人間嫌いを考える本・・・

  • 江戸川 乱歩: 幽霊塔

    江戸川 乱歩: 幽霊塔
    文体がやや古風なのに慣れると、途端に面白くなってくる。謎の美女「秋子」の過去を紐解く怪奇小説。売りはやはり宮崎駿の妄想的解説だ。そもそもは黒岩涙香という作家が米国の小説「灰色の女」を翻案した「幽麗塔」という作品がルーツとしてあり、これを涙香のファンだった江戸川乱歩がリライトした、という三者三葉の違いを宮崎駿が例の画の密度で解説してるページが素晴らしい!! (★★★★)

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)
    いよいよあと1巻で終局らしい。人質となった島民は?中国空母「広東」との決戦の行方?そしてなぞの秘密兵器の存在の有無? この社会情勢でこの内容はやっぱしヤバい? (★★★★)

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)
    早くも文庫化。「単行本未収録エピソード満載」とあるけどそんなに物量はない印象。再読して改めてこの人凄まじい生き方したんやと思う (★★★★★)

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか? (★★★★★)

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 新「日本沈没」予告編をみた | トップページ | またドツボが見えてくる・・・・ »

2006年3月12日 (日)

戦いは「突撃ファミコンウォーズ」へ・・・

突撃! ファミコンウォーズ
突撃! ファミコンウォーズ
おすすめ平均
starsアクションゲームになったファミコンウォーズ
stars最高!アクション+シミュレーションがこれほど楽しいとは・・・
starsワクワクしない。
starsピクミン?
stars迷っています

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 小遣いもすでになくなってきたし、ガシャポンウォーズもあらかたクリアしたことなので、年の暮れに買ってあった突撃ファミコンウォーズをようやく開封して遊んでいるのでした。
 操作性はあんまし良く無くってそこんところでストレスが貯まってしまうが、全体的にはなかなかおもしろいゲームだ。別にこれ『ファミコンウォーズ』の名前を冠させなくってもよかったんではなかろうか?海外版の「バタリオンウォーズ」でもええんではないだろうか?でも売れないか???確かに、どの兵種がどの兵種に強いか弱いか・・・・というところをきっちり把握して戦うところは『ファミコンウォーズ』には違いなかろうが、全体的な味付けは「ピクミン」っぽい。家内もチラッと見て「ピクミンやん・・・・」と言った後中身が戦争だったので拒絶反応起こしてた。きっとそういうイメージも若干継承させながら開発させたのだろうけれど、取っつき方が勝手に変わってしまっていた。チームで敵に挑んで行くのでなくって、単身突撃をかけてることがこのゲームの自分のプレイスタイルでは多いように自覚した。先に言った操作性がよろしくないことや、加えてチームに命令を出しにくく、出した命令に従わない奴がいることなどから、分隊で行動するとどうにも損耗が大きくなってしまいがちなのだ。したがって、攻略は適正な兵種を選んでの単身特攻となってくる。これが状況によってはなかなかおもしろい時がある。特にミサイル兵とかで敵に気づかれずに戦車に近づいて背後から攻撃が成功した時なんてもう最高。こういう遊び方に気が付いた人ってけっこういるみたいで、しかも開発者はこれをそんなに想定はしてなかったのだろう。もうちょっと地形に気を配ってあって、また操作できる分隊の最大数なんかも配慮してあればピクミン的な攻略からゲリラ戦みたいな攻略まで、遊び方に幅がでたのではないかな?と思えてすごく残念だ。

 もうひとつ気に入らないのはお話で、これはアドバンスウォーズとかにも全部言える事なのだけれども、取っつき易くするためというのはわかるけれど、戦争で青春してたり、ゲーム的に捉えすぎてたり、あえて仮想の「悪」のような共通の敵を設定することで戦いに「意味」持たせるようなことはどうかやめて頂きたい。

 とにかく惜しい、非常に惜しいゲームだ。もう一息工夫してもらったら絶対に化けると思う。ぜひ続編を望みたいです。その前に終わらせよう。

« 新「日本沈没」予告編をみた | トップページ | またドツボが見えてくる・・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦いは「突撃ファミコンウォーズ」へ・・・:

« 新「日本沈没」予告編をみた | トップページ | またドツボが見えてくる・・・・ »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30