人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« ビッグ錠先生イベント! | トップページ | タイヤにネジが刺さっとる »

2017年2月25日 (土)

ヤマト2202嚆矢編を見る〜盗人にも三部の理を!〜

待ちきれず仕事終わって、イベント上映初日に行ってしまう。

この日4回目の上映に関わらずほぼ満席。観客の大半が私かそれ以上のオヤジ。やっぱしヤマトスゲ〜


感想、かなり面白かった。

 2199由来の新解釈が色々行われており、おっちゃん的には過不足のない出だし。第1話の緊張感の作り方とかはなかなかで、まだまだおもしろい物語が作れるんやなあと今後の展開に好感が持てた。
 ちょっと嬉しかったのは、第1話2話の作画に「湖川友謙」さんの名前があったこと。旧さらばにも係わっておられるし、復活編、2199でも健在だったので今回もアオって描いてほしい。冒頭のズォーダーのアオりポーズがそうらしい。
復活編つながりでは山本のコスモタイガー1がコスモパルサー重爆そっくりに思ってるのと、2話のラストに出てきたアレはそのまんまのデザインで、個人的には大サービスだった。

 2202見て思ったのは、ガトランティス帝国を今回どこまで突っ込んで描いてくれるか?というところだ。旧さらばでの位置づけは「ヤマトを引き立たせるための純粋なワル」だった。「愛」の引き立て役になるために帝国の人民とか文化についてはほぼ描かれることはなかった。ヤマト2でもそうだ。唯一、斎藤が捕まえた帝国パイロットの回くらいに片鱗があるくらい。これは、暗黒星団帝国にも言えてる。文明だけあって文化のない人類ってあらへんと思う。前2199で「蛮族」と表現された部分には好感。彗星帝国が母星なのか?もっと違うところに母星があるのか?人民はどんなになっているのか?という辺りを今回のシリーズではどうか描いてもらいたい。福井晴敏さんよろしくどうぞ!

« ビッグ錠先生イベント! | トップページ | タイヤにネジが刺さっとる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマト2202嚆矢編を見る〜盗人にも三部の理を!〜:

« ビッグ錠先生イベント! | トップページ | タイヤにネジが刺さっとる »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31