人間嫌いを考える本・・・

  • 江戸川 乱歩: 幽霊塔

    江戸川 乱歩: 幽霊塔
    文体がやや古風なのに慣れると、途端に面白くなってくる。謎の美女「秋子」の過去を紐解く怪奇小説。売りはやはり宮崎駿の妄想的解説だ。そもそもは黒岩涙香という作家が米国の小説「灰色の女」を翻案した「幽麗塔」という作品がルーツとしてあり、これを涙香のファンだった江戸川乱歩がリライトした、という三者三葉の違いを宮崎駿が例の画の密度で解説してるページが素晴らしい!! (★★★★)

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)
    いよいよあと1巻で終局らしい。人質となった島民は?中国空母「広東」との決戦の行方?そしてなぞの秘密兵器の存在の有無? この社会情勢でこの内容はやっぱしヤバい? (★★★★)

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)
    早くも文庫化。「単行本未収録エピソード満載」とあるけどそんなに物量はない印象。再読して改めてこの人凄まじい生き方したんやと思う (★★★★★)

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか? (★★★★★)

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年9月29日 (日)

ポケモンサンデー終了

1380463246482.jpg
残念だ。ロバート面白かったのに

ヴィナス戦記を見る

1380460430861.jpg

1380460432372.jpg
しばらく前に、日本映画専門チャンネルで「クラッシャージョウ」の放映があってすごく楽しませてもらったのだが、「ヴィナス戦記」をすご〜く見たくなってしまった。これはどういうわけかDVD発売されておらず、海外版を手に入れるしか今は視聴する方法が無いようだ。
当時弟がなぜか劇場に見に行って『戦争はいけないんだー、平和が一番なんだー っていう普通の映画でつまらんかった』とこぼしていていたのを覚えている。その後、私もレンタルビデオで見たが、弟の言うとおりなんのひねりもない普通の話だったが、結構面白いと思った。当時「メガゾーン23」や「王立宇宙軍」でも同様のテーマを扱っており、その「安彦版」という印象。ロボットではなくバイクを脇メカに持ってきて、親近感を持たせていたり、実写との合成、主人公の声に少年隊の植草克秀さんをもってくるなど非常に意欲的な内容だったけれど映画としては不調だった。主人公=植草克秀というのはどうかと思ったけれど、意外にうまかったし違和感もなかった。作品封印の原因はこのキャスティングにあると言われており、版権の使用許可が降りないらしい。結構好演してるし内容的にも差別とかの問題があるわけでないので、普通に国内盤でBlu-rayで出ないのがとても残念だ。
再見して、甘い話だけれどすごく丁寧なつくりで、改めて面白いと思った。作画も非常に丁寧で、モノバイクや敵戦車メカ「アドミラルA1ータコ」のCGとかじゃない非常にめんどくさいだろうアニメートをがんばってて、「動き」を堪能させてもらえる。

2013年9月20日 (金)

出雲で

お休みを利用して、島根県出雲市へ。明日出雲大社参拝予定。宿泊先近くの全品300円の安っぽい居酒屋で家内と一杯やるが、魚がかなり美味しい。
満足しています。
1379678088162.jpg

1379678113575.jpg

2013年9月16日 (月)

豪雨のあと

1240273_441474822636910_1276014590_
1234532_441473239303735_280273156_n

台風18号のあと近くの川が信じられない増水。越水してないが水が堤防を浸食している。ここまでの事って子どもの頃からなかったからなあ・・・・。「かつて経験したことのない」という気象庁の表現に納得しながら避難は考えておかないと。


FF14後記

1379294187652.jpg
発売からおよそ2週間、だいぶ接続しやすくなった感がある。思うに、メンテナンスもそうだが結構な人数がMHに流れてくれてるのではなかろうか?まあ、つながってくれなければ話にならん。
色々と言われているがこのゲーム、旧バージョンがあれだけ酷評されただけあって、相当に気合いの入ったゲームだなあということが端々から実感できる。個人的にすごく面白い。FF11 で「かったるいなあ・・・・」と思っていた部分がほぼ真逆の方向に解消されている感があり、技はバンバン出せるしHPはすっきり回復するし、全体的な展開がすごーくスピーディーだ。簡易にパーティー編制もしてくれるし、いちいち気が利いてる。この前までレベル5のファンタジーライフをやってたが、ああいう手軽さ・気軽さをFF11に持ち込んでる印象のゲームだ。メインクエストもまあまあいいお話なのだが、他国への使者になるクエストでみんなに見送られて祖国への感慨を込めて旅立ったのに、帰国して冒険者ギルドに立ち寄った時のモモディーさんらのリアクションが「あなたへ仕事の依頼が来てるの」とあまりにもさらっとしていたのがとっても興ざめだった。もうちょっとさあ「まあ!帰ってきてたの!?」とかなんとかほしかったなあ。
今のところレベル上げがそんなに苦にならず、格闘士をメインに剣術士をぼちぼちやってます。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31