人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« ペルソナ4ロケテ | トップページ | FF14後記 »

2013年8月29日 (木)

帰ってきた、FF14

1377778029925.jpg
旧版発表からずっとやりたかったけれど、色々とあれだったみたいでずーっと待ってました。
PS3版が出たらゲーム機と一緒に買うつもりだったけれど、せっかくパソコンの方を強化したのでwindows版の方を購入。インストールするとすぐアップデートが始まり、いつまで経っても終わらないのでその日はダウン。翌日つないでみると結構な人気みたいで接続に制限がかかっていてなかなか遊ばせてもらえない。ようやくつながってキャラメイク。FF11の時のガルガを引き継ごうと思ってルガディンで格闘士でスタート。新生Bakobakoが誕生したのだった。ゲームは非常に遊びやすくなっていて、クエストもどこ行って誰に何するのか?がすごーく親切設計。私的にはNPCの名前がカタカナ表記になったのがすごく嬉しい。わかりやすい。

« ペルソナ4ロケテ | トップページ | FF14後記 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきた、FF14:

« ペルソナ4ロケテ | トップページ | FF14後記 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31