人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 帰省 | トップページ | 藤子・F・不二雄大全集 第4期刊行決定!! »

2012年8月19日 (日)

BLACK MAGIC M-66を見る

 amazonをいろいろと検索していたら、BLACK MAGIC M-66のDVDが出ていたのだということに気づく。そんなに無茶な値段ではなかったので深く考えずに買ってしまう。
 このアニメ、発表されてから大分たった時に、バイト先に出入りしていた濃いSFマニアの人に勧めてもらっておもしろさを知った。士郎正宗と大友克洋について濃い〜話を聞かせてもらった覚えがある。
 作画全体の丁寧さは後年近い布陣で作られた「鉄の紋章」のほうが良い感じだと思うが、M-66を追う特殊部隊の異常にリアルな描写が素晴らしい。シーベルを後ろ手に拘束するときの動きとか、森の中で警戒任務にあたる兵士の動きは、実際にそんな感じなのだろうと思わせる。戦闘アンドロイドもロボットの理にかなった異常な動きでもって、特殊部隊を翻弄するところがすごい。
 このDVD、最後に「人狼」の告知が入っているので、発売時期はそんなに古くないはずなのだが、動きの激しい場面ではなんとなくデジタルノイズが現れる。適価でBlu−rayにならないもんでしょうかね?

 アマゾン見てたらゴーグのDVDボックス再販とか菊池俊輔さんの50周年記念CD−BOXとかがこの秋出るんだなあ。これらを心の支えに強く生きよう。

« 帰省 | トップページ | 藤子・F・不二雄大全集 第4期刊行決定!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BLACK MAGIC M-66を見る:

« 帰省 | トップページ | 藤子・F・不二雄大全集 第4期刊行決定!! »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31