人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

2016年12月15日 (木)

バトルガレッガrev2016を買ってしまう



普段からかなり頑張ってると思う「私」。
ps4版のバトルガレッガで元気を出そう。Amazonから今日モノが届いた。




それはもう、この筋の人が喜びそうな特典の詰め合わせ。けど肝心のゲームのCDがない。

ゲーム自体はダウンロードするのだ。なんかこの感覚には対応するのが難しい。ダウンロード購入ってなんかすごく不安。カートリッジとか、ディスクとか形になっていないと不安になってしまう私は過去の異物?

2015年2月14日 (土)

バイオハザードHDを夜中にプレイする





ハッキリ言って怖い!
気持ち悪いバイオでない。怖いバイオだ!!
チビりそうです(笑)

2015年2月 1日 (日)

3DSからNEW 3DSに引っ越す時に感じたいくつかのこと

Img_4985_2
クレジットカードのポイントで3DSをもらうことにした。New3DSは処理速度とかが向上していて、かなり良いという噂でちょっと興味があったのだ。
Img_4990_2
普通のNew3DSか?LLか?スマブラを旧3DSでやってる息子は絶対画面は大きい方がいいと言い切った。老眼も入ってきたところだしだいぶ悩んだのだが、個人的にはこういう機械は携帯性を重視したいと思い、また着せ替えも興味あったのでNew3DSを選んだ。
Img_4991
旧3DSは協定により一番下の息子に貸し与える事になっている。
データの引っ越しについて付属のマニュアルにも記載があることはあるのだが、具体的にはどう操作するのか?は書かれていない。システムのアップデートを行ってから設定画面の必要な箇所を選ぶように書いてあるだけ。
ネットに接続し「データの出」の3DSと「データの受」の3DSを指定すると引っ越しスタート。
Img_4992
Img_4993
WiiからWiiUの引っ越しの時にも思ったが、こういう二度と見ることがないような画面でもピクミンがデータを運ぶようなアニメを用意してじっくり腰を据えて待たせてくれる!

Img_4721
(こちらはWiiUの画面)

本体のデータ移行が終わると今度はSDのデータを移行する方法を聞いてくる。New3DSはマイクロSDなので抜いて刺してという方法はとることができない。ネット経由かパソコン経由かあともう一つ聞いてくるが、ネット経由を選んだ。さあ、これがとてつもなく進行が遅くて終わらない。4時間待っても進捗度75%。おまけにネットエラーがでて中断。
パソコン経由を選び直して再開すると10分もしないうちに終了。絶対パソコン経由選んだ方がいい。

 肝心のNew3DSの具合だが、確かに処理速度が向上している感じで、すれ違い合戦なんかは明らかに読み込み待ち時間が短くなっている。また3Dブレ防止機能もすごく効いていて、画角はすごく広くなった。前みたいにちょっと首の角度変えたら3Dが崩れるようなことはない。
 残念なのは全体的に作りが安っぽくなってしまったこと。プラスチック然とした手触りはどうもいただけない。またスタイラスも完全にプラスチックになってしまいもう完全に安物だ。
 Cスティックは今のところ使い勝手は未知数だ。

 総じては非常に良い感じ進化しているように思うので、ポイントで手に入って私的には良かったかな?


2014年12月23日 (火)

WiiUへ引っ越そう!

とうとうWiiUにまで手を出してしまった。息子はスマブラ、私はバーチャルコンソールの「バレーボール」と「オウガバトル」のために。奥様はWii Fitでと家族的には有意義な使い道が考えられる機械だ。








さっそくWiiからのデータ移行を行うがこれが結構面倒だ。わかんないこともないのでガイダンスに従って進めると難なく終えることができる。SDはちょっと容量の大きいものを用意しておく必要がある。慌ててドンキホーテに走らないといけなかった。




たかだかデーター移行。それもたぶんこの1回しか見ることがないだろう画面に「ピクミン」を使って飽きさせないようなどうでもいい配慮がいかにも任天堂で素晴らしい。



ちょっと使ってみて思ったのは、単にWiiのアッパーバージョンという印象で全体的には大きな革新は感じない。ネット関係は今までのまんまですごくとろくさい。PS4なんかと比べるともっさり加減がよくわかるが、それでも任天堂はええんだよなあ。

2014年2月22日 (土)

斑鳩Steam版



windowsで「斑鳩」が遊べると聞いて楽しみにしていたのだが、先頃Steamというダウンロード販売サイトから発売になった。私はこういうのは知らんかったが、登録することにした。
基本はXBLA版のようで、うちとこの環境では非常に快適にプレイできる
Core i7-3770 3.40Ghz 16Gb RAM GeForce GTX660Tiというような構成
ゲームパッドはXBOX360用しか認識してくれない。これはちょっと残念。





>



コンティニューしまくって一応ラストまで遊ばせてもらった。
改めて面白い。easy設定よりも真剣に稼ぎ狙ったほうが、このゲームは絶対に面白いと思う。
点滴が巨石を穿つまで・・・・・

2013年9月16日 (月)

