人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 地図買った | トップページ | 連休、会津磐梯山を目指せ!到達編 »

2017年4月23日 (日)

国道303号のその先を探せ!

今年度は、ちゃんと休日が保証されそうだ!
当たり前の事だが、それがこの数年当たり前ではなかったのだ!
今日は、バイク屋のオヤジさんに教えてもらった「木之本から郡上〜高山」へ抜ける地道の後半を探しに出かける事にする。

木之本から国道303号で揖斐郡に向かう。

京都より東はまだ桜が見頃だ!

横山ダム

揖斐峡の所から県道40号線に入る。


道の駅 サンサン谷汲で休憩。
その先、国道157号線を北へ、県道79号に入り山県市へ向かう。国道256号に入って郡上へ。これが答えのように思う。思うのだが、オヤジさんから聞いた話と道中のイメージが若干違うように思う。もっと、閑散とした行程みたいなのだが???今度オイル交換の時に確かめてみよう。



途中立ち寄った 道の駅 ラステンほらど。
ここで昼食にする。メニューが中京県域カラーだ。遠慮せず 味噌煮込みうどんをいただく

うどんでなく きしめんだ!めちゃくちゃ美味しい!!!
国道256号線板取川沿いの風景が美しい。



仕事でだいぶ緊張感が続いていたのが、走る事でそっちに集中し余計な事を忘れることが出来ている。現実逃避なのかも知れないが、気持ち切り替えるのは必要だ。

« 地図買った | トップページ | 連休、会津磐梯山を目指せ!到達編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国道303号のその先を探せ!:

« 地図買った | トップページ | 連休、会津磐梯山を目指せ!到達編 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31