人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月30日 (日)

ポケモンセンターで何してる??

Img_1112
「シングルバトル 最強クラスのポケモン」プレゼントというキャンペーンをやっていて、この3週ほど内緒で梅田のポケモンセンターに通っている。ランダムに「ふしぎなおくりもの」でもらえるのだがここまで「ガブリアス」「ガブリアス」「メタグロス」という出目で、目当ての「ハッサム」がいつもらえるのかあと4週すごく楽しみなのだ。
 さてポケモンセンターオオサカは今梅田大丸の13階にあって、すご〜く賑わっている。私が行くのは土日に限られるのだが、男も女も、子供からお父さんお母さん、果ては私のような怪しい風貌のマニアックそうなおっさんまでほぼあらゆる年齢層の者が、DSを手にして一生懸命何かをやっている。そう、何をやっているのか?さっぱりわからない。私はプレゼントもらうだけなのだが、この人らは私の分かっていない「なにか」をやっている。
 「通信交換」?「バトル」?ブラック・ホワイト2ならば「フェスミッション」ということも考えられる。
 この前は多少時間に余裕もあったのでフェスミッションに参加してきたのだが・・・・・いやなかなか楽しかった。
 このフロア一帯に居る人が、各々のDSに食らい付くようにしてコミュニケーションを取り合っているというのは、なんとも異様な光景ではあるのだが、これはこういう「文化」だな。
 思うに、みんな床に座って・・・・とかいうスタイルは妙なので、もうちょっとカフェっぽくならんもんだろうか?あとポケモンセンターをもっと点在化させてくれるのであれば、週末は入り浸るのだけれどなあ。次期ポケモンは3DS専用にして通信することを前提にいろいろコンテンツを整えておいてくれると楽しそうに思うのだけれど・・・・・。ポケモンカフェ、真剣に考えて下さい。


藤子・F・不二雄大全集 第4期内容発表

Img_1118
 この前買ってきた藤子・F・不二雄大全集版ドラえもん20巻に目を通す。ドラえもん蔵出しラストを飾るだけ合って実に濃い内容。ドラミちゃん初出版と改訂版の読み比べがまず素晴らしい。ドラミちゃんに出てくるのがのび太でなく「のび太郎」だといくら言っても誰も信じなかったのを、ようやくこれで証拠を突きつけられる。少しびっくりしたのはジャイアン役割のキャラが別にいたと言うこと。私が小学館ブックで直接読んだのは「山奥村の怪事件」の回なので、こいつには出会っていなかったのだ。そして「ドラとバケルともう一つ」の収録。私は漫画の書き方の回だけ本を買ってもらって読んだくちで、読者投稿漫画の結果がすご〜く気になっていたのだ。
 100巻ちゃんと出し切ってもらえたのは本当に良かった。石ノ森全集みたいに途中で空中分解するのではと心配だったのだ。しかも4期まで出してくれる。毒を喰らわば皿までとはこの事で、実にマニアックな内容。行くところまで行って次はA大全集をお願いしたい。
 「ユートピア」巻末の我孫子先生のことばにもグッとくるものがあった。小学館のハードカバー復刻版も買ってしまおうかとも思う。
 最後に、私ら兄弟が大好きだったコマがスネ吉兄さんのこれ
Img_1119


2012年9月15日 (土)

マフラーバンドがまた割れる

1347686183727.jpg
愛車のマフラーバンドがまた同じ所から割れて、ヒビが入っていた。買ったバイクパーツ店にいくと、メーカー問い合わせをして、展示品とすぐ取り替えてくれるという迅速な判断に感心。でも六角レンチ渡された。あれ?私が交換作業するの?

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28