人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

2017年6月 3日 (土)

SV650の謎の人と再見する!

去年の暮れ、吉野で知り合ったSUZUKI–SV650乗りの方から、職場のメールアドレスに連絡頂いた。なんで私と特定できたのか謎?一回どっか行きましょうとお誘い受けていて今日めでたく再見となった。

「北へ行きましょう!」といい加減な約束をして集合、出発。いつもの湖西道路を近江今津へ。マキノから浅井へ抜けて木之本から北陸道。賤ヶ岳SAでサラダパンで朝食。この方知らなかったらしく喜んで下さる。
目的地、福井県丸岡。現存最古の天守閣と言われる丸岡城を見に行くことで意見一致。
11:00には現地に着く。


風格のある立派なお城だ。瓦は積雪に耐えられるよう石造り。




中も自由に見学でき、お城の言われなどの掲示が充実していて面白い。





三層目までの登りは階段で。めちゃくちゃ急なので怖い。四方への眺めは天気の良さもあって抜群だった。




昼食は越前蕎麦の予定だったが、この日はどうしたことか風が強くえらく寒い。耐えられんので近くの「8番ラーメン」で暖かいものを食べることにした。
以前、このSVの方の住んでいた東大阪にも8番ラーメンがあったらしいが無くなってしまい、野菜の乗ってるこれよ!ととても懐かしいと喜ばれる。
今日初めて知ったのだが、「8番」とは国道8号線のことだったのだ…

そう、ナルトじゃなくってこの「8」模様のカマボコなんよね〜。身体暖まり回復。
越前海岸に出て敦賀に向かう。福井は内陸と海岸でガラッと雰囲気が変わるところが魅力。
SV650はスクリーンを立てておられて、相変わらず軽快でドコドコいい音が響いてくる。



改めてカッコいいバイクだわ。ヨーロッパでは色々と派生モデルが発売されてるようで、日本でも発売されんものか?
敦賀から長浜、近江八幡〜京都で本日は400kmほど。お疲れさまでした。またお会いすることになりそうです。

2017年5月 9日 (火)

連休、会津磐梯山を目指せ!補遺編

今回のツーリング、残念な結果に終わってしまったが、美味しい想いも結構させてもらったので、そこんとこはきろくしておこう。


北陸道 南条SAのおろし蕎麦。越前蕎麦なのに温蕎麦もあるのだ。


越中境SA の富山ブラック。黒胡椒の刺激は抑えめ。



2日目の朝食。現地のセブンイレブンで売ってた「コッペパン ずんだ餡&ホイップ」これ、近畿圏では売ってない。なかなか美味しい!


大内宿へ行きそびれ、南会津の物産館で食べた 地鶏蕎麦。蕎麦湯もちゃんとついてきた。美味しい!!


道の駅 柳津で食べた「ひえ(稗)ソフト」甘さ抑えめ、ひえのトッピングが効いてます!



糸魚川で食べた「翡翠(ひすい)ラーメン」緑色なのは南蛮エビを練りこんであるから。塩ラーメン。かなり美味しい。
最後は高山ラーメンで締めたかったが仕方ないかな。旅行したら、おれずっと蕎麦喰ってるなあ。



買えなかったが、道の駅には 馬刺し が普通に売ってたんだな。他にも 要冷蔵モノ が色々あり小さめの保冷バッグなんかもこれからはいるかもしれないなあ〜

連休、会津磐梯山を目指せ!被害編

会津での2日目の行程を終え、泊地の糸魚川市に向かっている最中、磐越道 新潟の手前だった。
ギャン!!とものすごい音がしてninja400が大きくノッキング。転倒は免れたが強いショックを感じた。ハザード点けて路肩に停車。後輪に何かが散らばっている。布だ!布が落っこちていて、チェーンで噛んだようだ。よく見ると奥の方に布切れが挟まっている。手で除去。エンジンはかかるからとにかく糸魚川に向かう。
なんかおかしい?


オイルが漏れてる。ちょっとこれはヤバい。京都のバイク屋に電話、出ない。ショップでツーリング行ってるんだこれは!せめてオヤジさんに対処法聞きたかったが。
何とか糸魚川のホテルに着。
晩御飯食べながら対策を考える。幸い、オイルはダダ漏れではない感じ。おとなしく走ってれば最小限で何とかなりそうだ。現地のバイク屋に持っていく、ここにバイク置いて後日陸送とも思ったが、3日目の行程を取りやめ、真っ直ぐ京都に戻る事にした。残念。
富山〜高山〜郡上〜木之本ルートを実践しようと思ったのに!!!
何とか京都着。やっぱりオイルは地味〜に漏れてる。
翌翌日、バイク屋に持って行き診察してもらう。




やっぱり、タオルだった。結構な量が粉々になってケース内に散乱していた。


何かの金属片が!?


