人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« ヤマト2202嚆矢編を見る〜盗人にも三部の理を!〜 | トップページ | 木之本にサラダパンを訪ねて それから »

2017年2月26日 (日)

タイヤにネジが刺さっとる

だいぶ暖かくなってきたので、いつもの練習コース、国道307号を通って伊賀上野道の駅「あやま」へ向かう。
そろそろシーズンかな?けっこう賑わってます。

ちょっと早めに昼食を取る。
残念な事に納豆そばがメニューから消えている。美味しかったのに。釜玉納豆そばは残っているが、私は生卵が苦手でパス。

山菜そば定食を頼む。なんかもう炭水化物祭り。ごはんおかわりOKとのことだが、遠慮する。
オイル交換のタイミングなのと、前から気づいていたのだが、後輪にネジが刺さっているのを見てもらうために行きつけのバイク屋に。


うーむ深々と刺さってる。「楽しみですねえ」とショップのオヤジさん。

アタリ!長がった。

修理してもらう。
オイル交換してもらいながら、「岡山のとんでもなくマズイラーメン屋」「岬公園近くのてんこもりしらす丼の店」「鈴鹿のめちゃくちゃ美味しい鯖の開き」の話をアツく語ってもらう。今年のカワサキチャレンジクルーズがもう3月から始まるらしい。
今シーズンは近い

« ヤマト2202嚆矢編を見る〜盗人にも三部の理を!〜 | トップページ | 木之本にサラダパンを訪ねて それから »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイヤにネジが刺さっとる:

« ヤマト2202嚆矢編を見る〜盗人にも三部の理を!〜 | トップページ | 木之本にサラダパンを訪ねて それから »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31