人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

2019年3月12日 (火)

怪獣「大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアス」サウンドトラック

CDを買った。円谷プロ創立10周年記念映画 ダイゴロウ対ゴリアス のサントラだ!


これまで、この映画の音楽は断片的に商品化されてきたけれぢ、単独でのCD発売はこれが初めてだ。作曲:冬木透さん。
問題はこのCDの総プレス数がたったの600枚という事だ!そんなものかなあ。コアな特撮オタクってもうそんなに存在していないんだ。
特撮サントラって需要がないんやなあ。
けど来月には「ノストラダムスの大予言」と「妖星ゴラス」が出るもんね。生き延びよう!

2019年3月 3日 (日)

ヤマト2202 完結!

ヤマト2202 が完結。
予告通り「さらば でもなく 2 でもない予想を覆す結末」は本当だった。また「古代進は過酷な今を生きるあなた自身の姿」という福井晴敏のメッセージは、悪くない視点でちょっと感動させてもらった。





けど、なんだろう?この既視感は???
現実に帰還する事をためらう古代。どっかであったような展開???
わかった、アレでした(笑)
新しく物語を生み出すという事は難しいですね。パクってるかどうかは問わないけれど。どこかよく似たお話ってのは出てくるのは仕方ないのか?

賛否分かれてる2202ですが、私は悪くはなかったと思ってます。内容的にはすごく惜しい部分が多いんですが。登場キャラクターが多すぎて、語るべき事を全うできなかったのが痛い。キーマンにかなりの見せ場を持って行かれたのが大きい。よって、斎藤、島の存在意義が大きく薄れた印象。
そう思うと「ヤマト2」って面白かったって思うのですが。最後が「御都合主義」だって言う人は多いけど、艦隊戦結構面白いし、島はテレサと絡むし、土方の存在意義も感じられるし。

内容に納得したら、映画チケットの半券で劇場でBlu-ray買うつもりでした。4月の通常盤の発売を待ちます。その前にテレビ放映がフォローしてくれるか。
楽しませてもらいました。
次作「ヤマト3+完結編」みたいなのが制作される事を心待ちにします。

2019年1月28日 (月)

東映版スパイダーマン デジタル保存計画(進行編)



PCーSDVD/U2G2で地道にビデオテープのデジタルコピーを進めている。この製品、動作が結構安定していて、付属ソフトで編集しないで30分づつ取り込んでゆくだけならばさほど問題は感じない。


東映版スパイダーマンも第4話と第13話を録り損なっている以外は話数が揃っている。子難しいストーリーではなく、古賀文雄さんのスパイダーアクションを単純に楽しめばいいのだと思う。10話くらいから非常に凝ったアクション場面が続出してきて、50歳超えてこの番組の新たな魅力を発見できた思いだ。


2019年1月23日 (水)

東映版スパイダーマン デジタル保存計画(記録発掘編)

VHSテープからのデジタル保存の方法を確立させながら、自分の録画したものの全体像を把握するために、録画記録ノートの捜索も並行して行っていた。捨ててはいなかったはず。
そしてついに発見した!


大学ノート4冊分。ズボラな私が唯一マメにやっていた録画記録がとうとう役立つ時が来た!300本近いビデオテープのどれに何を録画していたかが明らかになるのだっ!






東映版スパイダーマンは発掘した3本のビデオテープに大半が録画されている事が分かった。約5-6話分が別のテープに何らかの事情で録画されている。第2話からしてそうだ。探すとそのテープは見つかって、ちゃんと記述通り


録画されていた!
気になっていた劇場版スパイダーマンを録画したテープも記録があり、これもちゃんと見つけようと思う。

2019年1月19日 (土)

東映版スパイダーマン デジタル保存計画(実践編)

東映版スパイダーマンのビデオテープは見つかった。では何の機器によってデジタル保存するかだ。
Amazon 価格コムなどのレビューを参照してみる。
目にとまったのはI−O・データ機器の「アナレコ」というやつ。

USBからアナログデータを取り込むのだな。評価もまあまあかなと思っていると、Windows10で昨今のアップデートした時動作しなくなったとのレビューを発見。
これはちと危なそうだ。


これも良さそうに思った。同じI−O・データの製品でパソコンが必要なく、これに突っ込んだSDに録画してくれる。良さそうだったが 長時間使用すると熱を持つ とのレビューが。
なかなか決まらないのでとりあえずヨドバシに行ってみる。
パソコン売り場のこうした製品コーナーを探すが、棚が撤去されてしまっている。え〜置いてないのか?
3周ほど売り場を回り、やっとのことゲーミング機器のゲーム実況機器のコーナーに製品を発見。


そういうカテゴリーになるんや。
あんまり選択肢はなく、件のI−O・データの製品もあったが「Windows10対応」のロゴを頼って


バッファローのPCーSDVD/U2G2というのを選んでみる。一応Amazonのレビューも参照。可もなく不可もなくという感じ。もうこれに決めよう。




このUSBメモリみたいなのが本体。
ドライバをインストール。



終わると再起動を求められる。その後、キャプチャーと編集を行うアプリをインストール。



職場から借りてきたビデオデッキと本体をコンポジットビデオコードで繋ぎ、再生ボタンを押す。音しか出ない。うーん、不具合か?もう一回再起動。




やった!映った。3倍で録画してあるけれど画面小さい分まあまあ綺麗な印象。
とりあえず第1話を録画して1.7g位のムービーが出来た。


私が愛用していたSonyのVHSデッキは録画開始時に日付けなどのデータを焼き込んでくれる。KBS京都テレビ 34チャンネル 1990年1月17日とある。

とりあえずのデジタル化には成功。番組を楽しむのもそうだけど、色々ともうちょっと深く掘り下げていこう。

2019年1月13日 (日)

