人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 今年最後の荷物 | トップページ | マンガ読むのもツライ50代 »

2019年1月 2日 (水)

お正月、滋賀県美味しいもん の結果

平成30年年の暮れに、滋賀県近江八幡の「遠久邑(おくむら)」で買った琵琶湖水産物がどうだったか。
非常に美味しかった。






こういうお惣菜って、最大公約数に満足を得るためにちょっとばかし しっかり めに味付けする事が多い。これは商売上必要な措置と思うのだけど、購入する側からするとこの辺の塩梅は難しいところ。
遠久邑さんの川魚煮物はすごくいいお味だったし、肝の 鮒寿司 もとてもよい漬かり具合だった。ちょっと辛口のしっかりした純米酒が欲しくなって来るけど(笑)
場所は覚えた!ラコリーナのすぐ近くなんで、ツーリングのついでに、これからは買って帰ろうと思う。

« 今年最後の荷物 | トップページ | マンガ読むのもツライ50代 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お正月、滋賀県美味しいもん の結果:

« 今年最後の荷物 | トップページ | マンガ読むのもツライ50代 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31