人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 国道303号のその先を探せ! | トップページ | 連休、会津磐梯山を目指せ!観光編 »

2017年5月 7日 (日)

連休、会津磐梯山を目指せ!到達編

数年ぶりに5月の連休をいただけた。何処かにninja400でもって出かけない手はない!北か南かと行き先を考えた結果、去年通過するだけに留まった「会津盆地」を目指す事にした。


京都発6:30
湖西道路を利用〜国道161号を北へ。
7:40 滋賀県マキノ 道の駅追坂峠で休憩
国道161号を敦賀へ。ここから北陸道へ。
8:40 南条SAで休憩
10:40 不動寺(富山手前)PAで休憩
12:20 越中境SAで休憩昼食


15:00 米山(磐越道手前)SAで休憩
17:15 目的地着 まず鶴ヶ城を見に行く。






観光は次の日に回すとして、宿に向かう。


遠くに会津磐梯山が見える。
お宿は一応ビジネスホテルの名目だが、恐ろしくお安い。泊まれればいいのだ。扉が歪んでいる。部屋に冷蔵庫がなく廊下に共同モノが置いてある。
いや、泊まれれば良いのだ!

また明日

« 国道303号のその先を探せ! | トップページ | 連休、会津磐梯山を目指せ!観光編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連休、会津磐梯山を目指せ!到達編:

« 国道303号のその先を探せ! | トップページ | 連休、会津磐梯山を目指せ!観光編 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31