人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 安彦良和「神武」買ってなかった・・・ | トップページ | 北陸に野望をかける(夕食編+) »

2014年1月13日 (月)

北陸に野望をかける

北陸、西金沢に大学時代の友人を訪ねる。知り合ったのはもう25年ほど前、お互いいいおっちゃんだ。彼は次の春には金沢を引き払い関西に戻ってこようと考えており、その前に北陸のそういう筋のスポットを案内したいと申し出てくれたのだった。


まず北陸の大手中古ショップに連れて行ってもらう。なんで看板キャラが「ダンディ」なのか分からなかったが、これはこの人石川出身でローカルCMが流れてるみたい。



次になんだかえらい山奥に連れて行かれる。「聖地」だとしきりに彼は言う。静かな温泉街なのだが、私はこのアニメ見ていないのでなんとも言えない。息子にLINEで聞くとすぐにわかりおった。「うらやましい」と。私はわからん。










温泉街の奥のほうに公衆浴場があり、その近くに神社があった。お札があがっているのだが、最後のこの人はずいぶんと勝手な人だと思った(笑)

« 安彦良和「神武」買ってなかった・・・ | トップページ | 北陸に野望をかける(夕食編+) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北陸に野望をかける:

« 安彦良和「神武」買ってなかった・・・ | トップページ | 北陸に野望をかける(夕食編+) »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31