人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« ninja400、2泊3日で八甲田山を目指せ!(後編+補遺) | トップページ | ninja400で野麦峠にたどり着くはずだったのだが »

2016年8月13日 (土)

下鴨納涼古本まつり2016

去年は仕事が詰まっていて行くことが出来ず、ようやく私に夏が来た感じだ。




これまでは戦史モノの本がすごく多かった印象があるのだが、今年はすごくバランスがとれていると思う。
個人的に目を引いたのは、昔の少年誌の付録マンガで阿部和助画の「ゴジラ」とか手塚先生の「魔法屋敷」とかが結構なお値段で販売されていた。でも、こういう所で買うものではない!






これらの他にも子供向けの図解で「戦艦大和」の本があって、思わず手にとって価格を見ると¥2000。断捨離始めたとこなんでやめました。ホントはちょっと欲しかった。

« ninja400、2泊3日で八甲田山を目指せ!(後編+補遺) | トップページ | ninja400で野麦峠にたどり着くはずだったのだが »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下鴨納涼古本まつり2016:

« ninja400、2泊3日で八甲田山を目指せ!(後編+補遺) | トップページ | ninja400で野麦峠にたどり着くはずだったのだが »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31