エンジンケースの一部のチェーン脱輪漏れ部分がショックで割れていたのだった。エンジンケース自体は何とか無事だったが、オイルシールに負荷がかかっており変形し、そこからオイルもれしていたのだ。
かわいそうに、ninja400入院となったのでした。

2017年5月 7日 (日)

連休、会津磐梯山を目指せ!観光編

2日目、猪苗代湖畔近辺を巡り、野口英世記念館を目指す。


会津磐梯山の眺望が素晴らしい。




近隣の道の駅を回って買い物をする。家内には地酒の良さそうなのを。家族には喜多方ラーメンを購入。
案内板を見ていると、磐梯山は表磐梯と裏磐梯とあってゴールドラインとかいう良さそうな道がついている。今日は「大内宿」もルートに入れており方角が反対になってしまう。ちょっとこれはリサーチ不足だった。


野口英世記念館着。生家がそのまんま保存されている。落っこちて手を火傷したという囲炉裏はおろか、母親が洗い物をしていた小川すらそのまんま存在している。




非常に見応えのある展示で、感銘を受けてしまう。
伝記で読んではいて、どういう人だったか概略は知っていたが年譜を見て、いつ火傷の手術を行なったのか?誰と結婚したのか?これまで曖昧に記憶していたことがハッキリした。ここの展示お勧めですわ。
野口英世記念館を出て、大内宿を目指す。
途中、石部桜(葉桜になってたが)、白虎隊最後の出陣の地と言われる 旧滝沢本陣を見て回る。





目的の大内宿は、東北出身のうちの職場の職員のお勧めで、特にネギを箸代わりにして食べるナントカ蕎麦が私の目当て。良い感じに道も整備されていて、ninja400が快走快走!
ところが、あと1.5kmほどの所から大渋滞が始まる。ちょっとたどり着けそうにないムード。諦めて、近くの道の駅みたいな物産館で昼食をとる。うーむ、これだったら野口英世記念館から裏磐梯に抜けて、喜多方でラーメンたべても良かったのに。
さらには、南会津から新潟魚沼に抜ける道が通行止めになっていることが分かった。今日の宿泊地を新潟の糸魚川市にとってしまっていることから、一旦会津若松に戻り、磐越道を利用して新潟へ、そして北陸道を通って糸魚川に向かう事にする。今日は出来るだけ地道で行きたいと思ってたのに残念だ。
会津若松の名残に道の駅 柳津(やないず)に立ち寄る。



赤ベコはこの地で生まれたんだそうな。
さらば会津若松!

連休、会津磐梯山を目指せ!到達編

数年ぶりに5月の連休をいただけた。何処かにninja400でもって出かけない手はない!北か南かと行き先を考えた結果、去年通過するだけに留まった「会津盆地」を目指す事にした。


京都発6:30
湖西道路を利用〜国道161号を北へ。
7:40 滋賀県マキノ 道の駅追坂峠で休憩
国道161号を敦賀へ。ここから北陸道へ。
8:40 南条SAで休憩
10:40 不動寺(富山手前)PAで休憩
12:20 越中境SAで休憩昼食


15:00 米山(磐越道手前)SAで休憩
17:15 目的地着 まず鶴ヶ城を見に行く。






観光は次の日に回すとして、宿に向かう。


遠くに会津磐梯山が見える。
お宿は一応ビジネスホテルの名目だが、恐ろしくお安い。泊まれればいいのだ。扉が歪んでいる。部屋に冷蔵庫がなく廊下に共同モノが置いてある。
いや、泊まれれば良いのだ!

また明日

2017年3月20日 (月)

木之本にサラダパンを訪ねて それから

ようやく春が来た感じだ。家内が「サラダパンを食べたい」というので、湖西道路経由で木之本に向かう事にする。サラダパンは木之本辺りでは普通に食べられているらしいので、フレンドマートとかに入ったら楽勝で手に入ると思っていた。ところが、ない。売り切れなのだ。
前に買った、北陸道の賤ヶ岳SAにも寄ってみる。



このSA地道からでも入れて利用できるので。しかしここも「人気商品につき売り切れました」と。仕方ない、製造元の「つるやパン」本店に向かおう。
国道8号線から国道303号に入ると石畳っぽい道路になり、雰囲気のある旧街道になる。

旧木之本宿の本陣跡の真向かいが目指す「つるやパン」本店だ。

「道路への駐車ご遠慮下さい」とあるが、後から後から車やバイクや自転車がやってくる。遠慮せず駐輪。さすが本店、ちゃんと在庫があった。







ほかの惣菜パンや菓子パンも美味しそうだったが、今日はサラダパン目当てだったのでやめておく。




本陣跡や神社などすごく雰囲気があっていい感じ。いつかまたゆっくり立ち寄らせてもらおう。
さて時間もあるし暖かいので、バイク屋オヤジさんに教えてもらった、国道303号から横山ダム、郡上に抜けるルートを偵察してみよう。

