人間嫌いを考える本・・・

  • 江戸川 乱歩: 幽霊塔

    江戸川 乱歩: 幽霊塔
    文体がやや古風なのに慣れると、途端に面白くなってくる。謎の美女「秋子」の過去を紐解く怪奇小説。売りはやはり宮崎駿の妄想的解説だ。そもそもは黒岩涙香という作家が米国の小説「灰色の女」を翻案した「幽麗塔」という作品がルーツとしてあり、これを涙香のファンだった江戸川乱歩がリライトした、という三者三葉の違いを宮崎駿が例の画の密度で解説してるページが素晴らしい!! (★★★★)

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)
    いよいよあと1巻で終局らしい。人質となった島民は?中国空母「広東」との決戦の行方?そしてなぞの秘密兵器の存在の有無? この社会情勢でこの内容はやっぱしヤバい? (★★★★)

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)
    早くも文庫化。「単行本未収録エピソード満載」とあるけどそんなに物量はない印象。再読して改めてこの人凄まじい生き方したんやと思う (★★★★★)

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか? (★★★★★)

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月14日 (土)

聯合艦隊司令長官 山本五十六 を見る

1326541133787.jpg
 派手さがなくなかなかいい映画だった。意外に年配の方の観客が多かった。戦争シーンはすごく少なくて、山本五十六という人物がどういう人であったかを描くことに主眼が置かれている。役所広司さんの温厚な演技が実に良かった。ミッドウエイ海戦のあと、南雲中将と二人でお茶漬けを食べるシーンが特に良かった。
 「物事の本質は原点に立ち返って俯瞰してみなければ見えてこない」「納得ゆかない仕事であってもそれを行わざるを得ないという軋轢の中でどう生きるか」この人の生き方はもっと深く検証してみたいなあ。

2012年1月 4日 (水)

2012年ご挨拶+納豆餅レポート

 このブログも結構長いこと続いているのだが、途切れかけながらもまだ続けてゆけそうで非常にありがたいことだと言える。始めるより、終わるより、続けることが何より難しいということは自明の理であり、さらにこのブログのモットーとして「つまんないことでも、自分が興味関心あることについてクドクド書く」ということはこれからも貫いてゆきたい。
 さて、何年か前にも掲載した記事ではあるけれど、毎年正月の餅つき時にうちの家は「納豆餅」を作ることになっている。私の亡くなった祖母が京北町周山の出身で、この京北町というのが関西では珍しい「納豆」を常食する地域になっている。その祖母の遠縁の叔母さんが、この方ももう亡くなってしまったのだが、伸し餅に巻き込む型の納豆餅作りの名人で、そのやり方を毎年再現しているうちに私の母親がその技の伝承者になってしまった。叔母さんの味に決して負けてはいない。失われてゆく郷土食の技は継承しておきたい。
Img_0582

Img_0583

Img_0586
 納豆はできれば京北町の各所で売られている「美山健康納豆」を選びたい。純粋な藁苞納豆でおいしい。けっして臭い控えめではないので注意。これを塩で和える。納豆を塩で・・・・と言うと「え!?」とすごくびっくりされることがあるのだが、京北町の祖母の実家では塩で和える。納豆餅用には相当量の塩を混ぜる。この塩加減はすごく大事で、数日後に違いが出てくる。だから好みの範囲内で「それでええの?」というくらい塩を入れた方がいいと思う。
Img_0596

Img_0597

Img_0598
取り粉を敷いた上に「きな粉」を敷く。これもポイント。保存したときと焼いたときに違いが出てくる。
Img_0600

Img_0601

Img_0602

Img_0603
餅を「伸し」てゆく。アツイので大変。そして
Img_0604

Img_0605

Img_0606

Img_0607

Img_0613

Img_0614
ロールにする。この時にうまいこときな粉も巻き込んでゆくこと。
この辺で部屋は相当にすごい「臭い」がしている。苦手な人は退出しておいて欲しい
そして完成。
冷暗所で数日寝かそう。できたてもおいしいのだが、寝かした方がいい。ロールされた納豆が餅の間で適度に発酵していってくれるのだ。それと濃いめの塩が餅に適度に染みていってちょうどいい塩加減になるのだ。12月30日くらいに作ったとして、正月2日から3日がおいしい。日を追っておいしくなる。
Img_0620

Img_0589
私の母も元気ではあるがすでに老齢の域に入ろうとしている。娘が手伝ってくれたりして技をうけついでくれるのか非常に楽しみだ。

 

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31