人間嫌いを考える本・・・

  • 江戸川 乱歩: 幽霊塔

    江戸川 乱歩: 幽霊塔
    文体がやや古風なのに慣れると、途端に面白くなってくる。謎の美女「秋子」の過去を紐解く怪奇小説。売りはやはり宮崎駿の妄想的解説だ。そもそもは黒岩涙香という作家が米国の小説「灰色の女」を翻案した「幽麗塔」という作品がルーツとしてあり、これを涙香のファンだった江戸川乱歩がリライトした、という三者三葉の違いを宮崎駿が例の画の密度で解説してるページが素晴らしい!! (★★★★)

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)
    いよいよあと1巻で終局らしい。人質となった島民は?中国空母「広東」との決戦の行方?そしてなぞの秘密兵器の存在の有無? この社会情勢でこの内容はやっぱしヤバい? (★★★★)

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)
    早くも文庫化。「単行本未収録エピソード満載」とあるけどそんなに物量はない印象。再読して改めてこの人凄まじい生き方したんやと思う (★★★★★)

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか? (★★★★★)

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

2019年5月 9日 (木)

戸隠神社参拝補遺

今回戸隠神社にお参りして知ったのだが、「戸隠」というのは「天の岩戸伝説」に由来しているらしく、天の岩戸にお隠れになった「天照大神」をお戻しする計略を考えた、最も思慮深い神である「思金神(オモイカネのカミ)」をお祀りしていると知った。古代神話は嫌いじゃないので。

私の中の思金神のビジュアルイメージは

02bc84392b384a26825502b799694951 6cce10e454724908a5c4db86c903bfb3

ですかね。

東宝映画 日本誕生より柳家金語楼師匠

東映長編アニメ わんぱく王子の大蛇退治 より

2019年5月 6日 (月)

善光寺戸隠神社に参拝しよう 後編

長野市内で宿泊。翌日は6:30に出発。善光寺の朝のお勤めはこの日はもうこの時間からやってるとの事。

善光寺近辺でバイクが停められる駐車場は「善光寺第4駐車場」とリサーチしてあり、iPhoneのナビアプリで検索して現地へ。

4163f67480f94ee1a25d0201c8c64a7e

ここですな。

09e96b2e4c3945a79b277d5cf7b865ae

ピンぼけてるけれど、この地図でいうと左上。本堂の北西にあたるのか?

門前町には遠いけれど、お参りには近い。料金¥300。

朝早いのに結構な人出。本堂の中ではお勤めが始まってる。

撮影は禁止なのと自粛。立派な造りに感心する。京都も知恩院とか立派なお寺がいっぱいあるけれど、また違った趣きがある。

9d7d9f11b9ef496ea2f1df37b89cbd24

7357b2d468454f8088af4e90f92f1424 7b446a1cfbc34dc59f573fe75545240b

朝食のお焼きを頂いて、名物の七味を買って出発する。

 

戸隠へは県道506号線 戸隠高原津川線バードラインを利用。

スノーシェッドと木立の中から抜けると、北アルプスの山々がぱあっとひらけて素晴らしい眺望の中走ることができる。

2ab4422ca0604d079d1bbe4869395158

A6cbddf833ed4c65b28f6dca100047b8

4b4ce01219804de3810cf13e8b9047d0

樹齢700年以上の御神木が立ち並ぶ。ここでも家内安全を祈願させて頂く。

戸隠からは県道36号と国道406号で白馬村へ。

Dfca799a489648cdb5e68edeaf3d6a66

県道36号線の大望峠から。景色が雄大。

白馬に入ると山は眼前に迫ってくる。ええ眺めでした!

