人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

2017年4月23日 (日)

国道303号のその先を探せ!

今年度は、ちゃんと休日が保証されそうだ!
当たり前の事だが、それがこの数年当たり前ではなかったのだ!
今日は、バイク屋のオヤジさんに教えてもらった「木之本から郡上〜高山」へ抜ける地道の後半を探しに出かける事にする。

木之本から国道303号で揖斐郡に向かう。

京都より東はまだ桜が見頃だ!

横山ダム

揖斐峡の所から県道40号線に入る。


道の駅 サンサン谷汲で休憩。
その先、国道157号線を北へ、県道79号に入り山県市へ向かう。国道256号に入って郡上へ。これが答えのように思う。思うのだが、オヤジさんから聞いた話と道中のイメージが若干違うように思う。もっと、閑散とした行程みたいなのだが???今度オイル交換の時に確かめてみよう。



途中立ち寄った 道の駅 ラステンほらど。
ここで昼食にする。メニューが中京県域カラーだ。遠慮せず 味噌煮込みうどんをいただく

うどんでなく きしめんだ!めちゃくちゃ美味しい!!!
国道256号線板取川沿いの風景が美しい。



仕事でだいぶ緊張感が続いていたのが、走る事でそっちに集中し余計な事を忘れることが出来ている。現実逃避なのかも知れないが、気持ち切り替えるのは必要だ。

2017年2月22日 (水)

ローカル路線バスの旅第25弾から己を知る

「ローカル路線バスの旅」が好きなのだ。旅番組のくせに、どこにでもありそうな喫茶店のメニューを「ピラフ700円」などと紹介するあたりが、すごく馬鹿馬鹿しくって好きなのだ。その第25弾。マドンナ新田恵利さん。





私は学生の頃そんなに熱烈ってほどではないが、新田恵利さんを支持していたらしい。今回のマドンナで「やっぱええなあ〜」って思って見ていたら、一緒に見ていた家内が「なんか耐えられへん!」ってイライラしてる。
しまいに怒って先に寝てしまった。なんで?正直私は理解できんかった。
後になって、この番組の新田恵利さんバッシングがものすごい事になっていたと知った。「森尾由美、熊切あさ美らはマドンナという事をすごく意識してメイクや衣装を選んでいた。新田恵利にはそれがない」そういった意見が多い。うーむ、自分はそうは思わんかった。
やっぱし、自分の感性ってどっかズレてる。それで良いって信じてるけど。別に大多数の意見に迎合しないで、思ったまんまでええだろう。しかしながら主流から外れてるというのは不安ではある。

少数だけど、自分と似た意見の人もいた。新田恵利さん、俺個人的には楽しい番組だったと思ってるよ。

2016年12月 3日 (土)

新しいタイヤでの乗り心地と謎のSV650の人

お休みを頂けたので、寒そうな日だが新しいタイヤの端から端まで使って走る練習のため、奈良県吉野に向かう。

京都発6:00。やっぱりさむい



京奈和自動車道を利用して8:00頃には五條市に。ええ加減寒いのでマクドナルドに入って朝食。ホットコーヒーで暖まる。
五條を発。道の駅大塔を目指す。ちょっとづつ休憩して暖を取りながら前に進もう。
1時間もせず道の駅大塔に着。
途中で私を抜かして行ったSUZUKI SV650に乗ってた方が先に着いていて、寒そうに話しかけてきた。私が京都から来たことを随分と驚かれる。京奈和使ったら結構すぐに来れますよ、と。この方、SV650の慣らしの最中で、今日あと300kmほど走ったら終了で、オイル交換するのだと。私の今日のコース予定を聞いて「着いて行きますわ〜」と。
???
なんか分からん展開になってきた。
道の駅大塔発。

しばらく走って道の駅十津川郷に着。



足湯で回復する。しかも柚子湯だ。






この方、その後も「熊野古道ほんぐう」「おくとろ」「杉の湯 川上」「針テラス」と、本当にずっと着いてきてくれた。某大手電機メーカーの技術屋さんとの事だった。SV650も間近でじっくり見せてもらった。


V型のエンジンで、音もかっこいい。グラディウスとはまた違ったシンプルさがいい雰囲気。魅力的なのは何よりも走りが軽そう。実際に「軽いですわ」と。吉野の山道もヒラヒラすり抜けて行かれる。いつか軽い大型を、と思っているがこれもいいバイクやなあと思う。

2016年11月26日 (土)

