人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 今治のすごい所 | トップページ | 吉本新喜劇 ギターの人がおもしろい »

2012年4月10日 (火)

ヤマト2199を劇場で見る

 おとといの日曜日、待望の新作ヤマトを見に行ってきた。
 第1話はなかなか良かった。前半部分はwebで公開されているので何度も見たが、後半もなかなか良いムードだった。で、第2話。私は旧作の第2話がとても好きで、劇場版第1作のヤマト発進までの段取りがどうしても好きになれない。ヤマトが補助エンジンしか動作せず、また古代、島以外は「整備員」が操作しているというのが妙にリアルだった。わざわざこういう仮始動みたいな回があって、第三話でパレードして出発という凝った段取りがすごくよかった。ヤマトの強大さも強調できるし、世界の切羽詰まった様子もちょっとした台詞ですごく伝わってくるし、旧第二話は改めて実に良くできた話だと思う。それが2199ではクルーが搭乗し、例の巨大ミサイルを撃墜してイスカンダルへ発進となってしまった。これは返す返す残念。旧第2話は仮にヤマトを動かすという事でキャストを揃えてしまわず、その分古代と島、沖田らの関係が深く示されたと思うのだ。2199版2話は発進に向けて結構テンポ良く話が進み、登場人物紹介を含めてかなり情報の多い話ではあると思う。特にスターシアのメッセージはさらっと流したようだが、2199独自の伏線が張ってある。すごく好感の持てる造りなのだけれど、古代と島のキャラが見えてこない。2199第2話前半の戦闘がわずかに旧第2話を踏襲しているとはいえ、旧第2話で古代は沖田に反感を感じながらも不慣れな操作に戸惑つつ沖田の戦闘指揮の的確さで危機を脱する・・・・という話の中でキャラクターをしっかり描けていたと思うのだ。風呂敷を広げきらずに丹念に人間を描き世界の切羽詰まった感も表し、さらにヤマトの強さも描くという点で旧第2話に対する出来の良さを感じてしまう。
 2199もがんばってはいて、出発前の沖田と土方の会話であったり、加藤の斜に構えた態度や、今回は女性クルーがたくさん搭乗するようで、旧作の古代・島・森の関係よりも凝った恋愛関係が描かれるのでは?という新たな期待も持ててはいるのだけれど・・・・・

« 今治のすごい所 | トップページ | 吉本新喜劇 ギターの人がおもしろい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36085/54441397

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマト2199を劇場で見る:

« 今治のすごい所 | トップページ | 吉本新喜劇 ギターの人がおもしろい »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30