FF14後記

1379294187652.jpg
発売からおよそ2週間、だいぶ接続しやすくなった感がある。思うに、メンテナンスもそうだが結構な人数がMHに流れてくれてるのではなかろうか?まあ、つながってくれなければ話にならん。
色々と言われているがこのゲーム、旧バージョンがあれだけ酷評されただけあって、相当に気合いの入ったゲームだなあということが端々から実感できる。個人的にすごく面白い。FF11 で「かったるいなあ・・・・」と思っていた部分がほぼ真逆の方向に解消されている感があり、技はバンバン出せるしHPはすっきり回復するし、全体的な展開がすごーくスピーディーだ。簡易にパーティー編制もしてくれるし、いちいち気が利いてる。この前までレベル5のファンタジーライフをやってたが、ああいう手軽さ・気軽さをFF11に持ち込んでる印象のゲームだ。メインクエストもまあまあいいお話なのだが、他国への使者になるクエストでみんなに見送られて祖国への感慨を込めて旅立ったのに、帰国して冒険者ギルドに立ち寄った時のモモディーさんらのリアクションが「あなたへ仕事の依頼が来てるの」とあまりにもさらっとしていたのがとっても興ざめだった。もうちょっとさあ「まあ!帰ってきてたの!?」とかなんとかほしかったなあ。
今のところレベル上げがそんなに苦にならず、格闘士をメインに剣術士をぼちぼちやってます。

2013年8月29日 (木)

帰ってきた、FF14

1377778029925.jpg
旧版発表からずっとやりたかったけれど、色々とあれだったみたいでずーっと待ってました。
PS3版が出たらゲーム機と一緒に買うつもりだったけれど、せっかくパソコンの方を強化したのでwindows版の方を購入。インストールするとすぐアップデートが始まり、いつまで経っても終わらないのでその日はダウン。翌日つないでみると結構な人気みたいで接続に制限がかかっていてなかなか遊ばせてもらえない。ようやくつながってキャラメイク。FF11の時のガルガを引き継ごうと思ってルガディンで格闘士でスタート。新生Bakobakoが誕生したのだった。ゲームは非常に遊びやすくなっていて、クエストもどこ行って誰に何するのか?がすごーく親切設計。私的にはNPCの名前がカタカナ表記になったのがすごく嬉しい。わかりやすい。

2013年8月18日 (日)

ペルソナ4ロケテ

息子がペルソナ4の新作のロケーションテストをやってるので見たいと言うので日本橋のゲーセンへ。
1376807404830.jpg

1376807411079.jpg
整理券配って整然とやっていて、なかなか対応のよろしいゲーセンだ。シューティングは元より、こうしたゲーム自体が下日のようだが、中々に盛り上がっていて雰囲気を味わった。

帰りに中古ゲーム店に寄ると、GCの「カービィのエアライド」に高値が付いているのでちょっとビックリ。息子はニンテンドー64の「007ゴールデンアイ」を狙っておるのだが、これも結構高値安定で手が出にくい。また、そのうち宝探しに出かけよう

2013年7月20日 (土)

ゲーミングマウスの導入

1374315210110.jpg
なんかえらくでっかい箱がAmazonから送られてきた。酔っ払って余計なもんポチッとしてしまったのか?と不安になったが・・・・・
1374315211669.jpg

1374315212993.jpg

思い出した。コストパフォーマンスの良さそうなゲーミングマウス買ったんだった(笑)

そもそもこういうものを使おうと思ったのは、おわびで配布されたPC版「BattleField3」でえらく正確に射撃標的にされることが続き、何なのだろう?と思っているとPC版のプレイヤーは「ゲーミングマウスでパシッと狙ってくるのが普通のプレイ環境」というような情報があった。息子もX-BOX360版と比較プレイしてみて、やはりPC版のほうが比較的手強い人が多いという印象。これで少しは強化できるかと思うのだが・・・・

マウス自体はなかなか感度良く手にもフィットしてすごく良い感じだ。1万円近くするモデルが主流な中でこれなら対価格的にええのではないか?さてデフォルトの設定でプレイするがどうもなじめない。左クリックが射撃なのはええのだが、右クリックがズームになっている。かつてDOS/V時代にDOOMとかQuakeとかUnrealに熱中していた頃、右クリックは「前進する」だった。だったらこの人ら移動はどうやってるの?とまた調べるとキーボードのWSADでやってるのだな。単純に右クリックに前進を設定すりゃいいのかも知れないが、BattleField3の場合「走る」「歩く」と「しゃがむ」「立つ」に「射撃狙う」「ねらわない」を瞬時に選択したいが、私の実力では・・・・・まだできない。

研鑽の日々がつづく

2013年6月 1日 (土)

私のテレビゲーム近況

1370086573890.jpg
X-BOX360用の怒首領蜂最大往生が発売。なかなかに難しい。360モードが良い感じ。ゆるくなくそれなりに難しいので蜂までたどり着いたときの達成感はそれなりにある。これで最期か・・・・

1370086576696.jpg
日本橋に行ったときに、メガドライブ版ペーパーボーイが結構良い値段で売っていた。なんでこんな値段?と思うと「パッケージが色あせのため」とある。中身は全然問題無い。買ってしまう。TENGENのマニュアルなので相変わらず笑わせてもらう。

 PS4とかX-BOXOneとかとうとう新世代ハードが発表。FF14もBATTLEFIELD4も楽しみで、ゲームは当面忙しい

より以前の記事一覧

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30