雪がまだ残っている

遠くに見える山々はなんという山だろう?
道路も一部狭いところはあるけど、走ってて抜群に楽しい道路。あれ?アドレスV125でここ逆から走ったことあるぞ。



分岐点の揖斐峡交差点を確認して今日の偵察は終了。
西美濃そばのノボリを見つけて、昼食をとって帰途につきました。

2017年1月 3日 (火)

今年の我が家の納豆餅を食べる



忌々しい仕事のシフトのため、極端に短い休暇。ようやく年賀状を出すだけ出して、落ち着いて母の作った納豆餅をいただく。今期は28日に作ったみたいなので、1週間弱寝かせてあった事になる。こうなると、いつも書いてる事だけど、餅の中で納豆が発酵して非常にいい塩梅になって美味しい。
京北町の「京蕪庵」というお店が郷土料理として納豆を組み入れたメニューを作ってるし、納豆餅自体も販売している。すごく良心的な製品と思うが、「食品」として一般に「販売」となるとあれがギリギリ一杯のサービスかも知れない。母の納豆餅はかなりの量塩を使ってる。減塩しながらも、郷土の保存食として最低ラインの味を維持するには必要なのだ。
両親ももう歳だ。この技が失われんよう引き受けんといかんと思う。
しかし、美味しかった。

2016年10月28日 (金)

池谷仙克さんの死去を悼む

とても残念だ。成田亨さんのデザイン以上に私は池谷仙克さんのデザインは好みだったのだと今更ながらに思う。


度々の再放送で刷り込まれた「池谷仙克」の字。なんて読むのか正直わからなかった。この名前とツインテールとアイアンキングの不知火ロボが繋がったのは、相当に大人になってからだった。






本当に残念です。画集探して買います

2016年8月13日 (土)

下鴨納涼古本まつり2016

去年は仕事が詰まっていて行くことが出来ず、ようやく私に夏が来た感じだ。




これまでは戦史モノの本がすごく多かった印象があるのだが、今年はすごくバランスがとれていると思う。
個人的に目を引いたのは、昔の少年誌の付録マンガで阿部和助画の「ゴジラ」とか手塚先生の「魔法屋敷」とかが結構なお値段で販売されていた。でも、こういう所で買うものではない!






これらの他にも子供向けの図解で「戦艦大和」の本があって、思わず手にとって価格を見ると¥2000。断捨離始めたとこなんでやめました。ホントはちょっと欲しかった。

2016年8月11日 (木)

ninja400、2泊3日で八甲田山を目指せ!(後編+補遺)

東北行き3日目。今日中に京都に戻らなければならない。
Img_8656_1

◯ 6:39 北上市発 給油して国道4号線を南下 東北自動車道へ
◯ 8:00 宮城県 長者原SA
◯ 9:36 福島県 国見SA 福島盆地を望む
Img_8659_1
◯10:59 磐越自動車道 磐梯山SA
◯12:40 磐越自動車道 阿賀野川SA
◯14:25 北陸道 新潟県 米山SA
◯17:01 北陸道 小矢部川SA
Img_8665_1
◯17:28 北陸道 福井県 南条SA
 北陸道 木之元で降りて湖西へ、161号線を通って京都着は21:00を回っていた。
おつかれさん!!

 ninja400を買ってからずっとやってみようと思っていた強行軍だったので、完遂できて非常に満足しています。やっぱし東北は遠い!新潟は長かったというのが実感。それと、東北は初めてだったのだけど、非常に景色がきれい。鳥海山、岩木山、磐梯山、それぞれまた別個に訪ねてみたいもんだ。
 3日間、例によってずっとソバとか麺類ばっかり食べていた。
それを紹介してこの項は終えることにしたい
 Img_8575_1
 富山辺りで食べたぶっかけおろしソバ

Img_8650_1
 十和田湖畔で食べた山菜ラーメン。山菜ソバの具をそのまま持っていったやっつけみたいなラーメンだけど、これがなかなか美味しい!

 Img_8653_1
 北上で夜シン・ゴジラ見てから、近くで食べたラーメンセット。京都からするとあっさり系で個人的には好み。チャーハンに細かく刻んだかまぼこが入っているのがまた良い感じ。

Img_8657_1
 確か宮城辺りでたべた 冷やしたぬきソバ。関東のソバは一本調子で濃いめのダシなのが美味しい!

Img_8664_1
新潟の米山SAで食べた「栃尾油揚げそば」醤油味の良く染みた厚揚げが入っててこれが美味しい!!

Img_8667_1
福井県 南条SAで食べた 越前蕎麦 シンプル〜に美味しい。

またなんか美味しいソバに出会えることを祈っております。
(完)

 

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30