人間嫌いを考える本・・・

  • 江戸川 乱歩: 幽霊塔

    江戸川 乱歩: 幽霊塔
    文体がやや古風なのに慣れると、途端に面白くなってくる。謎の美女「秋子」の過去を紐解く怪奇小説。売りはやはり宮崎駿の妄想的解説だ。そもそもは黒岩涙香という作家が米国の小説「灰色の女」を翻案した「幽麗塔」という作品がルーツとしてあり、これを涙香のファンだった江戸川乱歩がリライトした、という三者三葉の違いを宮崎駿が例の画の密度で解説してるページが素晴らしい!! (★★★★)

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)
    いよいよあと1巻で終局らしい。人質となった島民は?中国空母「広東」との決戦の行方?そしてなぞの秘密兵器の存在の有無? この社会情勢でこの内容はやっぱしヤバい? (★★★★)

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)
    早くも文庫化。「単行本未収録エピソード満載」とあるけどそんなに物量はない印象。再読して改めてこの人凄まじい生き方したんやと思う (★★★★★)

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか? (★★★★★)

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月31日 (日)

ヤマト2202に期待したモノ

 ヤマト2202 テレビ放映が3/22深夜に終了。Blu-ray発売まであと1ヶ月。最終4話の録画があれば、別にもういらんかも(笑)

Img_5090_1

Img_5091_1

Img_5092_1

土星沖海戦だけはもうちょっと頑張ってほしかったかな。

結構サラッと画面は展開していってしまうので、よく見ると多勢に無勢のエンケラドス艦隊が波動防壁を駆使して本隊到着まで持ちこたえようとしていたり。いいんですけどね。

2019年3月17日 (日)

下田バーガーを食べに行くのだ!

カワサキチャレンジクルーズ。休みの度に天気が悪いので、今日は長距離を走ろう!目的もはっきりさせておこう。伊豆半島 開国の港下田 という道の駅に 金目鯛のフライをはさんだ「下田バーガー」と言うのが美味しいらしい。よし、いっちょそれを食べに行ってみよう!



当初、晴れ予報だったのに「時々荒れ模様」に天気が変化。天気アプリで雨雲の動きを確認しながら前に進む。


伊豆半島の突端に雨雲が重なったり外れたり。


けど行けそうだ!一気に伊豆半島を目指そう。
行ってみてわかったが、伊豆縦貫道というのがetc化されておらず、この何回かの支払いがとっても面倒くさい。かといって地道を選ぶとえらく回り道になる。




道の駅 「天城越え」。わさびソフト、食べてみたい。今日はパスしておく。下田バーガーを食べるのだ!

道の駅 「開国の港 伊豆下田 」に到着。






お値段は フィレオフィッシュの3倍+α
けど相応の内容と思う。金目鯛とカマンベールチーズ、特製のソースがすごく美味しい!が、食べにくい(笑)
指も皿もすごく汚れる。
ああ、でも満足だ!

その他、SA、PAで頂いたもの



豊川で食べたきしめん
豊川稲荷のご加護を!
きしめんって独特の食感がいいよなあ〜



帰りに長島で食べた 記号的な ラーメン&チャーハン
名古屋ラーメンはスガキヤ風が基本?かなり美味しい!

伊豆半島まで往復約980kmでした!

2019年3月12日 (火)

怪獣「大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアス」サウンドトラック

CDを買った。円谷プロ創立10周年記念映画 ダイゴロウ対ゴリアス のサントラだ!


これまで、この映画の音楽は断片的に商品化されてきたけれぢ、単独でのCD発売はこれが初めてだ。作曲:冬木透さん。
問題はこのCDの総プレス数がたったの600枚という事だ!そんなものかなあ。コアな特撮オタクってもうそんなに存在していないんだ。
特撮サントラって需要がないんやなあ。
けど来月には「ノストラダムスの大予言」と「妖星ゴラス」が出るもんね。生き延びよう!

2019年3月10日 (日)

納豆もちの 塩加減について思う

先月の 納豆もちサミット で買ったロール型納豆もちを数日朝食に頂いた。


美味しいなあ、年がら年中食べられる訳でない所が貴重なんだが。これを食べた弟が言っていたが「自分らが食べてた納豆もちってこれよりもはるかに塩味濃かったよなあ」と。確かに、このお土産納豆もちはすごくマイルドなお味だと思う。そもそもの納豆もちは昔の 保存食 だったと言われているし、自分らが子供の頃食べていたものは保存食の方に寄った食べ物だったのだろう。
健康とか色々な観点から、無難な味付けにならざるを得ないだろうし、納豆にしたってクセの強いホンマもんを使っても食べられる人は限られてしまう。
自分ら兄弟の思う 納豆もち の味は自分らで伝承するのが良いのだろう。

2019年3月 7日 (木)

ダライアス外伝 人生

任天堂switchのソフトで「ダライアス コズミックコレクション」というのが出た。



特装版のパッケージ内容も魅力的だったが、私の目当てはダライアス外伝の移植版だ。
このゲーム、発表されてもう25年になるのか?結婚直前、私が最もゲームに燃えていた頃。ゲーセンで連写装置アリだったが始めて1コインクリアを果たした、記念すべきゲームだ。


ゲーメスト誌の攻略本はすごく参考になった。映画のオール・ユー・ニード・イズ・キルみたいに死んでは覚えを繰り返したもんだ。


サントラは今でも車の中で聞くことが多い。OGR=小倉 久佳さんの幽玄な音楽は素晴らしい!


サターン移植版も非常に良い出来で、腕を磨くのに毎日やり込んだ。連射モードにする裏コマンドは今でも暗記できる。

今回のswitch版やってみて、腕が落ちている事に愕然となったが、発売から一週間を経てようやくワンコインクリア。まあ、一番簡単なコースですが。
移植具合は良好です。ゆっくり楽しませてもらいます!

2019年3月 3日 (日)

ヤマト2202 完結!

ヤマト2202 が完結。
予告通り「さらば でもなく 2 でもない予想を覆す結末」は本当だった。また「古代進は過酷な今を生きるあなた自身の姿」という福井晴敏のメッセージは、悪くない視点でちょっと感動させてもらった。





けど、なんだろう?この既視感は???
現実に帰還する事をためらう古代。どっかであったような展開???
わかった、アレでした(笑)
新しく物語を生み出すという事は難しいですね。パクってるかどうかは問わないけれど。どこかよく似たお話ってのは出てくるのは仕方ないのか?

賛否分かれてる2202ですが、私は悪くはなかったと思ってます。内容的にはすごく惜しい部分が多いんですが。登場キャラクターが多すぎて、語るべき事を全うできなかったのが痛い。キーマンにかなりの見せ場を持って行かれたのが大きい。よって、斎藤、島の存在意義が大きく薄れた印象。
そう思うと「ヤマト2」って面白かったって思うのですが。最後が「御都合主義」だって言う人は多いけど、艦隊戦結構面白いし、島はテレサと絡むし、土方の存在意義も感じられるし。

内容に納得したら、映画チケットの半券で劇場でBlu-ray買うつもりでした。4月の通常盤の発売を待ちます。その前にテレビ放映がフォローしてくれるか。
楽しませてもらいました。
次作「ヤマト3+完結編」みたいなのが制作される事を心待ちにします。

カワサキチャレンジクルーズ2019がスタート!



こだわらんでもええのでしょうが、一回くらいは入賞したいなあ。入賞ラインは10000km越えで

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31