人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 東映版スパイダーマン デジタル保存計画(記録発掘編) | トップページ | メットを新調しよう! »

2019年1月28日 (月)

東映版スパイダーマン デジタル保存計画(進行編)



PCーSDVD/U2G2で地道にビデオテープのデジタルコピーを進めている。この製品、動作が結構安定していて、付属ソフトで編集しないで30分づつ取り込んでゆくだけならばさほど問題は感じない。


東映版スパイダーマンも第4話と第13話を録り損なっている以外は話数が揃っている。子難しいストーリーではなく、古賀文雄さんのスパイダーアクションを単純に楽しめばいいのだと思う。10話くらいから非常に凝ったアクション場面が続出してきて、50歳超えてこの番組の新たな魅力を発見できた思いだ。


« 東映版スパイダーマン デジタル保存計画(記録発掘編) | トップページ | メットを新調しよう! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東映版スパイダーマン デジタル保存計画(進行編):

« 東映版スパイダーマン デジタル保存計画(記録発掘編) | トップページ | メットを新調しよう! »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30