人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月26日 (日)

タイヤにネジが刺さっとる

だいぶ暖かくなってきたので、いつもの練習コース、国道307号を通って伊賀上野道の駅「あやま」へ向かう。
そろそろシーズンかな?けっこう賑わってます。

ちょっと早めに昼食を取る。
残念な事に納豆そばがメニューから消えている。美味しかったのに。釜玉納豆そばは残っているが、私は生卵が苦手でパス。

山菜そば定食を頼む。なんかもう炭水化物祭り。ごはんおかわりOKとのことだが、遠慮する。
オイル交換のタイミングなのと、前から気づいていたのだが、後輪にネジが刺さっているのを見てもらうために行きつけのバイク屋に。


うーむ深々と刺さってる。「楽しみですねえ」とショップのオヤジさん。

アタリ!長がった。

修理してもらう。
オイル交換してもらいながら、「岡山のとんでもなくマズイラーメン屋」「岬公園近くのてんこもりしらす丼の店」「鈴鹿のめちゃくちゃ美味しい鯖の開き」の話をアツく語ってもらう。今年のカワサキチャレンジクルーズがもう3月から始まるらしい。
今シーズンは近い

2017年2月25日 (土)

ヤマト2202嚆矢編を見る〜盗人にも三部の理を!〜

待ちきれず仕事終わって、イベント上映初日に行ってしまう。

この日4回目の上映に関わらずほぼ満席。観客の大半が私かそれ以上のオヤジ。やっぱしヤマトスゲ〜


感想、かなり面白かった。

 2199由来の新解釈が色々行われており、おっちゃん的には過不足のない出だし。第1話の緊張感の作り方とかはなかなかで、まだまだおもしろい物語が作れるんやなあと今後の展開に好感が持てた。
 ちょっと嬉しかったのは、第1話2話の作画に「湖川友謙」さんの名前があったこと。旧さらばにも係わっておられるし、復活編、2199でも健在だったので今回もアオって描いてほしい。冒頭のズォーダーのアオりポーズがそうらしい。
復活編つながりでは山本のコスモタイガー1がコスモパルサー重爆そっくりに思ってるのと、2話のラストに出てきたアレはそのまんまのデザインで、個人的には大サービスだった。

 2202見て思ったのは、ガトランティス帝国を今回どこまで突っ込んで描いてくれるか?というところだ。旧さらばでの位置づけは「ヤマトを引き立たせるための純粋なワル」だった。「愛」の引き立て役になるために帝国の人民とか文化についてはほぼ描かれることはなかった。ヤマト2でもそうだ。唯一、斎藤が捕まえた帝国パイロットの回くらいに片鱗があるくらい。これは、暗黒星団帝国にも言えてる。文明だけあって文化のない人類ってあらへんと思う。前2199で「蛮族」と表現された部分には好感。彗星帝国が母星なのか?もっと違うところに母星があるのか?人民はどんなになっているのか?という辺りを今回のシリーズではどうか描いてもらいたい。福井晴敏さんよろしくどうぞ!

2017年2月23日 (木)

ビッグ錠先生イベント!



Twitterで「ビッグ錠」って流れて来たので、見るとこんなイベントやってる。何処よ?神奈川県!無理。もうちょっと暖かかったらninjaでたどり着くのに、休日はYAMATO2202のイベント上映に行くつもりだしね。
しかし、最終日はビッグ先生のサイン会に、川崎のぼる先生も来てのトークショウもあるらしい。行きて〜な

2017年2月22日 (水)

ローカル路線バスの旅第25弾から己を知る

「ローカル路線バスの旅」が好きなのだ。旅番組のくせに、どこにでもありそうな喫茶店のメニューを「ピラフ700円」などと紹介するあたりが、すごく馬鹿馬鹿しくって好きなのだ。その第25弾。マドンナ新田恵利さん。





私は学生の頃そんなに熱烈ってほどではないが、新田恵利さんを支持していたらしい。今回のマドンナで「やっぱええなあ〜」って思って見ていたら、一緒に見ていた家内が「なんか耐えられへん!」ってイライラしてる。
しまいに怒って先に寝てしまった。なんで?正直私は理解できんかった。
後になって、この番組の新田恵利さんバッシングがものすごい事になっていたと知った。「森尾由美、熊切あさ美らはマドンナという事をすごく意識してメイクや衣装を選んでいた。新田恵利にはそれがない」そういった意見が多い。うーむ、自分はそうは思わんかった。
やっぱし、自分の感性ってどっかズレてる。それで良いって信じてるけど。別に大多数の意見に迎合しないで、思ったまんまでええだろう。しかしながら主流から外れてるというのは不安ではある。

少数だけど、自分と似た意見の人もいた。新田恵利さん、俺個人的には楽しい番組だったと思ってるよ。

2017年2月 4日 (土)

ninja400でカキオコを食べに行こう!

今年は積極的に休みをとってやるのだ。もう仕事なんかやってやらないのだ。
今日の気温は3月上旬並みとのこと。ツーリングしない手はない。どこへ向かうかだ。暖かくなるとはいえ、山間部は道が凍っていたら怖い。瀬戸内海、日生でカキオコはどうだろう?出発する。

しかしいきなり寒い。京都から亀岡に入った所で濃霧。これが身体にへばりついて凍ってゆく。グローブにつららが。

おなじみ デカンショ街道で2度コンビニに入り暖をとる。山陽道に入り白鳥というパーキングエリアでそば食って温まる。

明石焼きが入ってて、安易だが美味しいおそば。
備前で下道に入って日生町に向かう。



カキオコの店を物色するが、なんか気軽に入りにくい。極端に人見知りする性格がここで災いする。決心がつかず赤穂から相生へ。



以前立ち寄った事のある道の駅で、カキオコっぽいのがありそう。




あった!美味しい!牡蠣いっぱい入ってるし。これは最高。
国道2号線に出てまた姫路へ。駅近くの3時間無料の駐輪場にninjaを預けて駅地下へ。



間違ってキツネ駅そばを頼んでしまったが、美味しい。温まってデカンショ街道を京都へ向かう。
篠山辺りから極端に気温低下。前に買った中華製のホットグリップもなぜか動作停止。コンビニで暖をとりながら京都へ。

京都帰還午後6時で気温は11度。まだまだ寒いわ。行き先は慎重に選ぼう!

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30