タイヤ交換とまた何かが漏れてた

夏の八甲田山行きが終わったら、タイヤ交換すぐにしようと思っていて4000kmほどオーバーしてしまった。ロングライフにも程があるなあ。



バイク屋のオヤジさん曰く「タイヤ的に勿体無い走り方」「もっとタイヤ全体を使って走る事を心がけた方がいい」と。度胸足りないんよね。
さらに

前にもあった「クーラントらしきものが漏れてる」のを発見。作業予約しておいて面倒見てもらう事にする。



同じダンロップ製の物を準備してもらう。同じモデルでも微妙にグリップ力は上がってるとのこと。
タイヤ交換は1時間ほどで完了。タイヤのシャフトもちゃんとグリスアップしてもらう。最近のバイクは、グリスを「汚れ」と文句つけるお客のせいでCRCみたいなのをちょっと吹いてるだけのメーカーが殆どとのこと。なんという事だ!





カウル外してホースをはめ直し。クーラント補充してもらって完了。
タイヤのワックスで滑らないよう、慎重に発進。この夏ぐらいから脚を取られるような感じがあったのが一気に解消。操作快適。タイヤ交換はちゃんとしよう!

2016年11月 6日 (日)

ninja400細かな装備を見直そう

チャレンジクルーズも計画ほど距離は伸びなかったし、寒くなってそろそろ今シーズンも終盤かなあという時。気のついた所に手を入れよう。
PSPナビのマウントはこれまでバーハンに直接取り付けていた

ハンドル操作の時にタンクバックに干渉してしまうことが時々あって、気になっていた。そこで



箕浦というメーカーから出ている、簡易なマウント場所増設器具。そもそも自転車用みたいなので、あんまり重いものを装着出来ないのが難。



ハンドルの太さに合わせてスペーサーが用意されているので、ninjaにもうまくくっついた。手軽とはいえ固定に六角レンチが必要。


こんな感じ。タンクバック付けて、もうちょっと位置調整が必要。メーターが見えないと怖い。
そして


懲りないツーリングネット。風化を抑えたいけど

2016年10月22日 (土)

鯖街道で距離を伸ばそう!

やっと休みをいただく。昨今のニュースを見てると、私の仕事っぷりってかなり危ないんではなかろうかって、自分で心配になってくる。積極的に休むようにしたいのだが。
さて、今日は伏見からスタート。北か南か?行き先を迷うが、奈良の山奥はにわか雨っぽいので今日は北に向かう。外環状線から国道1号〜国道161号を通っていつもの道の駅 中江藤樹で休憩して朽木〜小浜〜名田庄のルートで行こうと決める。





装備的には今日は軽装で。PSPナビも青森行き以来使ってないので久しぶりに電源を入れてやろう。
湖西道路、堅田辺り車線が狭くなるため道が混み出す。今日はここで下道に降りて、途中越えから鯖街道通って朽木へ向かおうと思い立ちルート変更。



鯖街道はあんまし通らないのだけれど、集落毎に風情があってなかなか良い景色だ。道も以前よりもかなりきれいに整備されていて、バイクで流すには良い感じだ。葛川という集落でちょっと景色を楽しむ。





川の水がきれい。この写真ではきれいさのニュアンスが伝わらないだろう。残念
朽木の道の駅を越えると景色が変わる。イマイチ風情が無くなってしまう。道の駅「若狭 熊川宿」に到着。






鯖街道の展示などしてあってなかなか楽しめる。昼食時だったので「焼き塩鯖定食¥800」をいただく。魚嫌いだった数年前の私からは考えられない選択だ。今はおいしいと思える。魚喰えるようになって良かったなあ。



周山街道に入る前に「道の駅 若狭おばま」という所に寄る。国道27号線から少し離れた所にあり、何度か見逃してしまった道の駅だ。






小浜だけにねえ(笑)
食堂の食べ物も美味しそう。昼食ここでも良かったかも?今度ここで食べることにしよう。




国道27号線に戻って、すぐに府道161号 周山街道へ。気温16度ほど。先週は気温高かったのでどうかと思ったが、オールシーズンのジャケット着てきて良かった。

大好きな道の駅 名田庄に到着。


やっぱしここで蕎麦食べないといかん。今日は納豆そばを温そばでいただく。美味しかった。



今日は車がそんなに走ってなくって、すごく気持ちよく走ることが出来ました。心にはゆとりが必要だ。なかなか休みもらえんのがホンマに辛いが。

最後に道の駅 ウッディー京北で 納豆アイテムをゲット。弟にも買ってやろう!
これで今月の休みは終わり。チャレンジクルーズは5000km台に留まったのが残念だ。

2016年10月16日 (日)

俺をバイクに丸々1日乗せてくれ〜



今年のカワサキチャレンジクルーズは、期間4ヶ月やったんですね。10000km超え目指してましたが、9月、10月で失速。休みもらえないわ雨降るわで散々です。バイク乗りて〜な。
2017年モデルのninja650も発表。個性はないけど結構魅力的なバイク。
さあ、あと半月距離を伸ばそう!

