人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 雨装備を整えて四国を目指そう(宿泊編) | トップページ | ああ、バイクシーズン終わる »

2017年10月28日 (土)

雨装備を整えて四国を目指そう(完結編)

今回のルートです。Amazonで買ったGPSロガーをずっと携帯しておりました。

淡路島から徳島へ。吉野川を遡りながら三好市〜国道32号を南へ。一度走ってみたかった酷道439号を四国カルストのある梼原町。ここで宿泊。


帰路、一斗俵という所の沈下橋を見て、高知道から再び国道32号を今度は北上。風の吹き荒れる瀬戸大橋をビビりながら渡って、山陽道を帰ってきました。


道の駅大歩危で食べた祖谷そばがとても美味しかった。SVの人は、旅先であんまし名物を食べない人みたいで


夕食もこんな感じ(笑)
総走行距離 約960km。雨続きでしたがほとんど疲れなく、事故もなく帰ってきました。やれやれ。
本州とはまた違った趣のある風景が素晴らしい。
基本的に整備された道ですが、一部には走るには辛いとこもあります。カルスト今度は昼間に見に行く事にします!

« 雨装備を整えて四国を目指そう(宿泊編) | トップページ | ああ、バイクシーズン終わる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨装備を整えて四国を目指そう(完結編):

« 雨装備を整えて四国を目指そう(宿泊編) | トップページ | ああ、バイクシーズン終わる »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31