東映版スパイダーマン デジタル保存計画(発掘編)

年の暮れ辺りから、Twitterで東映版スパイダーマンのアクションと作劇の素晴らしさをアツくつぶやいている方に注目している。ツイートを読むにつれて、東映版スパイダーマンをとても再見したくなってきた。
1995年ごろにKBS京都で朝方に再放送されていたのをビデオ録画してあり、小気味良いアクションが好きでよく見ていたのだ。特に個人的傑作は 宮内洋さんの登場する 第39話「格闘技世界一大会」で、快傑ズバット そのまんまの扮装で宮内洋さんがスパイダーマンと共闘するのが素晴らしく、この回については仕事への活力をつけるため何度も繰り返して見ていた。
残念な事にVHSのビデオデッキが寿命を迎えてしまい、再見が不可能となり十数年が過ぎてしまった。


ビデオテープは300本くらいあるだろうか?終活とは思わないが、処分可能な物は無くしていこうと考えている。それと、どんな方法でビデオテープをデジタル化するのか?これも軽く下調べするといくつかの方法やツールがあった。ビデオデッキも何処かで調達しないといけないし、肝心の「スパイダーマン」を録画したテープがあるのかどうか?課題を1つづつクリアしてゆこう!
色々録画してたなあ。ノート3冊位にどのテープに何を録画したか記載していたのだが、これは見当たらなかった。これも探し出したい。アクマイザー3、ゴレンジャー、大鉄人17、KBSの朝の特撮再放送タイムでやってたのを思い出す。そして


あった、3本見つけた!東映版スパイダーマンって全41話なのでこの3本に収まってるのかどうか?ちと心配。3倍で録ってたので単純に一巻に13話分ほどだと思うのだ。録画失敗した日もあったので3本に収まってててほしいなあ。
仲谷昇さんが出演した劇場版もどこか別のテープに録画してあったような?捜索も続けよう。

2018年9月 2日 (日)

特撮のDNA展 明石

Img_3410
明石市まで行ってきました。
展示品をほぼ全て写真撮影OKという嬉しいこと。
メカゴジラⅡのスーツを始め、間近で堪能させてもらいました。
その中で私的に特に嬉しかったのが「流星人間ゾーン」の展示
Img_3393
ゾーン 好きでねえ。ゾボットとか恐獣ミサイルとかのプロップも展示されてて。
けど見に来ていた方々、子どもでも「クレクレタコラ」は知っていても「流星人間ゾーン???」っていう感じで、知名度はすごく低い印象。
展示品の中で
Img_3399
Img_3404

ってあって、たぶんGIジョーがベースなんだろうなあって。
Img_3403


2018年6月16日 (土)

わんぱく王子の大蛇退治 サウンドトラック

SINEMAKANレーベルから「わんぱく王子の大蛇退治」の完全版サウンドトラックが発売。


このレーベルから色々と特撮モノサントラ出してくれるので嬉しい。




わんぱく王子 についてはかつて前半部分しか発売されなかったビクターのアナログ盤も、東芝EMIのCD2枚組もちゃんと購入させていただいた。
今回、音質向上が著しい。大蛇との戦いの場面でながれる「地球防衛軍」の変奏曲も良い感じにマスタリングされてる。
故 竹内博 さんではないけれど テクノロジークソ喰らえ っていう気持ちだわ。素晴らしいサウンドです

2018年3月21日 (水)

さらば 京都みなみ会館 超大怪獣オールナイト

地元で頑張っていい映画提供し続けてくれていた「京都みなみ会館」が建物の老朽化のため、この3月で移転のため閉館となってしまった。

この建物での最終オールナイト上映。「連合艦隊」「84ゴジラ」「シンゴジラ」の豪華3本立て。トークショウゲストは


まさかこんなスゲー人が来るとは。






残念ながらツーショットでは写真撮らせて貰えず。でもサインは「八岐大蛇の逆襲」ビデオソフトに頂いた。係の人がパッケージみて「??? あっ そうですよね」と関連性をちゃんと理解していただけて満足。
トークの内容も濃いこと。書いてはいけないとのお約束なので書かないですが、84ゴジラとシンゴジラのあのシーンにそういう原点があったとは知りませんでした。

連合艦隊 プリント状態まあまあ良好で楽しめた。初見の時は「ライブフィルム多いなあ」っていう程度の理解だったけど、今の自分の知識ではどの映画から持ってきた場面か?全部言えてしまう。
84ゴジラ 小六禮次郎さんの音楽が改めてええなあと思った。シンゴジラとの類似点も多いことに気づく。もう一息エンターテイメントに徹してたらとも思うけど、これはこれで好きな映画。
シンゴジラ 出勤時間になったので泣く泣く映画館を出ました。

地元の小学生の間では有名な ポルノ映画館からミニシアターに大変身。色々楽しませてもらいました。再出発を期待しています。本当にありがとう!!

2018年3月10日 (土)

超合金魂ジプシーデンジャーを買ってしまった

超合金魂ニューノーチラス号の受注申し込みしませんか?というお誘いを見ていて、どうにも主砲辺りの部品構成にシャープさが感じられず、辞めとこうと思って、別のページに超合金魂ジプシーデンジャーがおんなじ価格で間もなく発売される事が告知されており、散々迷って自分へのご褒美として買ってしまった。




結構なボリューム感があり、合金部分も多くてすごく重い。可動域もめちゃくちゃ広いとは言えないが、動きに連動してシリンダーや装甲の擦り合わせが可動するというなかなか芸コマな所が素晴らしく、何より


ボタン電池内蔵で光るのがなんともカッコいい。

より以前の記事一覧

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30