人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

2019年2月17日 (日)

石川賢版「ウルトラマンタロウ」小学館刊を読む

小学館刊の「ゲッターロボ完全版」を買った時に、石川賢先生版のウルトラマンタロウも出てる事に気がついたのだが、ようやく入手。


1999年刊の双葉社のも持っているけれど


この物量の違い。石川賢先生の小学一年生版も収録されているのと、少年サンデーでの連載順に今回の小学館版では掲載され直してある。(双葉社版では「鬼がくる」が「小さな独裁者」の前に収録されているけれど、連載順は逆)
面白いなあ。例え相手が小学一年生でも、石川先生バイオレンスに手抜きがない。クビは飛ぶし、目も飛び出る。
少年サンデー版はZATは出てこないし、テレビ作品とは全く異なる世界観だけれど、「ウルトラマン」とは「怪獣」とは何か?事については平成ウルトラマンにも通じるような解釈がこの時点でされているところが興味深い。ウルトラマン80で矢的先生が言うた「怪獣の様になってしまう子供」みたいに、人間の暗い心が怪獣を生み出す素みたいな所も試行されてる。
価格的にはちと高めには思いますが、蔵書にはしておきたいですなあ。

2019年1月20日 (日)

京都市南部 書店難民加速問題



伏見区の老舗郊外型書店が店をたたむ事になった。貴重な本屋だったのだが残念だ。仕事帰りや暇ができた時にちょっと立ち寄れる本屋は、京都の南部では衰退の一途。
本 なんて皆んな関心薄れていってるんやな。ゲームにしたって音楽にしたってパッケージングされたもんは必要ないんだ。私は「蔵書」という形にはこだわりたいなあ。

2016年8月13日 (土)

下鴨納涼古本まつり2016

去年は仕事が詰まっていて行くことが出来ず、ようやく私に夏が来た感じだ。




これまでは戦史モノの本がすごく多かった印象があるのだが、今年はすごくバランスがとれていると思う。
個人的に目を引いたのは、昔の少年誌の付録マンガで阿部和助画の「ゴジラ」とか手塚先生の「魔法屋敷」とかが結構なお値段で販売されていた。でも、こういう所で買うものではない!






これらの他にも子供向けの図解で「戦艦大和」の本があって、思わず手にとって価格を見ると¥2000。断捨離始めたとこなんでやめました。ホントはちょっと欲しかった。

2011年8月16日 (火)

竹内博さん「特撮をめぐる人々〜日本の映画 昭和の時代」を読む


おもいがけず、これが遺作となってしまった。非常に残念でならない。
第2章の「(特撮)映画史論」から読み始めたが、あいかわらず中身が濃い。
ゴジラ映画論については、円谷以降の映画をこの方が積極的に評価された文章を初めて読んだように思う。コジラ対メガロも、オール怪獣総進撃もけなすところはけなしてるが、褒めるところは評価してあって、「元祖怪獣少年の日本特撮映画研究四十年」を読んだときに感じた違和感は払拭できた。
特に圧巻は円谷英二最初のキャメラマン作品とされる「延命院の傴僂男」という映画が、本当に封切られたかどうか?についてのレポートと論文なのだが、もはや執念というか怨念に近いモノを感じる。素晴らしい研究だ。「ここから諸処の第一歩が始まる・・・・」とあるのに、返す返す残念でならない。
ご冥福をお祈りします。

2011年2月26日 (土)

