人間嫌いを考える本・・・

  • 江戸川 乱歩: 幽霊塔

    江戸川 乱歩: 幽霊塔
    文体がやや古風なのに慣れると、途端に面白くなってくる。謎の美女「秋子」の過去を紐解く怪奇小説。売りはやはり宮崎駿の妄想的解説だ。そもそもは黒岩涙香という作家が米国の小説「灰色の女」を翻案した「幽麗塔」という作品がルーツとしてあり、これを涙香のファンだった江戸川乱歩がリライトした、という三者三葉の違いを宮崎駿が例の画の密度で解説してるページが素晴らしい!! (★★★★)

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)
    いよいよあと1巻で終局らしい。人質となった島民は?中国空母「広東」との決戦の行方?そしてなぞの秘密兵器の存在の有無? この社会情勢でこの内容はやっぱしヤバい? (★★★★)

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)
    早くも文庫化。「単行本未収録エピソード満載」とあるけどそんなに物量はない印象。再読して改めてこの人凄まじい生き方したんやと思う (★★★★★)

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか? (★★★★★)

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月29日 (木)

帰ってきた、FF14

1377778029925.jpg
旧版発表からずっとやりたかったけれど、色々とあれだったみたいでずーっと待ってました。
PS3版が出たらゲーム機と一緒に買うつもりだったけれど、せっかくパソコンの方を強化したのでwindows版の方を購入。インストールするとすぐアップデートが始まり、いつまで経っても終わらないのでその日はダウン。翌日つないでみると結構な人気みたいで接続に制限がかかっていてなかなか遊ばせてもらえない。ようやくつながってキャラメイク。FF11の時のガルガを引き継ごうと思ってルガディンで格闘士でスタート。新生Bakobakoが誕生したのだった。ゲームは非常に遊びやすくなっていて、クエストもどこ行って誰に何するのか?がすごーく親切設計。私的にはNPCの名前がカタカナ表記になったのがすごく嬉しい。わかりやすい。

2013年8月18日 (日)

ペルソナ4ロケテ

息子がペルソナ4の新作のロケーションテストをやってるので見たいと言うので日本橋のゲーセンへ。
1376807404830.jpg

1376807411079.jpg
整理券配って整然とやっていて、なかなか対応のよろしいゲーセンだ。シューティングは元より、こうしたゲーム自体が下日のようだが、中々に盛り上がっていて雰囲気を味わった。

帰りに中古ゲーム店に寄ると、GCの「カービィのエアライド」に高値が付いているのでちょっとビックリ。息子はニンテンドー64の「007ゴールデンアイ」を狙っておるのだが、これも結構高値安定で手が出にくい。また、そのうち宝探しに出かけよう

2013年8月16日 (金)

当時のヤマト3評を読む

1376636614686
1376636616158
1376636617560

下鴨神社納涼古本祭りで、映画のパンフレットに埋もれていた「ヤマト3」のロマンアルバム(徳間書店)を発見。安かったので買ってしまう。巻末のスタッフインタビューは松本零士先生を筆頭にネガティブな発言がいっぱい。富山敬さん中村秀生さんはこれまでのシリーズと比較して、ストーリー面での出来の悪さを。麻上洋子さんまでもが「アフレコの時には絵が無かったのでまじめにやってほしい」とのきつーいお言葉。金田伊功さんだけが「好きにやれた」とちょっと肯定的。
ヤマト3嫌いじゃ無いんだけれどなあ・・・・・。

ドスパラタブレットがテザリング受け付けない

弟がどこかで手に入れたドスパラタブレットが、どうにも使い勝手が悪く
http://goukizm.blogspot.jp/2013/01/nexus7.html
辺りを参照してNexsus7化に成功。GPS機能はないがなかなかに使える端末に大化けした。

使い勝手はよくなったドスパラタブレットだが、唯一iPhone5のテザリングを受け付けてくれない。
iPhone5がどうかなってるのか?と思ったが、他の端末ではちゃんと****のiPhone5と認識してくれる。
弟も一緒に色々思考した結果、iPhoneの設定➡一般➡名前デュ「@@@のiPhone5」となっている「漢字」部分を削除し「半角英数のみの名前」という呆気ない方法で解決となった。中華タブレットだけに日本語を認識できないってのが結論か?まあ1万円切ってる機械だからこんなものなのかも?
1376636072965.jpg

1080723_218274684988981_1529959655_
1081428_218274631655653_341158484_n
1080266_218274574988992_1536032366_

2013年8月10日 (土)

パシフィック・リムを見る

1376127923888.jpg
 期待値が大きすぎたのか?若干微妙なところはあったけれど、なかなかに燃える面白い映画だった。
ロボット対カイジュウー(怪獣)のアクションはすごくいいのだが、アクションに「タメ」がないというか「見栄」が張れないぶんすごく淡泊な印象になったのが残念。これはハリウッドトランスフォーマーなんかにも言えることだけど、自分らの感じる「カッコ良さ」の文法とアメリカとでは文化に差があるということなのだろう。モンスターデザインももうすこしなんとか個性的にならんかったもんだろうか?なんでそんな怪獣が海底から現れるのか?という説明はすごく納得できたので、あと一息の個性出しが欲しかったところ。
 ジャンボーグA+勇者ライディーン+ロボジョックスにスーパーロボットレッドバロンがちょっと入ってガリアンがちょびっとていうところでしょうか?ロボットで勝てないので次の手は「*」を作るってところが呆れてしまうか、『おお、パシフィックってそういうひっかけやったのか?』って深読みできるかって所でしょうか(笑)
1376127925230.jpg
意外に良かったのは菊池凜子さんで、これは水野久美さんへのオマージュでないかと読んでいたのは私だけでしょうか?

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31