人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐちかいじ: 空母いぶき(8) (ビッグコミックス)

    かわぐちかいじ: 空母いぶき(8) (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

2017年4月11日 (火)

地図買った



今年の連休は、ちょっとばかし休みを保証してもらえそう。
さあ、果てしなく突き進もう!

2016年12月24日 (土)

グラボを変えてみたのだ

これまではgeforce660tiだったのをgefoce1060にアップグレードしてみた










このように、ベンチマーク上では倍近いパフォーマンスが得られている。体感的にあんまし変わんないのがちと辛いかな?

2016年11月30日 (水)

iPod firstgeneration 交換プログラムを頼んでみた!

新しいモノ好きな親父が使いこなすのを断念した、初代iPod nanoが出てきた。

メモリ2G。うーんこれではなんぼも転送できない。バッテリーもヘタっていて、すぐ放電してしまう。
調べるとこの第一世代nanoは、バッテリー発火の可能性がある型番があるらしく、Appleは「修理」→「交換」を無償で行っていた様子。これが平成28年末の現在も適応されているのかどうかだ。
心斎橋に行く用事があり、Appleストアで聞いてみる。非常に丁寧な説明で、Appleのサイトの「サポート」の項のこの場所から現在も受け付けていると。
翌日、Appleのサイトから申し込み。裏面に刻印されているロット番号を入力。字が小さくて一番難儀する。
とにかく、製品の箱も何もいらない。現物だけ用意して、宅配業者が取りに来る日時を指定して待つだけ。
おそらく専用の梱包資材に包まれて、iPodnanoは去っていった。
Appleからは受付確認、製品の受領確認、交換品の発送知らせと丁寧にメールで知らせてきた。発送から4日後。

こんな感じでモノがやってきた。

こういう説明の紙と




おいおい!お前の楽しめる物やないんよ!


赤いプロダクトモデルが送られて来るかと思ってたら、シルバーだった。みんなそうなのかは不明。lightningコネクタを30ピンのDockコネクタに変換するモジュールが付属してきたのが不思議。そうか!第一世代nano使ってた人がDockケーブルしか持ってないことへの配慮なんだ!
今時そういう可能性低いと思うがなあ(笑)
しかしながら、2005年発売のモデルのクレーム交換で最新の第7世代のnanoを無償で未だに送るという対応をしてるAppleはちょっとすごいかな?

2016年7月24日 (日)

納豆そばの誘惑

午後から時間ができたので、なんとなくそばが食べたい気分になる。道の駅あやまでもいいけど、今日は京都縦貫道で和知まで行って、府道1号線を小浜へ。そこから道の駅名田庄に向かって、寄ってっ亭で納豆そばをいただくことにする。

ninja400とっても快調!縦貫道使ったら2時間かからずに名田庄に到達出来る。さっそく蕎麦屋へ!

今日は冷たい方の納豆そばを頼んでみる。
ちゃんとした手打ちそばだわ。出てくるまでに時間がかかる。ダシは少なめ。そして洋がらし(笑)ちゃんと納豆にかけていただいてみる。
やっぱり、納豆そばは冷たい方が美味しいわ、これ。からしも効いてて、道の駅あやまのよりちょっとお高いがその分美味しい。
満足しました。周山街道を京都へ。今日はねずみ捕りだらけ。法定速度は守ろう。
美山の道の駅近くの信号待ちで、後ろからきた人に「コーナー上手いですね」って褒めてもらった。お世辞でも嬉しい。

2016年1月23日 (土)

気になるイヤホン

休日で日本橋へ。正月にeイヤホンで見かけたリーズナブルなイヤホンがなんとなく気になっていたのだ。


色々視聴させてくれるんで、この店結構好き。探し物はこれ


muixというメーカーのix1000というイヤホン。


レバーを切り替える事で、フラットな特性の音と低域を効かせた音が切り替わる。¥3000ちょっとだけどスッキリしたいい音します。数千円から¥50000位するイヤホンまで色々あって、ちょっと視聴させてもらったが…。うーむ、¥10000以下のモデルの方がいい音する製品が多いような気がする。耳が肥えて無いのだな。


コストパフォーマンスのいいイヤホンで満足してます。

2014年7月 6日 (日)

