人間嫌いを考える本・・・

  • 江戸川 乱歩: 幽霊塔

    江戸川 乱歩: 幽霊塔
    文体がやや古風なのに慣れると、途端に面白くなってくる。謎の美女「秋子」の過去を紐解く怪奇小説。売りはやはり宮崎駿の妄想的解説だ。そもそもは黒岩涙香という作家が米国の小説「灰色の女」を翻案した「幽麗塔」という作品がルーツとしてあり、これを涙香のファンだった江戸川乱歩がリライトした、という三者三葉の違いを宮崎駿が例の画の密度で解説してるページが素晴らしい!! (★★★★)

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)
    いよいよあと1巻で終局らしい。人質となった島民は?中国空母「広東」との決戦の行方?そしてなぞの秘密兵器の存在の有無? この社会情勢でこの内容はやっぱしヤバい? (★★★★)

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)
    早くも文庫化。「単行本未収録エピソード満載」とあるけどそんなに物量はない印象。再読して改めてこの人凄まじい生き方したんやと思う (★★★★★)

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか? (★★★★★)

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月14日 (月)

断捨離と下鴨古本まつり

今年も下鴨納涼古本まつりの季節がやってきた。



ちょっと不便になった点として、かつての駐車場&駐輪場だった所にマンションが建ってしまい、神社の本殿に近い所にバイクを停めないといけない。


さて、去年小倉の古本屋で、「のらくら漫画全集」講談社の復刻版を手に入れて、本として探しているものはもうほとんどない。それでも、かつての本の虫だった私は、このカビ臭い香りに誘われてついついこの催しには近づいて行ってしまう。
高額なものには手は出さない。¥500以下が狙い目。文庫でもムックでもだ。でないと掘り出し物とは言えない。それに、いくら魅力があっても場所取ってしまう本はもう手を出さない。身辺の整理をしなくては。


そんな観点からこの アニメージュ創刊付近セットは却下。うーん、けどこの頃の表紙はすごくセンス良いんだわ。

万創飛び出す絵本 魔法のマコちゃん
いかん、これは値段張りすぎだ。おれ、これの変身忍者嵐かウルトラマンA持ってたんでは。
結局、この日はハル・クレメントの「重力の使命」の初版本、日本人の源流についての新書辺り3冊で900円の買い物。エドモント・ハミルトン スターウルフシリーズも揃ってたら買ったのだけど、さすらいのスターウルフがなかったので今日はやめました。

2017年8月 2日 (水)

国道9号線で山口県 角島〜本州最西端を目指そう! 到達編+補遺

ツーリング2日目、SV650のナゾの人と、ヤマハブロンコの通勤快速さんと共に本州最西端「昆沙ノ鼻」へ向かう。


ライダーズハウスから約30分程で到着。国道191号から本州最西端とちゃんと表示は出ているのだが、先に進むにつれだんだんと不安になる。資源廃棄場の敷地の隣にあり、ちょっと環境はよろしくない。それでも何人かの方が訪ねてこられていて、最西端の感慨は深い。
ここから源平合戦の古戦場「壇ノ浦」へ行こうということになりスマホナビに登録するが、何故か関門橋を渡そうとばかり案内してくれるので、大いに道に迷ってしまう。それでもなんとか到達。











なんかねえ、遠くまで来たなあっていう感じ。海峡の向こうはもう九州。源平合戦の碑や銅像はあるし、馬関海峡砲撃の碑もあっていつもながら歴史オタクの私は舞い上がってしまう。
観光はこれで終わり。高速でノンビリ関西に戻る。
昼食は通勤快速さんの勧めで、山陽道岩国で降りて「いろり山賊」という所で食べる。



なんか国道2号線沿いの山の中に、えらく派手〜な所が見えてくる。ここ、昔っからあるようで、地元の人には知られたとこみたいだ。食券買って店に入る。名物の山賊焼きを焼いている。

さらにずーっと奥へ。店を出てしまい、裏の森の中に食べられる席がオープンに点在している。





すげ〜発想だな。これは世代問わず楽しめるわ。ナゾの人と通勤快速さんは山賊オニギリと山賊焼きを。

オニギリデカい!いくつかの味が仕込んであり「食べ飽きてしまわない」と。
私はひねくれて山賊二八蕎麦と餃子を

なかなか美味しく、またゆっくりできて満足。家族連れてきたいが岩国はちと遠い。
山陽道 権現湖PAでナゾの人と通勤快速さんと別れ、京都着は夜8時過ぎ。総走行距離は2日間で1300km少し。なかなかよく走ったもんだ。9号線をタラタラ走るのがなんとも楽しかった。これは一度やってみたかったので、ひとつ目標を達せた。
同行してくれたお二人がツーリング経験豊富な方だったので、これまでにない宿泊や走り方についてもとても参考になったのでした。

2017年8月 1日 (火)

国道9号線で山口県 角島〜本州最西端を目指そう! 宿泊編

今回の角島行き。宿泊の手はずはSVの人がちゃんと整えてくれた。リターン者でなくずっとバイク乗り続けている方みたいで、自分なんかよりも遥かに経験があり、「ツーリングどう楽しむか?」というカードはいっぱい持って居られる印象。「ライダーズハウス予約取れましたんで!」とおよそ1ヶ月前には連絡もらえていた。
宿泊先はライダーズハウス「レッドSUN(サン)」という所。

Googleで調べると、角島からだいぶ離れた山の中にある集落の一角。入浴させてもらった「一の俣温泉」は結構目と鼻の先。一番近いコンビニまで約15分。



バイクの駐車スペースは5〜6台は余裕で停められる。入口がどこなのかさっぱりわからん。植木をもうちょっと伐採してあれば玄関に向かうスロープが見えるのだが。
見た目もう普通の日本家屋。



造りは古いが主要な部屋にはエアコンがあり、トイレはウオシュレット。共有スペースにはテレビ、キッチン、お湯沸かし、共同冷蔵庫等、連休の時に泊まった会津のビジネスホテルよりも良いのではなかろうか?
主宰者の方は大人しそうな方で、非常に印象が良かった。ホームページもあるので、宿泊料なんかはそちらを参照されたい。正直な所、当初すごく不安だったが「これならば!」という所だ。ナゾの人に、ライダーズハウスってどこもこんなレベルですかね?と聞くと笑ってた(笑)
明日は、本州最西端を目指そう!

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31