人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月27日 (金)

(新装版)ゴレンジャー音楽集を聴く




amazonで買っておいたCDが届く。
作曲、渡辺宙明。帯の謳い文句「スーパー戦隊40周年の年に バリドリーンの歌 のメロオケを遂に発見!!」編集者の気合いが伝わってくる。
改めて聴くゴレンジャーの音楽、予算の関係で「弦」が入れられなかった為に、主たる楽器にフルートをセレクトした事により「スパイアクション」のムードが強烈に打ち出せている。ゴレンジャーの音楽はなかなかに素晴らしい!
ちょっと嬉しかったのは、ゴレンジャー名乗りの場面で流れる「ドンドコ ドンドコ」という太鼓音楽は実はキカイダー01の音楽で、ちゃんと収録してくれてる所が嬉しい!
これはいい!すごく元気が出る。何十回となく再放送とビデオで繰り返し耳にしたメロディ。いいヘッドホンで聴くと「こんな凝った演奏していたんだ」という事がわかってくる。

2016年5月 1日 (日)

特典CDをなんとかしてくれ!




小遣い不足に悩むなか、思案した挙句に買ってしまいました。戦え!!イクサー1。嫌いではないけれど喉から手が出るほどでもない。欲しかったのは同梱の音楽集で、今年卒寿の渡辺宙明さんの作曲。記念CDBOXが次々発売されるなか、なぜかイクサー1だけはパッケージ化されないと思っていたら、Blu-rayBOXの特典でした。



そもそもコンパクトディスクが売れないご時世にあって、さらにこんなコアな音楽がわざわざ売れるのか?となると、特典化するしかないのでしょうが、音楽集目当てで仕方なくBOXを買わないといけないという商売はどうにかならんもんでしょうか?
しかしながら、アニメ再見して面白さを再認識。鉄血のオルフェンズで再燃した大張正己さんの作画が大爆発。世代ではない息子も「バリってる!」と啞然。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31