人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

2018年9月 2日 (日)

特撮のDNA展 明石

Img_3410
明石市まで行ってきました。
展示品をほぼ全て写真撮影OKという嬉しいこと。
メカゴジラⅡのスーツを始め、間近で堪能させてもらいました。
その中で私的に特に嬉しかったのが「流星人間ゾーン」の展示
Img_3393
ゾーン 好きでねえ。ゾボットとか恐獣ミサイルとかのプロップも展示されてて。
けど見に来ていた方々、子どもでも「クレクレタコラ」は知っていても「流星人間ゾーン???」っていう感じで、知名度はすごく低い印象。
展示品の中で
Img_3399
Img_3404

ってあって、たぶんGIジョーがベースなんだろうなあって。
Img_3403


2018年6月16日 (土)

わんぱく王子の大蛇退治 サウンドトラック

SINEMAKANレーベルから「わんぱく王子の大蛇退治」の完全版サウンドトラックが発売。


このレーベルから色々と特撮モノサントラ出してくれるので嬉しい。




わんぱく王子 についてはかつて前半部分しか発売されなかったビクターのアナログ盤も、東芝EMIのCD2枚組もちゃんと購入させていただいた。
今回、音質向上が著しい。大蛇との戦いの場面でながれる「地球防衛軍」の変奏曲も良い感じにマスタリングされてる。
故 竹内博 さんではないけれど テクノロジークソ喰らえ っていう気持ちだわ。素晴らしいサウンドです

2018年3月21日 (水)

さらば 京都みなみ会館 超大怪獣オールナイト

地元で頑張っていい映画提供し続けてくれていた「京都みなみ会館」が建物の老朽化のため、この3月で移転のため閉館となってしまった。

この建物での最終オールナイト上映。「連合艦隊」「84ゴジラ」「シンゴジラ」の豪華3本立て。トークショウゲストは


まさかこんなスゲー人が来るとは。






残念ながらツーショットでは写真撮らせて貰えず。でもサインは「八岐大蛇の逆襲」ビデオソフトに頂いた。係の人がパッケージみて「??? あっ そうですよね」と関連性をちゃんと理解していただけて満足。
トークの内容も濃いこと。書いてはいけないとのお約束なので書かないですが、84ゴジラとシンゴジラのあのシーンにそういう原点があったとは知りませんでした。

連合艦隊 プリント状態まあまあ良好で楽しめた。初見の時は「ライブフィルム多いなあ」っていう程度の理解だったけど、今の自分の知識ではどの映画から持ってきた場面か?全部言えてしまう。
84ゴジラ 小六禮次郎さんの音楽が改めてええなあと思った。シンゴジラとの類似点も多いことに気づく。もう一息エンターテイメントに徹してたらとも思うけど、これはこれで好きな映画。
シンゴジラ 出勤時間になったので泣く泣く映画館を出ました。

地元の小学生の間では有名な ポルノ映画館からミニシアターに大変身。色々楽しませてもらいました。再出発を期待しています。本当にありがとう!!

2018年3月10日 (土)

超合金魂ジプシーデンジャーを買ってしまった

超合金魂ニューノーチラス号の受注申し込みしませんか?というお誘いを見ていて、どうにも主砲辺りの部品構成にシャープさが感じられず、辞めとこうと思って、別のページに超合金魂ジプシーデンジャーがおんなじ価格で間もなく発売される事が告知されており、散々迷って自分へのご褒美として買ってしまった。




結構なボリューム感があり、合金部分も多くてすごく重い。可動域もめちゃくちゃ広いとは言えないが、動きに連動してシリンダーや装甲の擦り合わせが可動するというなかなか芸コマな所が素晴らしく、何より


ボタン電池内蔵で光るのがなんともカッコいい。

2017年12月31日 (日)

年の瀬、サントラ大攻勢

年末、結構魅力的なCDが色々発売になりました。




ウルトラマンA音楽集3枚組は、ディスク2の セブン&帰りマン流用曲集成が素晴らしい。

特にピープロ大全集は凄かった。ない と言われていた劇盤が何処からか発見されたのだ。単独版サントラの発売がとても楽しみだ!

2017年9月 1日 (金)

「フランケンシュタイン対地底怪獣」サントラの内ジャケ

「フランケンシュタイン対地底怪獣」と「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」のサントラがこのほど発売になりつい買ってしまう。こういった類のサントラを店頭で吟味して買うことってほぼ不可能になってきた。CDショップに置いてない。評価を参考にしながら、仕方なくAmazonで買うしかない。
音質の向上も良かった点だが、CDを取り出した内ジャケットとでも言うべきところの写真がこのレーベルはどれも良い写真使ってて、フランケンシュタイン対地底怪獣は


の水野久美さんで、あまりの綺麗さに瞳孔が開いてしまった。こんな写真あったんや〜

2017年7月19日 (水)

名古屋、ゴジラ展にフラッと行ってみる

平日、代休を頂けたので、名古屋市博物館でやってる「ゴジラ展」を見に行ってみる。高速は使わず地道で。


国道307号〜国道25号〜国道1号で名古屋へ。地道で京都から名古屋に向かう時一番合理的なルートって何なんだろう?猛暑の中ナビにしていたスマホがオーバーヒートで使用不可に。前に 特撮展 やってたとこが会場と思ってたが、名古屋市博物館は全然違う場所で、最後道に迷い何とかたどり着く。

