人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

2019年3月17日 (日)

下田バーガーを食べに行くのだ!

カワサキチャレンジクルーズ。休みの度に天気が悪いので、今日は長距離を走ろう!目的もはっきりさせておこう。伊豆半島 開国の港下田 という道の駅に 金目鯛のフライをはさんだ「下田バーガー」と言うのが美味しいらしい。よし、いっちょそれを食べに行ってみよう!



当初、晴れ予報だったのに「時々荒れ模様」に天気が変化。天気アプリで雨雲の動きを確認しながら前に進む。


伊豆半島の突端に雨雲が重なったり外れたり。


けど行けそうだ!一気に伊豆半島を目指そう。
行ってみてわかったが、伊豆縦貫道というのがetc化されておらず、この何回かの支払いがとっても面倒くさい。かといって地道を選ぶとえらく回り道になる。




道の駅 「天城越え」。わさびソフト、食べてみたい。今日はパスしておく。下田バーガーを食べるのだ!

道の駅 「開国の港 伊豆下田 」に到着。






お値段は フィレオフィッシュの3倍+α
けど相応の内容と思う。金目鯛とカマンベールチーズ、特製のソースがすごく美味しい!が、食べにくい(笑)
指も皿もすごく汚れる。
ああ、でも満足だ!

その他、SA、PAで頂いたもの



豊川で食べたきしめん
豊川稲荷のご加護を!
きしめんって独特の食感がいいよなあ〜



帰りに長島で食べた 記号的な ラーメン&チャーハン
名古屋ラーメンはスガキヤ風が基本?かなり美味しい!

伊豆半島まで往復約980kmでした!

2019年3月 3日 (日)

カワサキチャレンジクルーズ2019がスタート!



こだわらんでもええのでしょうが、一回くらいは入賞したいなあ。入賞ラインは10000km越えで

2019年2月28日 (木)

京北・納豆もちサミットに参加する

2月26日(火)の京都新聞に


京北町で「納豆もちサミット」というものが催されるとの記事があった。問い合わせると誰でも参加できるらしい。ただし納豆もちづくり体験は事前に申し込みがいるようだ。開催日がたまたま公休日であり、弟と共に出かける事にした。




参加者は30名ほどだろうか?パネル展示や映像発表も充実していたが、納豆もちづくり体験し味わう所に重きが置かれていた。







失われつつある食文化と自覚しているけれど、こんなにもマジに「納豆餅」なんていうマイナーな食べ物の行く末について一生懸命考えてる人がまだまだいるのだとわかってすごく嬉しい。





スタッフも地元の方々なのだろう。非常に親切で熱心。











物販もすごく充実してました。










2019年2月10日 (日)

メットを新調しよう!

メットはこれまでAraiのメットを愛用させてもらって来た。「日本人の頭にはAraiのメットが一番合っているのだ!」と言う事をずっと信用してきたのだが、今使ってるQuantam-Jがもうすでに6〜7年ほど使ってる事もあり、ninjaにあったグラフィックのモデルに買い替えたいという思いがここんとこあったのだ。
候補は


AraiのVecter-X ちょっとだけ張り込んでちゃんとしたツーリングモデルが欲しい。
もう1つは


ShoeiのGt-air というモデル。職場の同僚がShoeiユーザーでどちらのメーカーにも良さがあると力説してくれ
て、ちょっとShoeiのメットにも興味出てきたのだ。
折しも2りんかん京都店がオープンして、セールやってるのでこの機会に買ってしまうことにした。


開店2日目、それでもエグい混み方だ。
候補はどちらも展示してあって、それぞれの特徴も細かく表示してくれている。だいぶ迷った、迷って
ShoeiのGt-airに決めました。
大き目のモデルを買おうとしたら、店員さんが丁寧にフィッティングのアドバイス。大きいのは確かに締め付けとか楽かもしれないけれど、安全性の面で問題あるし、フィットしたメットの方が肩こりの軽減にもなるしと親切に教えてくれたので言うこと聞くことにした。
セール中に買えたので、価格的にも満足しました。

2019年1月14日 (月)

ninja400よ今期も走り始めよう!

新型ninja400・250の方が主流になってきたけど、ツーリングの快適さではまだまだ負けてないと思いたい、2015年モデル!今日は天気も良さそうなので、雨降ってない方面に試走を始めよう!


電熱グローブに予備バッテリー。電池はいっぱい持って行くのだ。


国道372号 でかんしょ街道姫路へ。山の陰で多少寒いが、快走 快走!

だいたい2時間半で姫路着。JR姫路駅地下にある まねきの駅そば のお店へ。


かやくご飯とのセット。美味しかった!
ここで12時半。冬のことなんで電熱グローブのバッテリーの兼ね合いもあって帰路へ。
途中明石海峡大橋を見に立ち寄る。




去年はここを船で通過。九州行きだった。3月には次のチャレンジクルーズも始まるし、腕を磨いていこう!

