人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« SV650の謎の人と再見する! | トップページ | カワサキチャレンジクルーズの季節 »

2017年6月18日 (日)

朽木で現実逃避する

先週の仕事は精神的にちときつかった。
1日休みがもらえたので、復活に向けて滋賀県朽木近くの桑野橋キャンプ場で野外炊事する。

梅雨が来ないってのもこんな時にはありがたい。日常とは違う時間を過ごさせていただく。





コーヒーからいただこう。ステンレスカップを持って来れなかったのである物で代用する。

献立は家内と冬に高山に行った時に仕入れておいた朴葉味噌。イオン価格¥350ちょっとのタスマニアビーフを焼いていただく。これは美味しい!元々こういう野外炊事は嫌いじゃないので、非常に楽しい。器具がまだまだ揃っていないので、小遣い貯めてソロキャンプできる位にはなりたい。
お腹一杯になって、小浜から道の駅名田庄へ



今年初めての周山街道を楽しんで、道の駅ウッディ京北でなんとか豆ソフトを頂いて京都に帰る。
また来よう、キャンプ場面白い!

« SV650の謎の人と再見する! | トップページ | カワサキチャレンジクルーズの季節 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朽木で現実逃避する:

« SV650の謎の人と再見する! | トップページ | カワサキチャレンジクルーズの季節 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31