人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« RAP | トップページ | シャア専用オーリス »

2013年4月29日 (月)

超大河原邦男展 レジェンド・オブ・メカデザイン

兵庫県立美術館で開催中の大河原邦男展へ行く
1367234120523.jpg

1367234121931.jpg

1367234123969.jpg

1367234125403.jpg
これまで大河原邦男デザインと思っていたモノの一部が、実は中村光毅さんのものであった事を知って認識を新たにする。休日でもあり親子連れが多い。会話を聞いていると「レイズナー放映の頃は5歳」とか「バイファムって見たことない」など自分のようにコアなファンは少ない。実物大ブルーティッシュドックの前でカップルが会話していて、男の方がアームパンチの機構を熱心に説明していて呆れられていた。
いや〜なかなか楽しい展示ですごく楽しめた。

« RAP | トップページ | シャア専用オーリス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超大河原邦男展 レジェンド・オブ・メカデザイン:

« RAP | トップページ | シャア専用オーリス »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31