2016年9月 4日 (日)

ninja400・破損したスライダーを交換しよう!




7月終わりに八甲田山 山中で立ちゴケし、車体右側のスライダーがカウルを守って、基部からへし折れてしまった。転ばぬ先の杖とはこの事。走る事より取り回しが難しいninja400には、スライダーは必須だ。Amazonでリーズナブルかつ安全性のバランスが取れた製品を探すと、おお!良さそうなのがあった。パーツ探すとき、ninja400で探すのでなく「ninja650」で探すと結構ヒットする。で届いたのがこれ


グリーンなのが嬉しい!
頑張ってカウルを外してみる。バイク屋のオヤジさんにも電話で、取り外しのコツだけは聞いておいてチャレンジ。フルカウルって面倒くさいなあ。
とにかく、ネジがキツイ。どのパーツもキツイ。
へし折れたスライダーの基部が外せない。初日は断念。
4回程挑戦し、カウル外しのコツがわかった頃にようやく基部を交換。




めでたく交換完了。もう片側が残っているが、これまたネジがキツくて、ボチボチやる事にする。道のりは長い。



2016年9月 3日 (土)

ninja400で野麦峠にたどり着くはずだったのだが-補遺

思い返してみて、道を間違えたばっかりに計画がグダグダになってしまい口惜しい。得るところがなかったわけでもないので、そこんところは記録残しておこう。
燃費



ずーっと走って高山に近くなって給油。単純な割り算ではリッター41km位は行ってる。高速も走ってるので鵜吞みには出来ないが、このバイク燃費は抜群だわ。ninja650になるとパワーはあっても、燃費はこうはいかんはず。

観光







何かとよく見れば、木彫りの人形!?




もっと色々立ち寄りたかったが、先を急がねばならず、記録もしたいわでどっちつかず。残念賞

食べ物

昼食に食べた「冷たい すんき蕎麦」
野沢菜のような食感の漬け物と鰹節がぶっかけになってて美味しい。「すんき」ってなに?返却口のお姉さんに聞いてみる。なんか私がクレームでも言いにきたとでも思ったようだ。奥から責任者らしき人もゾロゾロやって来た。すんき って、カブの葉っぱ部分を塩漬けせず、乳酸発酵させた漬け物。京都でいう すぐき だな。すぐきほど発酵度は強くないけど、これ美味しかった。


帰りに小腹が空いたので、道の駅 明宝 というところで食べたラーメン。なんのヒネリもなくこだわりもなさそうに作ってある所がある意味スゴいラーメンと思うのだ。

ninja400で野麦峠にたどり着くはずだったのだが

バイク屋のオヤジさんから「滋賀県の木之本から野麦峠まで下道で楽勝に行けるルートがある」と聞いて気になっていて、夏季休の残り1日を使って検証してみた。


京都発、名神〜中央道。中津川で降り、国道19号線を木曽へ向かう。途中から野麦街道に入り高山を経由、せせらぎ街道を郡上市へ向かって国道303号へ抜ける道を探そうと思う。


いい天気で木曽路はスゴく快適。初めての道の駅もたくさんあって、なかなか先が急げない。


昼食を道の駅でとって、先へ急ぐ。「高山」の表示が出たのでこれが野麦街道か!?と思って国道19号から外れる。






峠付近を除いてスゴく快適な道。ninja400の2気筒の真価が活かされる。自分みたいなリターンのオッチャンでもそこそこの走りを提供してくれる。過不足ないパワーが自分にはちょうど扱いやすい。


蕎麦畑が多い。これも岐阜県側に入るとパタッと無くなってしまう。行けども、野麦峠にはたどり着かない??入る道間違えたか?
やっぱり間違えていた。「木祖」村の役場の所からが野麦街道だった。早まってしまった。飛騨高山近くの道の駅で休憩。寄り道も結構してしまったので、今日はもうルート探索は無理と判断して、京都に戻る事にする。
観光か?走破か?目的はどっちかに絞らんといかんなあ。

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30