「伊上勝評伝」を読む

 大阪の本屋は非常に品揃えがよろしい。京都の大型書店ではどうにも手に取れなかったこの本もすんなり見つかった。京都の本屋難民事情は悪化の一途を辿ってる・・・・。それは置いておいて。
P1040830
 まだ半分ほどしか読んでいないのだが、なかなかおもしろい。伊上勝さんについては「「大鉄人17」の前半や「宇宙からのメッセージ銀河大戦」の後半、「仮面ライダー」の新一号編などが特に好きで、**7人衆とかがヒーローに挑んでちょっとずつやられてゆくとか「**の鉄箱」とか「**のマイクロテープ」とか「**の鍵」とかの「勝負の鍵を握る秘宝」の争奪戦みたいなストーリーになると抜群のおもしろさを見せてくれる脚本の人という個人的な印象がある。著者の人も触れているとおり、これだけ著名な方なのになぜか評価が得られていなかったのは不思議でならない。
 井上敏樹さんが実子であるとは知っていたが、今回の寄稿は冷静な批評として、親子の関係性のケーススタディーとしてもすごく興味深かった。伊上勝さんという脚本家としての「限界」は井上敏樹さんの分析では、私がこの方の作る物語に最もおもしろさを感じていた部分だったところがすごくショックだった。言われてみると、登場人物同士の恋愛的な関係をこの方が描いた話はすごく少ないかも知れない。余計な捜査をすっ飛ばして敵のアジトにいきなり乗り込んでることもすごく多いかも知れない。なるほどと思った。
 作詞作品の中で「闘え!ドラゴン」のエンディング「ロンリードラゴン」が紹介されていて、へんてこな歌詞と思って聴いていたが、改めて文字として読むと伊上勝さんの生き様とオーバーラップしてジーンと来た。

2010年8月14日 (土)

山本弘「MM9」を読む

 とにかくテレビとは別物なのだということはよ〜くわかった。怪獣とか**とかがなんで存在できて、廃れるのか?ということを「多重人間原理」とかいう架空の論理で括ってくれる。もうとんでもない与太話。好き嫌いは分かれると思うけれど、私はとてもおもしろく読ませてもらった。ラスト、MM9に当たる怪獣が予想通りアレで現れるのだけれど、それを退治したオチが******が存在する可能性だったのもなかなか楽しかった。

 テレビの方はパトレイバーの初期OVAみたいになってますけれどどうなっちゃうんでしょう?(笑)

2010年7月19日 (月)

「大映特撮映画大全 大怪獣空想決戦 ガメラ対大魔神」を読む

大栄
 暑さしのぎに立ち寄った本屋で売れ残っていた。
 各作品ごとになかなか読ませる内容。特に、ガメラ対バルゴンはブルーレイで買ってしまおうかと思い始めている。読んでいて、なんか似たような本を持っていたなあ・・・と思って書庫を探るとあった!。構成は池田憲章さん。映画そのものよりも「特撮」の方に重きを置いた構成になっている。もっとも、このムックが発売された頃は、まだDVDなんか影も形もなく、あまつさえβのソフトも平行して発売されており2万円ちかくする。
 大映作品の魅力は、東宝=円谷とは地味だけれど作品に合致した作りのすばらしさなのだと思う。ガメラ対ギャオスの冒頭でホテルに向かって走ってゆくミニチュア然としたパトカーのシーンとかは、敢えてホテルのセットを印象づけて後半の回転作戦にもってゆく伏線であろうし、バレバレでも状況説明に必要な特撮だと思うのだ。
 お話作りも地味だけど独特のムードで、今回の本でも指摘のあった「子供二人を人質に取られて地球降伏」とか「いちいち子供の解釈を真に受ける科学者集団と自衛隊」には大笑いさせてもらった。

2009年8月12日 (水)

今年も、下鴨納涼古本まつり

今年も、下鴨納涼古本まつり
盆休みはやっぱりこれしかない。カビ臭〜い本の臭いに囲まれていると、なんとなく落ち着いてくる。
まあ、実に色んなジャンルの本があるもんだ。これだけ「書物」が集結しても人類が編纂したすべての「書物」からするとごくごく一部に過ぎない。その中で社会的に評価されるモノはほんとに砂金を探すがごとく一部なのだろうし、大半の本は、人に記憶されることも見てもらうこともなく消えてゆくのだろう。そう思うと、ここで見つけて買える本との出会いって、実に「一期一会」の世界かも知れない。
 山のようにモノはあるが、ちゃんと自分の欲しいモノの「臭い」はわかっていて、お宝は感覚的にどの辺りにあるのかがわかってしまうのが楽しいのだ
 そんなことで今年の自分の掘り出しはこの2冊。特に「Japanese High Seas Fleet」は写真も不鮮明ながら沢山使ってあって、主要な艦船の戦歴が読めて非常におもしろかった。
 また来年・・・・