チケット売り場に張り紙があって「モンスターX」「カイザーギドラ」は諸事情により展示取りやめと。ちょっと残念。






ゴジラに留まらず、井上泰之さん、安丸信行さん、利光貞三さん始め美術、造形などにも携わった方々の仕事を紹介。中々に濃い内容で楽しめた。




ミレニアムゴジラが撮影OKだったのが嬉しい。
大好きな しらさぎ と 特殊潜航艇さつま のミニチュア展示も嬉しかった。
グッズでも買って帰ろうと思い、ショップを見るがイマイチ。ミュージアムの方のショップを見ると

私好みのクリアファイルを発見。こっちを買って帰りました。

2016年10月28日 (金)

池谷仙克さんの死去を悼む

とても残念だ。成田亨さんのデザイン以上に私は池谷仙克さんのデザインは好みだったのだと今更ながらに思う。


度々の再放送で刷り込まれた「池谷仙克」の字。なんて読むのか正直わからなかった。この名前とツインテールとアイアンキングの不知火ロボが繋がったのは、相当に大人になってからだった。






本当に残念です。画集探して買います

2016年10月23日 (日)

トリプルファイターを再見する

youtubeのウルトラチャンネルで「トリプルファイター」の配信が先週から始まった。私、小学校1年生頃の作品。すごく好きだった。LDボックスもDVDボックスも資金的な問題で買うことができなかった。手元には残らないが、見れて嬉しい。





大好きなスバル360で🎵ドンドコドコドコと襲ってくるのが何ともオソロシイ。ウルトラファイト並に低予算なところが不気味さを煽る。1週目の怪人「ダークマン」は、ただ「体当たり」してくるだけが武器なところがまた怖い。
あと、トリプルファイターでずっと好きで、誰にも言った事がなかったのは、変身の途中の形態

これなのだわ!

隣で見ていたうちの家内には、めっちゃ受けてたけど、この説明的な「中間形態」がすごく好きなのだわ。
アクション中心。デーモンとの攻防戦にスッキリ絞ったお話がとても潔い。トリプルファイターも金曜日にしか出てこないのがまたイイ!ビッグダイXもダンクーガもダンガードAも強いのは中々出てこないものだ。


2016年8月 7日 (日)

ninja400、2泊3日で八甲田山を目指せ!(前編)

三連休なんてもらえるのは何年ぶりか?職場からの連絡はシャットダウンして3日間の東北旅行を楽しませていただくことにする。
事前のルート選択はすごく悩んだ。当初予報での天候は初日=雨、2日目=雨のち曇り、3日目=晴れだった。予定の日が近づくにつれて、段々と天候は良い方向に変化。それでも日本海側=雨〜曇り、太平洋側=曇り〜晴れ。
東北出身の同僚から帰省ルートを聞いて参考にし、2つのコース計画を立てた。

Img_8566_1
ルート1:基本は北陸道〜新潟で天候を見て〜好天であればそのまま日本海側を北上〜国道7号線+日本海東北自動車道で行けるところまで行く

Img_8567_1
ルート2:新潟までは北陸道。日本海側の天候がよろしく無いようであれば〜磐越自動車道へ〜東北自動車道を北上し行けるところまで行く。

 とにかく1日目で可能な限り青森に近づきたい。観光とか、あんまりもったりと休憩もできないが安全第一だ。
◯ 5:30 京都発
◯ 6:30 近江高島 道の駅 中江藤樹で朝食
◯ 7:30 敦賀に着 給油して 北陸道へ
◯ 8:15 福井県 北鯖江SAで休憩
◯10:10 富山県 呉羽SAで休憩
◯11:50 新潟県 蓮台寺PAで休憩
◯13:45 新潟県 栄PAで休憩
        新潟が長い・・・これは予想していた。天候は日本海側は問題なさそうなので、ルート1の7号線+日本海東北自動車道を使う。
◯15:14 給油 道の駅 神林で休憩
Img_8578_1

初めての道の駅がルート上に次々に出てくるが、立ち寄ってる時間は少ない。まだ新潟はおわっておらず、翌日の日程を考えるとなんとか秋田くらいまではたどり着きたい。
ようやくで山形県に入る。所々に日本海東北自動車道の断片があり、そこではちょっと飛ばして時間を稼ぐ。
Img_8579_1
Img_8596_1
ここでついに、ninja400総走行20000kmを達成。おもわず記念写真。

秋田着は7時を過ぎていた。大館市、若しくは北秋田市くらいまでは行けるとおもっていたが、やはり新潟は長かった!日本海東北道は県民の皆さんの願いでアリ、私も接続を願っておこう。宿泊先は3日間ぶっつけ本番で見つけるつもりで、今日もこの時間だが結構格安な旅館を発見できた。秋田はなんかイベント前なのだな?市内は夜中まで賑わっていた。明日もいっぱい走らんといかんので、早々に眠らせていただくことにする。


より以前の記事一覧

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30