2019年1月13日 (日)

今朝の京都新聞 納豆餅考察

1月13日付の京都新聞市民欄に「京都の雑煮文化」の記事があり、白みそ・白餅だけの雑煮の意味について、大阪府立大で進められている研究経緯が書かれていた。けど、使われてる写真は納豆餅(笑)




甘いものへの欲求がこのような雑煮文化を形作ったという事なのと、この写真の納豆餅は、「納豆を黒砂糖で和える」という作り方。京北町の 京蕪庵さん でもこれに近い納豆餅販売してたのでは。
すぐにでも仕事辞めるんで、自分もこういう研究参加させてもらえんかなあ〜

2019年1月 2日 (水)

お正月、滋賀県美味しいもん の結果

平成30年年の暮れに、滋賀県近江八幡の「遠久邑(おくむら)」で買った琵琶湖水産物がどうだったか。
非常に美味しかった。






こういうお惣菜って、最大公約数に満足を得るためにちょっとばかし しっかり めに味付けする事が多い。これは商売上必要な措置と思うのだけど、購入する側からするとこの辺の塩梅は難しいところ。
遠久邑さんの川魚煮物はすごくいいお味だったし、肝の 鮒寿司 もとてもよい漬かり具合だった。ちょっと辛口のしっかりした純米酒が欲しくなって来るけど(笑)
場所は覚えた!ラコリーナのすぐ近くなんで、ツーリングのついでに、これからは買って帰ろうと思う。

2018年12月30日 (日)

年の暮れ、滋賀で美味しいもん探し

年の暮れは滋賀県で正月の美味しいモノを探すのがうちは恒例になっている。以前は安曇川町にすごくおいしい「鮒寿司」をつくるお店があったのだけれど、残念な事に店を閉めてしまわれた。今年は湖南、近江八幡市に私も家内も気になっていたお店があって、そこへ行ってみようと言うことになる。



近江八幡市の市内への入り口辺り、「近江佃煮庵 遠久邑」が目指していた所。ここのご主人、琵琶湖の外来魚を引き取って食べられるようにする工夫などをしていることがテレビで紹介されたことがあって、その時にこのお店もテレビに映っていて鮒寿司とかも置いてあり私は気になっていたのだ。



市街に入る寸前に、テレビで見た店舗を発見!おお、これこれ。家内と娘も たねや さんの ラコリーナ行った帰りにこの店気になっていたようだ。よく見ると店の向かいに「奥村鮮魚店」という旧店の跡地の看板が上がっている。気がついていなかったなあ。この道ツーリングで結構通ってたのに。




お店は駐車場も広くてすごくきれい。品揃えも色々。今日は鮒寿司とシジミの佃煮、あとモロコの飴煮を買った。大晦日に食べよう。期待、期待!




遠久邑の向かいの敷地にある滋賀の物産館「きてかーな」に立ち寄る。




道の駅ともスーパーとも違う。地産のいろんな野菜、加工品が置いてある。広い店舗の中央では、地元産の野菜とかお肉を天ぷらとか唐揚げとかにしている。年末だけあってすごく賑わってる。立派な白菜がいっぱい並んでた。
鮒寿司のコーナーもすごく充実。遠久邑の商品も置いてある。
ここでは今日の夕食用に立派なブロッコリーとシジミ入りの炊き込みご飯を買った(これめちゃくちゃ美味しかった!)。




小腹が空いてきたので、ラコリーナにも寄っていこう。
今日もすごい人出だわ。







たねや の「生どら焼き」をいただく。目の前で念入りに調整して作っていただけるのがなんともうれしい。上品なお味!







昼食は近江八幡市内のそば屋に入る。
飛び込みで入ったが、ここかなり美味しかった。こんど、ちゃんとざる蕎麦たべよう。

改めて思った。滋賀県は美味しいもの多いです。

2018年12月 9日 (日)

今年度、最終RUNか?!



多分、寒さとかからこれが今年度最後の中距離ツーリングになると思います。




京都発、淡路島から四国に入って高松〜坂出。瀬戸大橋渡って帰ってくるつもりでしたが、山陽道の分岐点を間違えてしまい、逆コースになってしまいました。




瀬戸中央道の与島SAで休憩。寒い。タイチの電熱グローブも効かせているのですが。セルフのうどん屋が出来ていて温まりました。








坂出からは地道を高松〜鳴門へ。途中、未踏覇の道の駅とうどん屋に寄りながら前に進む。香川県、至る所にうどん屋がある。一軒一軒うどんに個性があるので食べてて楽しい。

2018年10月21日 (日)

今度こそ、野麦峠を越えよう!



今期のカワサキチャレンジクルーズもあと半月で終了。仕事の関係で終日の休みは今日が、今年度最後になりそうだ。何処へ行こう?色々考えて、再々度野麦峠を目指す事にする。
予報では「秋晴れ」とされていたのに、局地的に不安定な天気に変化。




峠近辺、雨降ってきよった。寒い!


なんとか到達!


峠近くの蕎麦屋で食事する。


かなり美味しい!何かの漬け物が添えてあるのだけど、これが箸休めだけでなく、最後の蕎麦湯飲みながら食べてると最高!!
豊橋からGPZ750でやってきてた方は、この漬け物を買いにきたのだという。私が京都から日帰りで来ているというと、すごく呆れておられた(笑)
帰路、すごく寒い。あんまりにも寒いので、ひるがの高原のSAで「鶏ちゃんそば」という温蕎麦をいただく。


美味しい、特に鳥肉の味付けが辛めなのがいいわあ。いや、暖まりました。帰ります!


より以前の記事一覧

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30