人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2012年ご挨拶+納豆餅レポート | トップページ | ヤマト音楽再販 »

2012年1月14日 (土)

聯合艦隊司令長官 山本五十六 を見る

1326541133787.jpg
 派手さがなくなかなかいい映画だった。意外に年配の方の観客が多かった。戦争シーンはすごく少なくて、山本五十六という人物がどういう人であったかを描くことに主眼が置かれている。役所広司さんの温厚な演技が実に良かった。ミッドウエイ海戦のあと、南雲中将と二人でお茶漬けを食べるシーンが特に良かった。
 「物事の本質は原点に立ち返って俯瞰してみなければ見えてこない」「納得ゆかない仕事であってもそれを行わざるを得ないという軋轢の中でどう生きるか」この人の生き方はもっと深く検証してみたいなあ。

« 2012年ご挨拶+納豆餅レポート | トップページ | ヤマト音楽再販 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聯合艦隊司令長官 山本五十六 を見る:

« 2012年ご挨拶+納豆餅レポート | トップページ | ヤマト音楽再販 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31