人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

2017年9月 1日 (金)

「フランケンシュタイン対地底怪獣」サントラの内ジャケ

「フランケンシュタイン対地底怪獣」と「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」のサントラがこのほど発売になりつい買ってしまう。こういった類のサントラを店頭で吟味して買うことってほぼ不可能になってきた。CDショップに置いてない。評価を参考にしながら、仕方なくAmazonで買うしかない。
音質の向上も良かった点だが、CDを取り出した内ジャケットとでも言うべきところの写真がこのレーベルはどれも良い写真使ってて、フランケンシュタイン対地底怪獣は


の水野久美さんで、あまりの綺麗さに瞳孔が開いてしまった。こんな写真あったんや〜

2017年8月14日 (月)

断捨離と下鴨古本まつり

今年も下鴨納涼古本まつりの季節がやってきた。



ちょっと不便になった点として、かつての駐車場&駐輪場だった所にマンションが建ってしまい、神社の本殿に近い所にバイクを停めないといけない。


さて、去年小倉の古本屋で、「のらくら漫画全集」講談社の復刻版を手に入れて、本として探しているものはもうほとんどない。それでも、かつての本の虫だった私は、このカビ臭い香りに誘われてついついこの催しには近づいて行ってしまう。
高額なものには手は出さない。¥500以下が狙い目。文庫でもムックでもだ。でないと掘り出し物とは言えない。それに、いくら魅力があっても場所取ってしまう本はもう手を出さない。身辺の整理をしなくては。


そんな観点からこの アニメージュ創刊付近セットは却下。うーん、けどこの頃の表紙はすごくセンス良いんだわ。

万創飛び出す絵本 魔法のマコちゃん
いかん、これは値段張りすぎだ。おれ、これの変身忍者嵐かウルトラマンA持ってたんでは。
結局、この日はハル・クレメントの「重力の使命」の初版本、日本人の源流についての新書辺り3冊で900円の買い物。エドモント・ハミルトン スターウルフシリーズも揃ってたら買ったのだけど、さすらいのスターウルフがなかったので今日はやめました。

2017年7月19日 (水)

名古屋、ゴジラ展にフラッと行ってみる

平日、代休を頂けたので、名古屋市博物館でやってる「ゴジラ展」を見に行ってみる。高速は使わず地道で。


国道307号〜国道25号〜国道1号で名古屋へ。地道で京都から名古屋に向かう時一番合理的なルートって何なんだろう?猛暑の中ナビにしていたスマホがオーバーヒートで使用不可に。前に 特撮展 やってたとこが会場と思ってたが、名古屋市博物館は全然違う場所で、最後道に迷い何とかたどり着く。

チケット売り場に張り紙があって「モンスターX」「カイザーギドラ」は諸事情により展示取りやめと。ちょっと残念。






ゴジラに留まらず、井上泰之さん、安丸信行さん、利光貞三さん始め美術、造形などにも携わった方々の仕事を紹介。中々に濃い内容で楽しめた。




ミレニアムゴジラが撮影OKだったのが嬉しい。
大好きな しらさぎ と 特殊潜航艇さつま のミニチュア展示も嬉しかった。
グッズでも買って帰ろうと思い、ショップを見るがイマイチ。ミュージアムの方のショップを見ると

私好みのクリアファイルを発見。こっちを買って帰りました。

2017年2月25日 (土)

ヤマト2202嚆矢編を見る〜盗人にも三部の理を!〜

待ちきれず仕事終わって、イベント上映初日に行ってしまう。

この日4回目の上映に関わらずほぼ満席。観客の大半が私かそれ以上のオヤジ。やっぱしヤマトスゲ〜


感想、かなり面白かった。

 2199由来の新解釈が色々行われており、おっちゃん的には過不足のない出だし。第1話の緊張感の作り方とかはなかなかで、まだまだおもしろい物語が作れるんやなあと今後の展開に好感が持てた。
 ちょっと嬉しかったのは、第1話2話の作画に「湖川友謙」さんの名前があったこと。旧さらばにも係わっておられるし、復活編、2199でも健在だったので今回もアオって描いてほしい。冒頭のズォーダーのアオりポーズがそうらしい。
復活編つながりでは山本のコスモタイガー1がコスモパルサー重爆そっくりに思ってるのと、2話のラストに出てきたアレはそのまんまのデザインで、個人的には大サービスだった。

 2202見て思ったのは、ガトランティス帝国を今回どこまで突っ込んで描いてくれるか?というところだ。旧さらばでの位置づけは「ヤマトを引き立たせるための純粋なワル」だった。「愛」の引き立て役になるために帝国の人民とか文化についてはほぼ描かれることはなかった。ヤマト2でもそうだ。唯一、斎藤が捕まえた帝国パイロットの回くらいに片鱗があるくらい。これは、暗黒星団帝国にも言えてる。文明だけあって文化のない人類ってあらへんと思う。前2199で「蛮族」と表現された部分には好感。彗星帝国が母星なのか?もっと違うところに母星があるのか?人民はどんなになっているのか?という辺りを今回のシリーズではどうか描いてもらいたい。福井晴敏さんよろしくどうぞ!

