人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 兵庫県佐用郡・ホルモンうどんツアー | トップページ | 射幸心を煽るゲーム・・・・ »

2012年12月 4日 (火)

ブラックジャック大全集

 Img_1284
 刊行からだいぶ経ってしまった。すご〜く考えた末にとうとう買ってしまった。もう後戻りはしない。
 自分はつまんないことに固執してしまう癖があって、本は1巻からきっちり最後まで読まないとどうにも気持ち悪くなってしまうのだ。ブラックジャックはこれまで何回か揃えているのだが、持ってるものが発表順になっていないというのがどうにも気持ち悪くって仕方がなかった。特に手塚全集版は手頃だけども掲載順が気持ち悪くって仕方が無い。電子書籍版も買ったが、これも気持ち悪い。秋田書店版を勧められた事もあるのだがなかなか置いてあるところを見つけられず、ぐずぐずしていたときに、復刊ドットコムがこれを出してくれた。マニアの人からすると色々と問題のある内容らしいけれど、自分はこれでオッケーだ。問題は1冊¥3000オーバーで15冊揃えられるのか?というのが悩みだったが、もうここは思い切って倹約して買ってしまうことにした。「植物人間」も「快楽の座」も私は別にいい。火の鳥みたいに9000円もつけられたら大変だ。これで充分ですよ。
 判型が大きいので読みやすい。カラー頁も復刻してあってチャンピオン買ってた頃を思い出す。巻末の解説部分も自分的には充分読み応えのある内容でグッド。
 ブラックジャック、やっぱしおもしれーなー。我が子らも読み始めよった。手洗わそう(笑)

« 兵庫県佐用郡・ホルモンうどんツアー | トップページ | 射幸心を煽るゲーム・・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラックジャック大全集:

« 兵庫県佐用郡・ホルモンうどんツアー | トップページ | 射幸心を煽るゲーム・・・・ »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31