そしてFacebook

 先日、遠方にいる大学時代の友人から友達リクエストがあった。彼に対して拒否する理由は何もなかったので、ついポチッとOKした。数日して、大学時代の後輩らから友達リクエストがありこれにも応えた。その後「友達かも」のリストを見てぞっとした。お会いできない方々がズラズラっと並んでいた。まあ、そうなるわな。大学時期後半にとても悪いことをしたので、非常に気まずいのだ。あちらからコンタクトとって来る様子もないのでこれでええと思うのだが、自分の人生の中で大学時期はどうにも受容できずにいるのだ。いま、敢えてその事に向き合ってみようか?とも思うのだが・・・・・。

2014年1月 3日 (金)

windows移行作業

家内の実家のパソコンを新しいのにデータ移動してほしいという依頼をうける。しかたなくwindows8のマシンを買わないといかんかと思って、色々構えてしまう。年の暮れには義理の母がプリンタ共々購入を終えて待ち構えてくれる。開封してビックリのWindows7マシンだった。そう言えば義理の母に「Windows8より7の方が操作体系は変わらなくってイイかも?」と言ったようにも思うし、結果これで良かったのかも知れないが、しかし家電量販店のED!相手がパソコンの事わからんと思ってか、こういう在庫品掴ませるのもどうかと思うぞ。プリンタにはUSBケーブル付属してないし。
転送ウイザードがやはり使えなかったのは不思議。

2013年12月23日 (月)

Mavericksがインストールできない



新調したMacBook Proは非常に快適で、タイムマシン機能の優秀な移行機能のおかげで、年の暮れを待たずに新らしい環境で作業開始できそうだ。
よく確かめるとOS XがまだSnowLeopardのままだ。Mavericksは「重い」とのもっぱらの噂で、導入は控えていたのでこの機会にOS アップグレードすることにした。アプリストアからMavericksのページに移動してインストールのボタンをクリックするが・・・・何も始まらない。なんでか?
ググると上手く行かなかった時の対処法は、少ないながらも見つかった。
1、何処何処のフォルダにある何とかいう長ーい名前のファイルを削除
2、セーフモードで起動し直し、そのままアプリストアへつないでインストール手続き
とありやってみるとスイッチが「インストール」から「ダウンロード中」に変わった・・・・が何も起こりそうにない。数時間待って何も無かったのでキャンセルし通常モードで再起動。駄目元でアプリストアから同じ手続きをすると、今度は説明通りLaunchpadの画面に入り、ダウンロードが始まってくれた。何だったのだろう?よくわからないがまあよかった。
奥さんは相変わらず気づいていないのか?気づかないふりをしてるのか?息子らよ!あんまり画面綺麗、綺麗って言わんでくれ!

2013年12月22日 (日)

Macを新調する




これまで使っていたMacBookProを家内に内緒で新調する。
前に使っていたモデルはCore2Duoでその前はCoreDuo。その前はG4。外観は全部銀色なので誰も気がつかなかった。ところが、今回は高1と高3の息子は気がつきよった。さすがに高校生は騙くらかすことは難しい。家内にばれないことを望む。
しかしMacBookPro。今回はSSD512GBでRetinaディスプレイモデル。起動が恐ろしく早い。光学ドライブが無い。なんか隔世の感がある。キータッチが安っぽいのが何か気になるがまあいいだろう。この画面の奇麗さもすぐになれてしまうんだろうなあ

2013年8月16日 (金)

ドスパラタブレットがテザリング受け付けない

弟がどこかで手に入れたドスパラタブレットが、どうにも使い勝手が悪く
http://goukizm.blogspot.jp/2013/01/nexus7.html
辺りを参照してNexsus7化に成功。GPS機能はないがなかなかに使える端末に大化けした。

使い勝手はよくなったドスパラタブレットだが、唯一iPhone5のテザリングを受け付けてくれない。
iPhone5がどうかなってるのか?と思ったが、他の端末ではちゃんと****のiPhone5と認識してくれる。
弟も一緒に色々思考した結果、iPhoneの設定➡一般➡名前デュ「@@@のiPhone5」となっている「漢字」部分を削除し「半角英数のみの名前」という呆気ない方法で解決となった。中華タブレットだけに日本語を認識できないってのが結論か?まあ1万円切ってる機械だからこんなものなのかも?
1376636072965.jpg

1080723_218274684988981_1529959655_
1081428_218274631655653_341158484_n
1080266_218274574988992_1536032366_

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31