2017年2月23日 (木)

ビッグ錠先生イベント!



Twitterで「ビッグ錠」って流れて来たので、見るとこんなイベントやってる。何処よ?神奈川県!無理。もうちょっと暖かかったらninjaでたどり着くのに、休日はYAMATO2202のイベント上映に行くつもりだしね。
しかし、最終日はビッグ先生のサイン会に、川崎のぼる先生も来てのトークショウもあるらしい。行きて〜な

2015年9月26日 (土)

超合金シノビマルを買う

バンダイのサイトを眺めていると、受注生産品でロデオマルの販売告知があった。私はアニメ・特撮の主役メカよりも脇役メカの方が好きで、ニンニンジャーのロデオマルもシノビマルは昨今のキャラの中ではかなり良印象の部類に入る。すぐにロデオマルを注文。シノビマルも当然揃えてやらねばと思い、探すとAmazonにいい値段の中古があった!ついスイッチを押してしまう。


2日程してモノが到着。パッケージは物々しく二重。




すごくカッコいい。ほぼ劇中同等のポーズを取ることが可能。「超合金」とわざわざ銘打つだけあって手に取った感じも重い。


顔の造形もいい雰囲気。劇中であんまり活躍している感がないので、改めて惚れ直しました。


バルシャークの名乗りポーズも可能。
唯一残念なのは、差し替えで良いので手のパーツが欲しかった。これでは蟷螂拳みたいな格好しか出来ない。

こういうサブロボットって好きなんですよね。ザンボエースとかゴッドマーズのガイアーとか闘士ゴーディアンのプロテッサーとか。年の暮れロデオマルが届くのを待ってます。

2015年8月15日 (土)

メガゾーン23、LDで再見する



気が緩んで、メガゾーン23のLDーBOXを購入してしまいました。近々Blu-rayboxも発売されるみたいですが、私は画質は求めてません。ヤフオクで定価の1/7程度で落札。かさ張るのだけが難ですわ。改めて、パート1は出来は荒い。当時「マクロスのスタッフによるOVA」というふれこみだったけれど、正直全体的に作画はバラついて荒いし、演出も締まりがない。鷺巣詩郎の音楽もエラく安っぽいし、台詞まわしも直接的過ぎるというか?聞いていて小っ恥ずかしい。
荒いながらも話の構造はすごく良くできている。戦争の大局がどうなってゆくのか?という所はバッサリ切り捨てて、主人公がどう自分の生き様を見せるか?という点に話を絞り込んだ潔さが良かったのだと思います。

個人的な見所としては




庵野秀明作画パートと言われる、ガーラントがバハムート中階層へ向かう戦闘シーンや


ラスト付近の恐らく山下将仁作画パートと思われる辺りがお勧めですね。大きい画面で再見できてとっても満足です。
こんな場面毎に変わる絵柄なんて、今じゃ作画崩壊なんでしょうが、私はこういう風にアニメーターの個性が現れる造りの頃が良かったですね。

2015年8月 2日 (日)

レーザーディスクマイブーム



この所、LDの回顧品集めに凝ってます。古いアニメ・特撮であれば画質的には自分の感覚では、全く遜色ありません。逆にそういうカテゴリーのモノをBlu-ray化してみても、さほど驚くような映像にはならんと実感してます。
今回はジブリ実験劇場、シ#ブ&飛鳥いやチャゲ&飛鳥のこれを¥1000程度で落札。私これはビデオソフトでしか持ってなかったもんで、とても納得。4:3比率で再生すると充分です。

さて、こんな感じでかつて買うことができなかったコンテンツを揃えて行こうかと思っていますが、問題が幾つか。
1、高いもんは高い。DVD・Blu-rayが出ているに関わらず、何かの理由で高値安定の製品があり手が出ません。「学園特捜ヒカルオン」「メタルスキンパニック マドックス01」「バース」など
2、場所をとる。やっぱデカイ。家内に叱られる。

対策は考えながら「赤影」「ウラシマン(新幹線の回だけ見たい)」を狙ってます

2015年7月11日 (土)

ゴールドライタンをLDで再見す



久しぶりにヤフオクで買い物をしました。ゴールドライタンのレーザーディスクがすごくいい値段で出ていて、入札したら¥1000を超えずに落札できたのでした。


シリーズ後半でなかむらたかし さんと井口忠一さん作画の回をセレクトしてあります。このディスクの存在は知っていましたが当時小遣いがなくようやく手に入れたのでした。


目当ては第48話「標的マンナッカー」




2015年4月12日 (日)

響け!ユーフォニアムで宇治全開



京アニの新作は宇治が舞台と聞いてみてみましたが、宇治だけでなく各所しっかりロケハンしてますね〜。文化パルク城陽を皮切りに宇治上神社、塔の島、京都コンサートホール。


個人的には仕事でよく通過する京阪六地蔵駅前が出てきて1人大騒ぎしてしまいました。
だれか聖地マップ作らんかな?

より以前の記事一覧

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30