人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 京都市南部 書店難民加速問題 | トップページ | 東映版スパイダーマン デジタル保存計画(進行編) »

2019年1月23日 (水)

東映版スパイダーマン デジタル保存計画(記録発掘編)

VHSテープからのデジタル保存の方法を確立させながら、自分の録画したものの全体像を把握するために、録画記録ノートの捜索も並行して行っていた。捨ててはいなかったはず。
そしてついに発見した!


大学ノート4冊分。ズボラな私が唯一マメにやっていた録画記録がとうとう役立つ時が来た!300本近いビデオテープのどれに何を録画していたかが明らかになるのだっ!






東映版スパイダーマンは発掘した3本のビデオテープに大半が録画されている事が分かった。約5-6話分が別のテープに何らかの事情で録画されている。第2話からしてそうだ。探すとそのテープは見つかって、ちゃんと記述通り


録画されていた!
気になっていた劇場版スパイダーマンを録画したテープも記録があり、これもちゃんと見つけようと思う。

« 京都市南部 書店難民加速問題 | トップページ | 東映版スパイダーマン デジタル保存計画(進行編) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東映版スパイダーマン デジタル保存計画(記録発掘編):

« 京都市南部 書店難民加速問題 | トップページ | 東映版スパイダーマン デジタル保存計画(進行編) »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31