人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 年度かわる、疲れる | トップページ | Twitter記念日 »

2014年5月25日 (日)

「決死圏SOS宇宙船」DVDを見た!



すごく探したのだ。ずっと以前にVHSビデオで、レンタルして見た事はあったのだが字幕版だった。じつは日本語吹き替え版も入ったDVDが出ているという噂を尋ねて、色々探している間にずいぶんと時が経ってしまった。買ったのは関東の販売店でサイトもちゃんとある。きちんとしたショップみたいだし、通販を申し込もうと思っていてなかなか手がでなかった。この店他にも結構マニアックな映画も扱っていて、さらにはAmazonにもストアができており、DVD の入手自体はすごく楽になったと思う。
 製品自体もちゃんとした造りで、画質もまあまあ。中盤までは動きのあるシーンで所々にじみというか揺れが感じられるが許容範囲内。封入の解説書もなかなかマニアックなポイントを突いていて楽しめる。満足できる内容だと思う。
 映画自体は暗ーいお話の「反世界」モノで、展開があっさり読めてしまうのが難点。






だけど見所は多い。探査ロケットがらみの特撮シーンは素晴らしい。再見して、映像的にも見事の一言なのだが、吹き替え版では打ち上げ管制官の声が中江真司さんで、そこに青野武さんが絡んできてムードのあること。もうほんとに好きな人向け。個人的に満足してます。ぜひ吹き替え版聞いて下さい!!

« 年度かわる、疲れる | トップページ | Twitter記念日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「決死圏SOS宇宙船」DVDを見た!:

« 年度かわる、疲れる | トップページ | Twitter記念日 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31