人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 大英博物館展・神戸博 | トップページ | 納豆+キムチ 貧乏メニュー »

2016年1月10日 (日)

新梅田食堂街、いつもの中華料理屋で



考えに行き詰まった時には、梅田のここで食事する事が多い。飛び抜けて美味しいわけではないけれど、私が高校生位の頃からずっと変わらない店構えと味がいいのだ。
今日初めて気がついたのだが、注文書の類いがこの店には存在せず、カウンターのおばちゃんが誰が何をどれだけ食べたかをほぼ暗記して、ご請求してくれるのだ。スゴイ!
私は未だにここのタンメンと五目そばの違いが分からないのだった。

« 大英博物館展・神戸博 | トップページ | 納豆+キムチ 貧乏メニュー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新梅田食堂街、いつもの中華料理屋で:

« 大英博物館展・神戸博 | トップページ | 納豆+キムチ 貧乏メニュー »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31