人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月30日 (日)

苦情

 いつになったらココログアプリはiOS6対応してくれるのか?
 不便でかなわん。

射幸心を煽るゲーム・・・・

Img_1387
 高2の息子が「学校で流行ってる」と教えてくれたゲームを「どの辺がおもしろいのか?」と試しに落としてみたら、これが大当たり。パズドラ、これはいかん!罠にはまってしまった。やめられん。
 

2012年12月 4日 (火)

ブラックジャック大全集

 Img_1284
 刊行からだいぶ経ってしまった。すご〜く考えた末にとうとう買ってしまった。もう後戻りはしない。
 自分はつまんないことに固執してしまう癖があって、本は1巻からきっちり最後まで読まないとどうにも気持ち悪くなってしまうのだ。ブラックジャックはこれまで何回か揃えているのだが、持ってるものが発表順になっていないというのがどうにも気持ち悪くって仕方がなかった。特に手塚全集版は手頃だけども掲載順が気持ち悪くって仕方が無い。電子書籍版も買ったが、これも気持ち悪い。秋田書店版を勧められた事もあるのだがなかなか置いてあるところを見つけられず、ぐずぐずしていたときに、復刊ドットコムがこれを出してくれた。マニアの人からすると色々と問題のある内容らしいけれど、自分はこれでオッケーだ。問題は1冊¥3000オーバーで15冊揃えられるのか?というのが悩みだったが、もうここは思い切って倹約して買ってしまうことにした。「植物人間」も「快楽の座」も私は別にいい。火の鳥みたいに9000円もつけられたら大変だ。これで充分ですよ。
 判型が大きいので読みやすい。カラー頁も復刻してあってチャンピオン買ってた頃を思い出す。巻末の解説部分も自分的には充分読み応えのある内容でグッド。
 ブラックジャック、やっぱしおもしれーなー。我が子らも読み始めよった。手洗わそう(笑)

兵庫県佐用郡・ホルモンうどんツアー

 休日だったので家内が買ったB級グルメの雑誌を頼りに、兵庫県佐用郡(さよぐん と読むらしい)までホルモンうどんを食べにゆく。
 入ったのは「新さよ」というお店。そもそもここは焼き肉屋さんらしい。
Img_1278_2
ひなびた感じの良いムードのお店で、目の前の鉄板で念入りにつくっていただいた。ホルモンうどんは焼いてるときにタレで味付けしてしまうのと、つけダレにつけて食べるのと2種類あるみたいだ。ここのお店は前者のタイプ。このあと別の店にはしごしてつけダレタイプも食べた。それもおいしかったが、個人的には味付けして焼いてあるタイプの方が好みかも?
 Img_1279_2
 うちの奥さんホルモン食べられない人だったのだが、これならば!と食べていた。ちゃんとした国産の黒毛和牛のホルモンなのでおいしいのだと店の親父さん。いや、おいしかった。
 京都からほかに用もなく、ホルモンうどんだけを食べに来たのだというと、えらくびっくりしてくださった。まあ、ホルモンうどんっておいしそう・・・・っていうこともあったのだが、なんでこういう山の中で「ホルモン」と「うどん」なのか?ということが、個人的にすご〜く気になったのだ。親父さん言うには、「戦前からあったんですよ。村が畜産が盛んだったときがあって、仕事終わりにみんなで安いんでホルモン食べて、締めにうどん焼いて食べたっていうのが始まりらしいです。それがB級グルメのブームに乗っからさせてもらって」ということらしい。納得した。
 近くの道の駅で「ホルモンうどんコロッケ」と「鹿コロッケ」というのを買ったのだがこれもおいしかった。

 帰りは高速を使わず、5時間かかって京都へ。ならば・・・・愛車ADDRESSで5時間くらいかけたら、たどり着けるということだ。また食べに行こう。

2012年12月 1日 (土)

オ*オ?

うちの奥さんが、近所のスーパーの特売で「あっ、このオ*オ安いやん!!」と思って、よ〜く見たらバッタモンだった。
Img_1250_2


« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30