人間嫌いを考える本・・・

  • 江戸川 乱歩: 幽霊塔

    江戸川 乱歩: 幽霊塔
    文体がやや古風なのに慣れると、途端に面白くなってくる。謎の美女「秋子」の過去を紐解く怪奇小説。売りはやはり宮崎駿の妄想的解説だ。そもそもは黒岩涙香という作家が米国の小説「灰色の女」を翻案した「幽麗塔」という作品がルーツとしてあり、これを涙香のファンだった江戸川乱歩がリライトした、という三者三葉の違いを宮崎駿が例の画の密度で解説してるページが素晴らしい!! (★★★★)

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)
    いよいよあと1巻で終局らしい。人質となった島民は?中国空母「広東」との決戦の行方?そしてなぞの秘密兵器の存在の有無? この社会情勢でこの内容はやっぱしヤバい? (★★★★)

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)
    早くも文庫化。「単行本未収録エピソード満載」とあるけどそんなに物量はない印象。再読して改めてこの人凄まじい生き方したんやと思う (★★★★★)

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか? (★★★★★)

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

2019年5月15日 (水)

ウオークマンプロフェッショナルを手に入れた!、

厳重に梱包され、私宛の荷物が届いた。

8e52e3ec4ff04fb1907c734640e7da4e

8b9a88619d1d441092b958b28b2f8cbf

それは

3fea0115510d4d6394d8eed4f9f1ac34

8a60e787cb2a4396865302c150c5686a

憧れのウオークマンプロフェッショナルだ。ヤフオクで入手したのだ。

カセットデンスケかウオークマンプロフェッショナルか?どちらかが欲しかった。

自分としての適価はこれだった。

思ってたより大きく重い。

音は今時のデジタルモノにひけをとらずすごくいい。

7aead3c2077f4685a63475bf03b2b6a3

大事にしようと思います!

2019年3月12日 (火)

怪獣「大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアス」サウンドトラック

CDを買った。円谷プロ創立10周年記念映画 ダイゴロウ対ゴリアス のサントラだ!


これまで、この映画の音楽は断片的に商品化されてきたけれぢ、単独でのCD発売はこれが初めてだ。作曲:冬木透さん。
問題はこのCDの総プレス数がたったの600枚という事だ!そんなものかなあ。コアな特撮オタクってもうそんなに存在していないんだ。
特撮サントラって需要がないんやなあ。
けど来月には「ノストラダムスの大予言」と「妖星ゴラス」が出るもんね。生き延びよう!

2018年6月16日 (土)

わんぱく王子の大蛇退治 サウンドトラック

SINEMAKANレーベルから「わんぱく王子の大蛇退治」の完全版サウンドトラックが発売。


このレーベルから色々と特撮モノサントラ出してくれるので嬉しい。




わんぱく王子 についてはかつて前半部分しか発売されなかったビクターのアナログ盤も、東芝EMIのCD2枚組もちゃんと購入させていただいた。
今回、音質向上が著しい。大蛇との戦いの場面でながれる「地球防衛軍」の変奏曲も良い感じにマスタリングされてる。
故 竹内博 さんではないけれど テクノロジークソ喰らえ っていう気持ちだわ。素晴らしいサウンドです

2017年12月31日 (日)

年の瀬、サントラ大攻勢

年末、結構魅力的なCDが色々発売になりました。




ウルトラマンA音楽集3枚組は、ディスク2の セブン&帰りマン流用曲集成が素晴らしい。

特にピープロ大全集は凄かった。ない と言われていた劇盤が何処からか発見されたのだ。単独版サントラの発売がとても楽しみだ!

