人間嫌いを考える本・・・

  • 江戸川 乱歩: 幽霊塔

    江戸川 乱歩: 幽霊塔
    文体がやや古風なのに慣れると、途端に面白くなってくる。謎の美女「秋子」の過去を紐解く怪奇小説。売りはやはり宮崎駿の妄想的解説だ。そもそもは黒岩涙香という作家が米国の小説「灰色の女」を翻案した「幽麗塔」という作品がルーツとしてあり、これを涙香のファンだった江戸川乱歩がリライトした、という三者三葉の違いを宮崎駿が例の画の密度で解説してるページが素晴らしい!! (★★★★)

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)
    いよいよあと1巻で終局らしい。人質となった島民は?中国空母「広東」との決戦の行方?そしてなぞの秘密兵器の存在の有無? この社会情勢でこの内容はやっぱしヤバい? (★★★★)

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)
    早くも文庫化。「単行本未収録エピソード満載」とあるけどそんなに物量はない印象。再読して改めてこの人凄まじい生き方したんやと思う (★★★★★)

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか? (★★★★★)

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月22日 (日)

バッティングセンター捜し

バッティングセンター捜し
息子がバッティングセンターに行きたいと時々言うのだが、いいバッティングセンターが実は京都には少ない事に気がつく。以前はMKタクシーが経営していたボーリング+バッティングセンターがそこかしこにあったのだが、知らない間にバッティングセンター経営から撤退していたようだ。手頃なのはラウンド1のスポッチャなのだが、定額で打ちっぱなしなのはいいとして、休日には混んでいて、また機械のメンテナンスの状態も良くなくてなんとも利用しにくい。
 個人的には100円で**球とか200円で**球みたいなシステムの方が個人的には利用しやすいのだが、プリカ方式とか定額制とかが京都近辺は多くて、息子といろいろ探してみたところ、久御山町に結構自分らのニードに合った所を発見。結構混んでたもののなかなか楽しめる。いいところなのだが、これでたばこ臭くなくて古いテレビゲーム機コーナーが併設されていたら文句なしなのだが・・・・・。

2009年3月16日 (月)

人も捨てたもんではないと実感できない近況・・・・・・

 仕事は相変わらずの逆風続きで、さっぱりやる気が失せてしまいかけているのだが、なんとか最低線で自分のポリシーはキープできてはいるという有様。運営陣と他部署からの理不尽な責めに、自分としてはすごくよく耐えていると思う。これまで味方だと思ってた人らも、所詮自分勝手な言い分を通すだけの人らに成り下がっているように思えて仕方が無く、失望感も大きい。それでもなんとか続けているのは、使命感からなのだろうか。
 知り合いの加工業者が先日体調を崩して倒れ、心配して様子を見に行く。心配かけたねえ・・・ともうすっかり元気になっていたので安心したのだが、「自分らの年齢的に、ボチボチ無理が効かなくなってきているねえ・・・」という寂しい話になる。頭はわかっているけれど、体はもう言うことを聞いてくれない。ズレが出てぶっ倒れるだけだ。でも一方でこういうがんばり方をしないと、集団はついてきてくれないというのも事実。自分らのがんばり様をみて後輩というのは「ああ、じぶんもそういう働きをしたいなあ・・・」と思ってくれるもんでないのか?
 ひとつひとつよくわかる話だった。自分の業界とはだいぶ違う世界の人なのだが、人の生き様の心理をこの人はわかっているのだなあと実感する。

 また明日も叩かれるだけの一日だろうけれど、もうちょっとがんばってこよう

2009年3月15日 (日)

謎のHONDAモンキーもどき!?

 某所で妙なモンキーを見つけた。厳密にはモンキーではないらしい。一番初代のモンキーを元にレストアを図ったバイクらしい。一番最初のモンキーというのはショックがついていなかったとのこと。恐ろしいのは側車がついていて、これが営業用の荷台として使われるらしい。
090308_162935
090308_163035
なんかもう「こち亀」に出てきそうなバイクなのだが、これはちゃんと営業用でナンバーも取れているらしい。右に回るときにはいいだろうが、左に行くときはとんでもなく怖いことになるに違いない。もっと恐ろしいのは変速部分で、オーナーさんの希望で
090308_162952
こういうことになっている。ちょっとだけ乗せてもらったのだが変速できない。踵で踏むことがどうしてもできなかった。オーナーさんは革靴で荷物乗せて営業に回るらしいのでこのほうが良いとのことなのだが???
しかしながら、この側車のアイデアはすごく気に入ってしまった。私がバイクに今求めるのは機動性+小回りとある程度荷物を載せられることで、そうなるとどうしても選択肢はどうしてもスクーターになってしまう。今乗っているDIOがだめになったらゴリラかモンキーかエイプを元にしてもう少し小さめの側車荷台付きのバイクを考えてみようかな??


2009年3月13日 (金)

卒業式

卒業式
娘が卒業式をむかえる。私の母校の中学だったりする。前半は堅苦しい進行だったが、最後は卒業生に任されて、砕けた雰囲気でなかなか感動してしまった。みんな結構純情で涙もろい。やんちゃそうな子がえらく涙を流していてびっくりしてしまった。

2009年3月12日 (木)

藤崎奈々子は豚骨ラーメン

藤崎奈々子は豚骨ラーメン
 まえから気になっていたラーメン屋に入る。なんかこの所妙な外食チェーンが多い。ゆうこりんの焼き肉屋、島木穣二のお好み焼き屋・・・・おいしければまあどうでもいいのだが。この藤崎奈々子・・・もラーメン好きの知り合いが言うには「なかなか」ということだった。
 食べてみて、結構おいしかったと思う。ところがすぐ近くに別の豚骨ラーメンチェーン店があるのだが、そこと味がそっくりな気がしてならない。また、関西圏で豚骨ラーメンというのもなかなか難しいようで、北九州出身の後輩が言うには「むこうのはもっとおいしいです。替え玉できるとこも少ないし」とのこと。おいしい・もうかるラーメン屋経営というのはなかなか難しいものなのだな。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31