人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 失われた連休3日目を取り返せ! | トップページ | SV650の謎の人と再見する! »

2017年5月28日 (日)

息子のYZF–R25に乗らせてもらおう!

職場にほんの少し用ができたので、息子のバイクを貸してもらう。


YAMAHA YZF–R25。中古で走行2500km。フェンダーレス化してあり、グリップヒーター付き、ETC付き。親父的にはABSモデルを選びたかったが、あまりにも出物だったので、これでええのではと息子を後押しする。息子は赤が良かったらしいが、安いしええかな?とあっさり鞍替えした。




前にもちょっとだけ乗せてもらったのだが、セパハンだけどさほど前傾がキツくなく楽ちんポジションだ。職場まで片道30分弱の道のりを楽しませてもらう。

ninja400と比べて断然軽い。250ccクラスでは馬力ある方の様だけど、追い越しとかかける時余裕でグイっとは加速出来てない。必死でスピードを絞り出してる印象。一定速度は得られてるんだけれどねえ。
これはこれで楽しさが有るので、旋回性の高さを活かしたツーリングをすれば良いのだ。普通に通学、通勤の足としては充分なパワーだわ。


宇治川沿い。トルクフルではないけど、ヒラヒラ走り抜けてく感じで面白い。

こいつ本当に通学位にしかこのバイク使ってないみたいで、もうちょっとどっか行くとか、パーツ一杯出てるので、改造するとかすればええのに…

« 失われた連休3日目を取り返せ! | トップページ | SV650の謎の人と再見する! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 息子のYZF–R25に乗らせてもらおう!:

« 失われた連休3日目を取り返せ! | トップページ | SV650の謎の人と再見する! »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31