2019年5月 5日 (日)

善光寺と戸隠神社に参拝しよう!前編

10連休で数日の休みを頂くことができた。ninjaで距離を走りたいのと、命の洗濯もしたかったので宿泊先込みで行き先を選定する。しかし、宿が取れない!4月中旬にもなっていないのにどこも予約で一杯だ。あかん、宿泊は諦めか?と思ってたら奥さまが「どこでもいいんやったら、行き先決めてあげるよ、」とiPhoneで探し始めてくれた。しばらくして「(宿)取れたよ〜」と。これで長野行きが決定。

いや、悪くないなあ。善光寺行った事ないし。戸隠も近いし。同僚に言うと「群馬の妙義山もええよ〜」と。

初日に群馬まで行ってしまって、旧中山道通って碓氷峠越えて、軽井沢から上越道使って長野入り。一泊して早朝に善光寺にお参りして、戸隠神社も参って、白馬から糸魚川に抜けて帰ってくる。

A0412b3317a94814b9b51f69a95853e4

朝は四時に出発。名神草津SAで装備整える。車多い。やっぱり10連休だけの事はある。

中央道を岡谷で降りて国道142号〜254号へ。254号線は秋の方がおススメらしい。

道の駅「しもにた」で休憩。少し戻って県道51号線〜196号線へ。

82be1bab600b4420a2c97573481cf452

妙義山近辺はこういう妙なゴツゴツした形の山が多い。近畿圏ではあんまりない形だ。

タイトなコーナーが続く道で、景色もいいし走ってて楽しい。

反対側の道の駅「みょうぎ」で休憩して、旧中山道 国道18号を目指す。

7eb473a827d64c47814a0b4a0878ab05

86b06cadabff4d509eb8b99591fd4c1e

眼鏡橋を見学。ここも曲がりくねった道。ここ紹介してくれた同僚、わざわざこういうとこ選んでる!?

夕方には予定通り、宿入り。いかん、500kmちょっとしか走ってないぞ!

2019年3月17日 (日)

下田バーガーを食べに行くのだ!

カワサキチャレンジクルーズ。休みの度に天気が悪いので、今日は長距離を走ろう!目的もはっきりさせておこう。伊豆半島 開国の港下田 という道の駅に 金目鯛のフライをはさんだ「下田バーガー」と言うのが美味しいらしい。よし、いっちょそれを食べに行ってみよう!



当初、晴れ予報だったのに「時々荒れ模様」に天気が変化。天気アプリで雨雲の動きを確認しながら前に進む。


伊豆半島の突端に雨雲が重なったり外れたり。


けど行けそうだ!一気に伊豆半島を目指そう。
行ってみてわかったが、伊豆縦貫道というのがetc化されておらず、この何回かの支払いがとっても面倒くさい。かといって地道を選ぶとえらく回り道になる。




道の駅 「天城越え」。わさびソフト、食べてみたい。今日はパスしておく。下田バーガーを食べるのだ!

道の駅 「開国の港 伊豆下田 」に到着。






お値段は フィレオフィッシュの3倍+α
けど相応の内容と思う。金目鯛とカマンベールチーズ、特製のソースがすごく美味しい!が、食べにくい(笑)
指も皿もすごく汚れる。
ああ、でも満足だ!

その他、SA、PAで頂いたもの



豊川で食べたきしめん
豊川稲荷のご加護を!
きしめんって独特の食感がいいよなあ〜



帰りに長島で食べた 記号的な ラーメン&チャーハン
名古屋ラーメンはスガキヤ風が基本?かなり美味しい!

伊豆半島まで往復約980kmでした!

2019年3月 3日 (日)

カワサキチャレンジクルーズ2019がスタート!



こだわらんでもええのでしょうが、一回くらいは入賞したいなあ。入賞ラインは10000km越えで

2019年2月28日 (木)

京北・納豆もちサミットに参加する

2月26日(火)の京都新聞に


京北町で「納豆もちサミット」というものが催されるとの記事があった。問い合わせると誰でも参加できるらしい。ただし納豆もちづくり体験は事前に申し込みがいるようだ。開催日がたまたま公休日であり、弟と共に出かける事にした。




参加者は30名ほどだろうか?パネル展示や映像発表も充実していたが、納豆もちづくり体験し味わう所に重きが置かれていた。







失われつつある食文化と自覚しているけれど、こんなにもマジに「納豆餅」なんていうマイナーな食べ物の行く末について一生懸命考えてる人がまだまだいるのだとわかってすごく嬉しい。





スタッフも地元の方々なのだろう。非常に親切で熱心。











物販もすごく充実してました。










2019年2月10日 (日)

メットを新調しよう!

