崎駿が例の画の密度で解説してるページが素晴らしい!! (★★★★)

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)
    いよいよあと1巻で終局らしい。人質となった島民は?中国空母「広東」との決戦の行方?そしてなぞの秘密兵器の存在の有無? この社会情勢でこの内容はやっぱしヤバい? (★★★★)

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)
    早くも文庫化。「単行本未収録エピソード満載」とあるけどそんなに物量はない印象。再読して改めてこの人凄まじい生き方したんやと思う (★★★★★)

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか? (★★★★★)

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月15日 (日)

怒首領蜂大復活を探して・・・・

大往生
 息子にゲームセンターに連れて行って欲しいとせがまれる。自分で行けばいいのだが、近隣のゲーセンでは怒首領蜂大復活が置いていないというのだ。それどころか、シューティングゲームを置いているゲーセンも京都南部ではすごく希少だ。いやゲーセン自体が無くなっている。そんでもって盆休みの後半はシューティングゲームの置いてあるゲーセン探しということになったのだが・・・・・無い。「鉄拳6」「バーチャ」辺りを置いてあるのはまだ良い方で、「虫姫様ふたり」なんかがあったら大当たり。無いとなったらなおさらやってみたくなるのが人情で、色々と情報を得て宇治市にあるとあるゲーセンへ。そしたら、あった。
 Ver1.5なせいかよくわからないが、前に難波でやったときよりもおもしろく思った。息子は言うだけあって6面くらいまで行ってた。

2010年8月14日 (土)

BS2 ゼロ年代珠玉のアニメソングスペシャルを見てしまう

アニソン
 選曲に文句はつけないが・・・・「燃える」アニメソングで、日高のりこさんと佐久間レイさんがトップをねらえの挿入歌を熱唱・・・・・。なんでそういうことさせるのん?歌唱力が歌唱力だけに気の毒だった。

山本弘「MM9」を読む

 とにかくテレビとは別物なのだということはよ〜くわかった。怪獣とか**とかがなんで存在できて、廃れるのか?ということを「多重人間原理」とかいう架空の論理で括ってくれる。もうとんでもない与太話。好き嫌いは分かれると思うけれど、私はとてもおもしろく読ませてもらった。ラスト、MM9に当たる怪獣が予想通りアレで現れるのだけれど、それを退治したオチが******が存在する可能性だったのもなかなか楽しかった。

 テレビの方はパトレイバーの初期OVAみたいになってますけれどどうなっちゃうんでしょう?(笑)

2010年8月13日 (金)

ポメラ

ポメラ
 44歳になった記念に弟夫婦がポメラを買ってくれる。これ、すごく欲しかったのだ。DM20ならもっと良かったが(笑)。
以前つぼイノリオさんの「楽耳王」で紹介されていて興味をもって、現物を見てすごくほしくなった。テキスト文しか打てないというとことん割り切った造りがすばらしい。開発者の方が「打率1割でもホームランであればいい」というこの潔さ。かつての日本の家電製品はこういう発想のすばらしさを随所に感じることができたが、最近は売れることを第一に持ってきているのでコンセプトに唸ることの出来る物は少なくなってしまったのが哀しい。
 いやーこれは活用させてもらおう。まとめたい文章はいっぱいあるのだ。

2010年8月 1日 (日)

「渡辺岳夫の世界」を再見する

 この前買った本「作曲家・渡辺岳夫の肖像」を読んでいて、以前関西テレビの深夜枠で放送された追悼番組をビデオに録画していたはず・・・・とずーっとさがしていたのだが、300本近い(笑)ビデオからようやく見つけた!
P1040331
 「渡辺岳夫の世界」というのがそうで、放映は1989年。自分は再放映時に録画したようだ。
 改めて、この方の劇伴にも自分はすごく影響受けてきたと思う。ストリングスがじわっと心情を盛り上げてゆく曲調がなんとも言えず特徴的で、こういう独特の旋律を生み出す作曲家さんはこの方以降ではいないように思う。一方でバカボンみたいな妙なお笑いムード音楽(元祖天才バカボンの「ボレロ」風の曲は傑作と思う)から「緊急指令10-4 10-10」での軽快で挑戦的なアクション曲も素晴らしい。
 この番組では「時代劇」「アニメ」「現代劇」とブロック別に代表的なもの(けっこうマニアックなのもあるけれど)を中心に紹介している。「キャンディーキャンディー」なんかはもう見れないだけにぐっとくるものがあるし、息子らは「白い巨塔」のタイトル曲で「リンカーンの元ネタってこれなんや!」とガンダムとかハイジの作曲家でもあることに感心していたのだった。
 P1040332

 コンピレーションCDも出たけれど、携わった番組数がこの方半端じゃないのでほんの一端しか網羅してないところがすごい。ドラマ編ほしくなってきたなあ・・・・

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31