人間嫌いを考える本・・・

  • 江戸川 乱歩: 幽霊塔

    江戸川 乱歩: 幽霊塔
    文体がやや古風なのに慣れると、途端に面白くなってくる。謎の美女「秋子」の過去を紐解く怪奇小説。売りはやはり宮崎駿の妄想的解説だ。そもそもは黒岩涙香という作家が米国の小説「灰色の女」を翻案した「幽麗塔」という作品がルーツとしてあり、これを涙香のファンだった江戸川乱歩がリライトした、という三者三葉の違いを宮崎駿が例の画の密度で解説してるページが素晴らしい!! (★★★★)

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)
    いよいよあと1巻で終局らしい。人質となった島民は?中国空母「広東」との決戦の行方?そしてなぞの秘密兵器の存在の有無? この社会情勢でこの内容はやっぱしヤバい? (★★★★)

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)
    早くも文庫化。「単行本未収録エピソード満載」とあるけどそんなに物量はない印象。再読して改めてこの人凄まじい生き方したんやと思う (★★★★★)

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか? (★★★★★)

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« その後のクロムハウンズ | トップページ | 月刊ASCIIが休刊!! »

2006年7月18日 (火)

さらに「日本沈没」を考える

 今日の京都新聞の夕刊に「日本沈没」の映画評が掲載されていた。読んでると結構納得いく評論で自分が持った不満がさらによくわかったように思う。
1973年の前作は基本的に原作に沿った内容で「国土を失った民族の行く末」を問う内容だったと。その頃はまだ日本人の意識に「国」が根ざしていた頃であったのが、現代は国家よりも「個人」がいかに生きるかということがクローズアップされる時代に変貌してきている。そういった国民性の変化のようなものが今回の映画にも影響を及ぼしているのではないかというのだ。そうだな、この映画で日本人全体のことを考えてる奴っていないもんな・・・・。ごくごく狭い範囲の人らが生き延びてくれるかどうか?ということに賭けている。小野寺もそうだし、山本総理も孫のこと中心に考えてるし、田所博士に至っては日本が沈むということをどうとらえてるのか感じてるのかさっぱり読み取れない。よりも別れた奥さんとの関係ばっかり気にしてるように見える。前作では「わしは日本が好きだった!」と小林桂樹さん演ずる田所博士が泣きながら語ったが、そういう風に今日本という国を語るということはすごくこっ恥ずかしいことなのかもしれない。

 ところで、前作もよかったが村野武則主演のテレビ版もよかったな。玲子役が由美かおるさんなのはちょっとばかし乗り切れなかったが、このテレビ版も個人にスポットを当てながらもマクロな視点も持ち得てなかなか見応えのある特撮モノだったと思う。五木ひろしさんの主題歌もなかなかええんだけれど、挿入歌もいい歌なんだな

♪〜たとえ〜 ちいさな〜 いの〜ちでも〜 かごから〜はなして〜 おお〜ぞらに〜

とかいう歌で中盤の北海道沈没編あたりからよく使われていたんだな。隠れ特撮ソングだと思うけれど、主題歌と同じで五木ひろしのどのアルバムに入ってるのかいまだにわからない。
 北海道の雪祭りで「日本」という形で雪のオブジェ作って、水没してゆくおっさんの話がとても好きだった。

« その後のクロムハウンズ | トップページ | 月刊ASCIIが休刊!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さらに「日本沈没」を考える:

« その後のクロムハウンズ | トップページ | 月刊ASCIIが休刊!! »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31