メットはこれまでAraiのメットを愛用させてもらって来た。「日本人の頭にはAraiのメットが一番合っているのだ!」と言う事をずっと信用してきたのだが、今使ってるQuantam-Jがもうすでに6〜7年ほど使ってる事もあり、ninjaにあったグラフィックのモデルに買い替えたいという思いがここんとこあったのだ。
候補は


AraiのVecter-X ちょっとだけ張り込んでちゃんとしたツーリングモデルが欲しい。
もう1つは


ShoeiのGt-air というモデル。職場の同僚がShoeiユーザーでどちらのメーカーにも良さがあると力説してくれ
て、ちょっとShoeiのメットにも興味出てきたのだ。
折しも2りんかん京都店がオープンして、セールやってるのでこの機会に買ってしまうことにした。


開店2日目、それでもエグい混み方だ。
候補はどちらも展示してあって、それぞれの特徴も細かく表示してくれている。だいぶ迷った、迷って
ShoeiのGt-airに決めました。
大き目のモデルを買おうとしたら、店員さんが丁寧にフィッティングのアドバイス。大きいのは確かに締め付けとか楽かもしれないけれど、安全性の面で問題あるし、フィットしたメットの方が肩こりの軽減にもなるしと親切に教えてくれたので言うこと聞くことにした。
セール中に買えたので、価格的にも満足しました。

2019年1月14日 (月)

ninja400よ今期も走り始めよう!

新型ninja400・250の方が主流になってきたけど、ツーリングの快適さではまだまだ負けてないと思いたい、2015年モデル!今日は天気も良さそうなので、雨降ってない方面に試走を始めよう!


電熱グローブに予備バッテリー。電池はいっぱい持って行くのだ。


国道372号 でかんしょ街道姫路へ。山の陰で多少寒いが、快走 快走!

だいたい2時間半で姫路着。JR姫路駅地下にある まねきの駅そば のお店へ。


かやくご飯とのセット。美味しかった!
ここで12時半。冬のことなんで電熱グローブのバッテリーの兼ね合いもあって帰路へ。
途中明石海峡大橋を見に立ち寄る。




去年はここを船で通過。九州行きだった。3月には次のチャレンジクルーズも始まるし、腕を磨いていこう!

2019年1月13日 (日)

今朝の京都新聞 納豆餅考察

1月13日付の京都新聞市民欄に「京都の雑煮文化」の記事があり、白みそ・白餅だけの雑煮の意味について、大阪府立大で進められている研究経緯が書かれていた。けど、使われてる写真は納豆餅(笑)




甘いものへの欲求がこのような雑煮文化を形作ったという事なのと、この写真の納豆餅は、「納豆を黒砂糖で和える」という作り方。京北町の 京蕪庵さん でもこれに近い納豆餅販売してたのでは。
すぐにでも仕事辞めるんで、自分もこういう研究参加させてもらえんかなあ〜

2019年1月 2日 (水)

お正月、滋賀県美味しいもん の結果

平成30年年の暮れに、滋賀県近江八幡の「遠久邑(おくむら)」で買った琵琶湖水産物がどうだったか。
非常に美味しかった。






こういうお惣菜って、最大公約数に満足を得るためにちょっとばかし しっかり めに味付けする事が多い。これは商売上必要な措置と思うのだけど、購入する側からするとこの辺の塩梅は難しいところ。
遠久邑さんの川魚煮物はすごくいいお味だったし、肝の 鮒寿司 もとてもよい漬かり具合だった。ちょっと辛口のしっかりした純米酒が欲しくなって来るけど(笑)
場所は覚えた!ラコリーナのすぐ近くなんで、ツーリングのついでに、これからは買って帰ろうと思う。

より以前の記事一覧

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31