人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月30日 (土)

フォトテスト

フォトテスト

アイドリングストップ解除の術

アイドリングストップの術
天気がよかったので前からやろうと思っていた、ADDRESSV125Gのサイドスタンドを降ろすとエンジンがストップされてしまう機能をカットするべく同僚からもらったリストバンドを巻き付けようとおもって作業を始めたが・・・・。やっぱしずぼらかましてスイッチを車体から外さずやったためにうまく行かなかった。

しかし、いまだiphoneアプリがos6に対応してくれんために投稿がうまくゆかないのがなんとも腹立たしい。
さっさとなんとかしてくれ。

2013年3月 5日 (火)

JOJO ストーン・オーシャンを読む

 JOJOの奇妙な冒険はずーっと読んでるが、第6部ストーン・オーシャンだけはうちにはなかった。第5部を読んでてなんかスタンドの能力を理解するのにしんどくなってきたことが第一の理由だ。第4部ラストの仗助と吉良の対決には素直にのめり込んだものの、第5部ジョルノのキャラがどうしても好きになれなかった。結果、ストーン・オーシャンからはジャンプコミックスは買わずにいたのだが、スティール・ボール・ランを知って、「とうとうスタンドでない話になった!」と喜んで(結局スタンドだったけれど)またコミックスを揃え始めた。そんな訳でうちには第6部全17巻はなかったのだ。JOJOをおもしろいとわかるようになった息子どもが、うちにはストーン・オーシャンがない事に気づき「どんな話だ!?」「読んでみたい!」とせがむようになり、長男と折半して揃えはじめて先頃めでたく読了したのだった。
P1050460
 率直なところ、思っていたよりもおもしろかった。全シリーズ中不人気No.1というのもなんとなく分かるような気もするが・・・・。これがプッチ神父によって天国に向けて一巡された世界が「スティール・ボール・ラン」であり「ジョジョリオン」の世界なのだということもすごく納得できた。荒木先生の漫画はどこに何が書いてあるのか?何が起こっているのかが読んでいてさっぱりわからないというのがハードルの高いところだが、ストーン・オーシャンはその最たるモノで、解説がないとスタンド能力がいったいどういうモノなのか理解できない事が際立ってしまっている。ストーンフリーやダイバーダウン、キッスあたりはまあ「なるほど」と思えるが、FFなんていったいどういう奴なのかさっぱり想像がつかなかった。ヘビーウエザーなんてただきもち悪いだけで、もう何がなにやら??かなり敷居は高いが分かってしまえばウエザーリポートもアナスイもなかなか魅力的なキャラでおもしろさが伝わってくる。

 そうか、壁の目はこういうことだったのだな・・・・

« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31