2016年5月27日 (金)

(新装版)ゴレンジャー音楽集を聴く




amazonで買っておいたCDが届く。
作曲、渡辺宙明。帯の謳い文句「スーパー戦隊40周年の年に バリドリーンの歌 のメロオケを遂に発見!!」編集者の気合いが伝わってくる。
改めて聴くゴレンジャーの音楽、予算の関係で「弦」が入れられなかった為に、主たる楽器にフルートをセレクトした事により「スパイアクション」のムードが強烈に打ち出せている。ゴレンジャーの音楽はなかなかに素晴らしい!
ちょっと嬉しかったのは、ゴレンジャー名乗りの場面で流れる「ドンドコ ドンドコ」という太鼓音楽は実はキカイダー01の音楽で、ちゃんと収録してくれてる所が嬉しい!
これはいい!すごく元気が出る。何十回となく再放送とビデオで繰り返し耳にしたメロディ。いいヘッドホンで聴くと「こんな凝った演奏していたんだ」という事がわかってくる。

2016年1月23日 (土)

気になるイヤホン

休日で日本橋へ。正月にeイヤホンで見かけたリーズナブルなイヤホンがなんとなく気になっていたのだ。


色々視聴させてくれるんで、この店結構好き。探し物はこれ


muixというメーカーのix1000というイヤホン。


レバーを切り替える事で、フラットな特性の音と低域を効かせた音が切り替わる。¥3000ちょっとだけどスッキリしたいい音します。数千円から¥50000位するイヤホンまで色々あって、ちょっと視聴させてもらったが…。うーむ、¥10000以下のモデルの方がいい音する製品が多いような気がする。耳が肥えて無いのだな。


コストパフォーマンスのいいイヤホンで満足してます。

2014年10月 5日 (日)

ゴジラ伝説復刻版

井上誠さんの「ゴジラ伝説」が紙ジャケ仕様の復刻版で、Ⅳも付属して再販となったので、ついぽちっと買ってしまう。ゴジラ伝説は私がまだ高校生の頃の発表で、小遣いもその当時あまりなく、2と3しか買えなかったのだ。待望のサイプレスなのだが、この製品紙ジャケの作りがすごく雑で、また帯も含めて復刻して欲しかったのに、その辺は徹底さを欠いてしまっている作りがすごく残念。









また私は1986年発売の「ゴジラ伝説 CHRONOLOGY」という2枚組のアルバムを持っているのだけれど、これにはアナログアルバム未収録の曲が数曲はいっているものの、映画の公開年順に曲を再編してある。このためにゴジラ伝説Ⅲに収録されている佐藤勝さん作曲のゴジラシリーズ楽曲トラックがバラバラにされてしまい、その点がすごく不満。今回は完全な元の形での収録になるので、ゴジラ伝説2・3とも本来の曲構成で堪能できる。



これまでよっぽどアナログレコードプレーヤーを買ってしまおうか?と悩んだがこれで解決だ。Ⅳ収録の地球防衛軍とゴジラに沈められる漁船の船員が吹いていたハーモニカ曲がすばらしい。

2013年5月26日 (日)

佐野元春コンサート

1369575136873.jpg
家内と大阪中之島フェスティバルホールへ。この親父カッコいい。

2012年7月22日 (日)

YAMATO SOUND ALMANACシリーズ

Blu-specCDで宇宙戦艦ヤマトのCDが再販。amazonの評判を見て「交響組曲宇宙戦艦ヤマト」のみ購入する。1作目ヤマトのBGM集も1曲1トラックになって再販されていたが、今回は見送った。
私は旧版CDも持っているが、そんなに耳が肥えているほうではないのでなんとも言えないが、気持ち深い音色に聞こえるような気がした(苦笑)
1342950524545.jpg
ところでジャケットを裏返すと

1342950526034.jpg
という仕掛けがしてあって、ちょっと嬉しかった。

2012年2月19日 (日)

ヤマト音楽再販

1329646961288.jpg
買いそびれてしまっていたコロムビアの「ヤマトETERNAL EDITION」が再販されていて、当時小遣いがなくって買えなかった「完結編」と「ヤマト3」を購入する。2001年発売だったのだなこれ。なぜかFILE 0の「交響組曲 新宇宙戦艦ヤマト」は発売されず、初代ヤマトBGMのみの単発になっていた。これは買っておいてよかった。完結編はオークションとかでやたらと高値になってしまっていて、それでも買ってしまおうか?とずいぶん悩んでいたので、よく再販してくれたと思う。まったく新作万歳。
完結編は映画の内容も音楽ももっと評価されても良いと思う。ディンギル帝国のテーマ曲もどことなくスペイン風なのは「なんでか?」とずっと不思議に思っていたが、やっと良さがわかってきた。ハイパー放射ミサイルのテーマとかロボットホースのテーマなんてもう最高。

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31