人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月25日 (土)

京都みなみ会館・川北紘一大会を見る!

 月末のお楽しみは、京都みなみ会館の「大怪獣特撮大全集」上映会。
今回は故川北紘一監督特撮作品特集で
・「FUHITO〜不比等〜」パイロット版&メイキング
・東京大地震マグニチュード8.1
・ガンヘッド
の豪華三本立て。個人的な目玉は日テレの木曜ゴールデンドラマの東京大地震。






 東京大地震は16mm作品の上映で、赤く退色しており傷も多くお世辞にも画質は良いとは言えません。
中盤の地震から東京壊滅にかけては、東京が焼け野原になってゆく事もあって退色は段々と気にならなくなります。
川北監督はどちらかと言えばメカニック描写のシャープさが評価高いですが、さよならジュピターの冒頭「火星極環の氷融解場面」とか日本沈没テレビシリーズなどでもスペクタクルの名場面は多いです。
この東京大地震M8.1もちょっとやり過ぎの所もありますが、中野昭慶監督の日本沈没の特撮とはまた違った印象の震災特撮が良いところです。被災の連鎖みたいな描写は東京大地震の方がうまく表現できているように思いました。




お楽しみのお食事はやはり「ニンジンスティック」でした(笑)


ガンヘッドのメリーアン撮影用ミニチュアの展示がありました。ちょっとうれしい


私はもらえませんでしたが、先着入場20名にはガンヘッドの知性魚雷のキットがプレゼント。ええなあ!



東京大地震で大分から祖母と東京へ出てきて被災する少年は、星雲仮面マシンマンなんかに出演してた個性的な声のイントネーションの彼でした。

2015年4月12日 (日)

響け!ユーフォニアムで宇治全開



京アニの新作は宇治が舞台と聞いてみてみましたが、宇治だけでなく各所しっかりロケハンしてますね〜。文化パルク城陽を皮切りに宇治上神社、塔の島、京都コンサートホール。


個人的には仕事でよく通過する京阪六地蔵駅前が出てきて1人大騒ぎしてしまいました。
だれか聖地マップ作らんかな?

2015年4月11日 (土)

NINJA400鍛錬会、京都北部を走ってみる



久しぶりに休みを頂くことができた。ストレスも最高潮だ。じっくり今日は走らせて頂こう。
給油を済ませ、宇治を9時に出発。京滋バイパス〜京都縦貫道を通って京丹波市へ。すごく便利になった感がある。1時間かかってない。道の駅マーケスで休憩する。先にあるY形屋の方が設備が充実しているが、こっちの方が寂れてる分ゆっくり休憩できる。


よく見ると店内の様子がちょっと変わってる。フードコートをテコ入れしたようだ。丹波牛とか強調してあってなんか良さそう。今度食べに来よう。
国道9号線を福知山過ぎて、府道175号線〜176号線を経由して与謝野町の加悦へ。




道の駅で休憩して、宮津〜舞鶴〜高浜を経由して名田庄へ。ここからが今日の特訓の肝で、周山街道を通って京都へ帰還するのだが、雨模様で路面が濡れててちょっと怖くなる。


タダでさえ大した腕でもないのにさらにリターン者。休憩してるライダー諸氏も「天気予報に騙された!」とうっとうしそう。


取り敢えずお目当の手打ちそば食べて、あったまってから雨装備に着替え。やっぱり持ってきて正解だった。そのうち小降りになってきたので、皆さん順次出発。私も出ることにする。
しかしこのNINJA400。こういう登り降りのあるワインディングで、私みたいなリターン者でもそれなりに走れる。ギアを5速か4速にして適当にアクセルオンオフしてても、エンジンがすごく粘ってくれるのでまあまあ走れる。俺ってこんな上手かったかな?と錯覚させてくれる程扱いがラク。また、この色目立つので恥ずかしい。

まあ、無事帰ってこれたが、振動しびれ対策は何か考えねば。それと積載についてもなんらかいいツーリングバッグが欲しい。道の駅に良さそうな地酒とか売っててもなーんも買えないので悔しい。

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30