人間嫌いを考える本・・・

  • 江戸川 乱歩: 幽霊塔

    江戸川 乱歩: 幽霊塔
    文体がやや古風なのに慣れると、途端に面白くなってくる。謎の美女「秋子」の過去を紐解く怪奇小説。売りはやはり宮崎駿の妄想的解説だ。そもそもは黒岩涙香という作家が米国の小説「灰色の女」を翻案した「幽麗塔」という作品がルーツとしてあり、これを涙香のファンだった江戸川乱歩がリライトした、という三者三葉の違いを宮崎駿が例の画の密度で解説してるページが素晴らしい!! (★★★★)

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)
    いよいよあと1巻で終局らしい。人質となった島民は?中国空母「広東」との決戦の行方?そしてなぞの秘密兵器の存在の有無? この社会情勢でこの内容はやっぱしヤバい? (★★★★)

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)
    早くも文庫化。「単行本未収録エピソード満載」とあるけどそんなに物量はない印象。再読して改めてこの人凄まじい生き方したんやと思う (★★★★★)

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか? (★★★★★)

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月13日 (月)

北陸に野望をかける(帰還編)

二日目朝は近隣にあるという円谷プロの室内型テーマパークに連れて行ってもらう。
施設前にモニュメントがあるのだが、こいつはネクサスではないだろう!(笑)
「ウルトラマンジャック」の呼称もそうなのだが、子どもに間違ったウルトラの知識を植え付けてはいけない。
これではウルトラの星は見えない・・・・。








帰りの電車に少し時間があったので、「安宅の関」にも連れて行ってもらう。私、こういう旧跡はだいすきなのだ。
こういうので喜んでしまうのが「オヤジ」だなあって思う。





北陸に野望をかける(夕食編+)

夕食は金沢市内に移動し、結構な雰囲気の居酒屋で金沢のおいしいモノをいただく。
酒は天狗舞オンパレード。石川県ばんざい!










北陸に野望をかける

北陸、西金沢に大学時代の友人を訪ねる。知り合ったのはもう25年ほど前、お互いいいおっちゃんだ。彼は次の春には金沢を引き払い関西に戻ってこようと考えており、その前に北陸のそういう筋のスポットを案内したいと申し出てくれたのだった。


まず北陸の大手中古ショップに連れて行ってもらう。なんで看板キャラが「ダンディ」なのか分からなかったが、これはこの人石川出身でローカルCMが流れてるみたい。



次になんだかえらい山奥に連れて行かれる。「聖地」だとしきりに彼は言う。静かな温泉街なのだが、私はこのアニメ見ていないのでなんとも言えない。息子にLINEで聞くとすぐにわかりおった。「うらやましい」と。私はわからん。










温泉街の奥のほうに公衆浴場があり、その近くに神社があった。お札があがっているのだが、最後のこの人はずいぶんと勝手な人だと思った(笑)

2014年1月 5日 (日)

安彦良和「神武」買ってなかった・・・




この所物覚えが悪くっていかん。漫画にしてもゲームにしても、読んだかどうか?買ったかどうかということで迷うなんてことは無かったのだが、50歳を目前にして自分の記憶力に自信がなくなってきた。
正月、大阪紀伊国屋コミック店で安彦良和さんの「神武」3巻と4巻を見かけたのでポイッと買ってしまったが、「1巻と2巻ってよんだかねえ???」と自分に自信がなくなる。帰宅して書棚を調べると「ナムジ」4巻で終わってる。「ヤマトタケル」は買うのを控えていたのは覚えていたが・・・・・。
同じような事で「藤子F不二雄全集」第4期もどこまで買ったかが自信なくなっている。「ブラックジャック大全集」も全15巻完結したぞ、何巻まで買った??1月の終わりからは「ブッダ」完全版が始まるらしい。
年はとりたくないもんである。

2014年1月 3日 (金)

サンダーバード展in阪神百貨店



昨日大阪へ出かけた時に、車内広告で見て気になったので見てきました。入場料500円という設定に一抹の不安を感じてましたが、案の定微妙な内容。よくわかってるマニアにとっては、自分が知っている事以上の展示内容が見当たらず、メイキング映像と3Dシアターに人だかりができていました。目玉の3D映像はさほどでもなく、Blu-rayで揃え直したいなあという欲求にはなる綺麗な映像ではありました。
「おとながいっぱいで見えないよう〜」と叫んでいるお子達が何人もいた事が、象徴的な展示会でした(笑)

windows移行作業

家内の実家のパソコンを新しいのにデータ移動してほしいという依頼をうける。しかたなくwindows8のマシンを買わないといかんかと思って、色々構えてしまう。年の暮れには義理の母がプリンタ共々購入を終えて待ち構えてくれる。開封してビックリのWindows7マシンだった。そう言えば義理の母に「Windows8より7の方が操作体系は変わらなくってイイかも?」と言ったようにも思うし、結果これで良かったのかも知れないが、しかし家電量販店のED!相手がパソコンの事わからんと思ってか、こういう在庫品掴ませるのもどうかと思うぞ。プリンタにはUSBケーブル付属してないし。
転送ウイザードがやはり使えなかったのは不思議。

2014年1月 1日 (水)

納豆餅存続





今年も出来が良かった。おいしい。
この作り方はもう継承されんのだろうなあ。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31