人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 海の日なので | トップページ | YAMATO SOUND ALMANACシリーズ »

2012年7月22日 (日)

おおかみこどもの雨と雪

1342930480384.jpg
 娘(大学1年)と一緒に見に行ってきた。率直に非常におもしろい映画だったと思ったが、娘は「感動はしたけど・・・」いまひとつピンと来なかったようだ。別の日に友達と見に行ってきた高校2年生の息子も「うーん、面白かったけれど微妙・・・」とやはり似たような感想だった。「何がテーマだったか?」と思い返してみて、「子育て」であり「恋愛」であり「自分探し・自立」でありサマーウオーズでもあった「人と人のつながり」でもあろうし、見る人によっていろいろな見方ができるように思う。人が生きる上で当たり前に経験することを、ストレートに観客に「どうか?」と問うている。でも語り口はそんなに重くはない。昔富野由悠季監督が「逆襲のシャア」の特番で言っていた「できれば30歳以上の人に見てもらいたい・・・・」という言葉を思い出す。娘・息子にはできれば何度か見直してもらいたいと思う。
 おやじの私はラスト近く、「花」が彼に再会(?)するところで不覚にも涙が流れた。これは、今の私の価値観の中で一番グッとくるポイントを突かれてしまった。
 細かいところでは、花が荒れ地を小型耕耘機もなしに開墾してしまったり、ご近所の人や菅原文太の爺ちゃんは終盤どうなってしまったの?などとどうもよくわからないところもあるのだが、職場の共済会の映画招待券もあることだし近いうちに再見してこようと思う。

 が荒巻監督のスターシップ・トゥルーパーズも気になるなあ(笑)

« 海の日なので | トップページ | YAMATO SOUND ALMANACシリーズ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おおかみこどもの雨と雪:

« 海の日なので | トップページ | YAMATO SOUND ALMANACシリーズ »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31