人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« ninja400カウルをようやく改修しよう! | トップページ | 平成が終わる けどね »

2019年4月30日 (火)

「狂気の山脈にて」コミカライズ版を読む!

4a649d6a2653433ca0775c474cb19aa9

「ドラえもん 南極カチコチ大冒険」の元ネタと聞いて、難解そうなラブクラフトの原著よりもコミカライズ版を探していた。一冊が700円近い値段で買うのを躊躇していたのだけれど、この程物知りの後輩がメルカリで適価で落としてくれたので、めでたく購読できました。

パシフィックリムのギルレモ・デル・トロ監督が全精力をかけて映画化準備して、ポシャってしまったという曰く付き。「制作費の多額さに反してZ指定表現となってしまう」というのが中止の理由と聞く。確かに、先遣隊の惨殺場面とかはエグいんだけれど、演出次第で怖さ維持して映像化は可能だと思うけど?後半発見される壁画からの「推測」の件は引き込まれてしまった。このコミカライズ版もムードのある画だし、何より久し振りに予備知識無しで読んだマンガなので、堪能させて頂きました!

« ninja400カウルをようやく改修しよう! | トップページ | 平成が終わる けどね »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ninja400カウルをようやく改修しよう! | トップページ | 平成が終わる けどね »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31