2007年9月24日 (月)

「特技監督 中野昭慶」を読む


半日で読み終わる。なかなかおもしろいインタビュー本だった。東宝特撮の一番しんどかった時期を乗り切った人として、もっと評価されてもいいのにと思う。低予算、準備期間なしという悪い条件の中で円谷特撮の伝統を真摯に継承した仕事は個人的にすごく影響を受けさせてもらった。特に「ゴジラ対メカゴジラ」でのコンビナート戦の場面。「日本沈没」の東京大震災のシーン。「ゴジラ対メガロ」のダムのシーン。「ゴジラ対へドラ」のドロドロ1回戦。「惑星大戦争」の金星大魔艦対轟天戦。「84ゴジラ」の上陸場面など、緻密さに欠けてもメリハリの効いた、映画的に映える画面作りは大好きで、とても素晴らしいと思う。
本の内容的には4章の自作を語る所以降がおもしろい。個人的に中野特撮ファンを自称していたが、見ていない映画が結構あることに気づいた。「人間革命」なんかは封印されていたけれど近年DVDが出たみたいだし、「連合艦隊」とか8.15モノは円谷監督のライブフィルムにばっかり目がいって、中野演出部分をもっときっちり見ないといけないなあと思った。

書店巡り

 仕事でストレスがたまってしまったので、大阪で本屋を数軒ハシゴして憂さを晴らしてくる。

 ちばあきお先生の文庫版「キャプテン」を6巻まで買う。

 小学生の頃近所のおにいさんが5巻くらいまで・・・谷口くんがキャプテンの頃の単行本を持っていて読ませてもらって感化されてしまった。個人的にはなぜか6巻と10巻を持っていてそれこそ繰り返し読んだ。今の自分からは考えられないが、なんで1巻から順に集めなかったのか?こういう歯抜けのような読み方はすごく嫌いなのだが・・・。でもまあ改めて最初っから読み返す。地味だがおもしろい。当時ドカベンも好きだったがキャプテンも好きだった。1巻の巻末にも書いてあるが、「努力・友情・勝利」の典型的ジャンプマンガではあるが、「努力」に恐ろしく傾斜した展開はちょっと今では受けにくいかも知れない。キャラクター的には近藤くんが好きだ。お父さんが出てくるのはこの年になるまで知らなかったが、同じようなキャラクターで野球好きの夢を息子に託しているという辺りがじわっとよかった。派手ではないけれどもじわっといいエピソードが多い。実はラストがどうなるのか自分は知らないのだ。近藤くんがキャプテンになるらしいというのは知っているのだが、どういう展開になるのか知らないのですごく楽しみだ。

 立ち読みで申し訳ないのだが、「映画秘宝」誌に連載されている安藤健二さんの「封印作品の憂鬱」の「日本テレビ版ドラえもん封印」を巡る経緯が完結していてすごく内容的に納得してしまった。毎度ながらかなり一生懸命にレポートしてあって感心する。欄外を見ると大和書房というところから封印作品本2冊が文庫版がでているようで、探してみると新刊の隅の方に埋もれているのを発見する。封印作品の謎2が「封印作品の闇」と改題されていて、図版が大幅に増えているのと、大人のコロコロに「新オバケのQ太郎」が復刻&単行本未収録作品が掲載された事にあたって、封印解除の可能性を探る補足がされているのだが、結果だけ言うと「難しい」ということだった。改めて読んでみて「キャンディキャンディ封印」の項と併せて「オバQ封印」についてはとても興味深い内容で、特にキャンディ裁判に関しては経緯がとても丁寧に整理されていてよくわかったのと、作り手の友情の亀裂について、作品のおもしろさとは反してなんともやるせない気持ちにさせられてしまった。

 日テレドラえもんのルポも単行本ではやいとこまとめて読んでみたいものだ。

 映画本のコーナーで「中野昭慶」さんのインタビュー本を見つける。円谷英二や川北紘一、樋口真嗣のインタビュー本はあっても中野監督で1冊の本は見たことがないように思った。つい買ってしまう。ゆっくり読む事にしよう

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30