人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月31日 (日)

芦田豊雄さん死去を悼む

 近所のレンタルビデオでバイファムを借りて偲ぼうと思っているのだが、同じ事を考えてる人が多いようで、まだ借りられていない。
 Img_0400
 OUTでの連載からなんとなく暴走し始められた頃がすごく好きで、「最終教師」とかは下品だとすごく当時評判は悪かったが、個人的にはすごく好きな作品だ。ドクタースランプアラレちゃんでせんべいを食う婆さんが筏で川下りする回ももう一度見てみたい。
Img_0399
Img_0402
ミンキーモモの楽屋オチマンガとかウンガラの太鼓とかのマンガもすごく好きだった。
楽しい思いをさせていただきました。ありがとう。


2011年7月24日 (日)

駄目なアナウンサー

1311504774173.jpg
27時間テレビ。この新人アナウンサー、気の毒に緊張して散々なアナウンスメント。トドメに西山アナから「どこから中継してるか最初に伝えるのがアナウンサーですよ!!」とダメ出しされ「ああ〜っ」と退場。
すごく気の毒だった・・・・

藤子・F・不二雄全集 第3期ご案内が

1311504345736.jpg
とうとう、新オバQの封印が解かれるときがきた。がんばってきて良かった。いや、まだ本を手に入れるまで時間があるぞ。ラインナップを見ると「ユートピア」が入っている。これもオリジナルをどれだけ忠実に出してくれるかがすごく楽しみだ。強く生きていきたい(笑)

2011年7月23日 (土)

「アイアンキング」DVD廉価版を見る


息子のiPod用のイヤホンを買いに入ったヨドバシカメラで発見。1,2巻で不知火一族編だったのでつい買ってしまう。旧東宝版のLDは持っているのだが、見るためにいちいちLDを接続しなければいけない手間を考えるとDVDで買ってしまう。改めて、第1話おもしろかった。途中弟(43歳)がやってきて一緒に見たが恐ろしく無駄を省いたストリー展開に関心しながら、あまりにもアホな結末に呆れながらもおもしろがってくれていた。2000年前の「日本現住民族」なんていうものを敵にしてしまう危なさがすごい。また、30分のテレビ特撮番組とは思えない気合いの入った特撮の連続。敵の首領「堀田真三」さんの鬼気迫る演技に堪能されてしまった。
マニアの人に言わせると、東宝版LDに入っていた「こんど静弦太郎を演じさせていただくことになった石橋正次です」という番組予告が入っていないらしいが入っていないぞ。

2011年7月 3日 (日)

竹内博さん死去を悼む

すごくびっくりした。そんなお歳でもなかろうにと思ってみると55歳とのこと。
1309672212836.jpg
 そもそもを遡るとこの方が酒井敏夫編集名義で出された「ファンコレ・空想特撮映像の素晴らしき世界」を買ってしまった事が始まりだったと思う。私が小4〜5年の頃、関西テレビの夕方枠で「ウルトラ60分」とかいうタイトルでセブン・新マン・エースあたりをぐるぐる再放送していた時期があって、改めておもしろいと思うけれどそろそろ高学年やからウルトラマンってなあ・・・・というときにこの本だった。「裏表紙が反対になってるウルトラマンの本」と知ってる奴は知っていた。すごくマニアックな編集で、解説文章もおもしろかった。ウルトラQの項の「忘れもしない昭和41年1月2日、日曜日の夜7時に君は何をしていたか?」の書き出しにはグッと来た。好きなモノをはっきりと好きだと言っていいのだと理解し、一気にこの筋に傾斜してしまった事がいまの私のオタク人生を決定づけたと言える。
1309672215212.jpg
それからも「竹内博 編」の一行でほぼ無条件にムックは買っていた。ピントが多少甘くても発色が悪くても資料的価値が高ければあえて掲載するという潔い構成がたまらなかった。「証言構成 OHの肖像」では、本人が語らなくても周囲の客観的な評価の積み重ねで本人像を構成することができるのだと、私にとっては結構目から鱗的な内容だった。今の私の仕事でもこういう視点はすごく役に立っている
1309672214399.jpg

本だけでなくレコードのライナー文も本編を見たくなるような内容ですごくおもしろかった。コロムビアの「怪獣王ゴジラ」の解説も傑作で、かつての東宝レコードの「ゴジラ」を構成したときの反省を踏まえた解説が楽しかった。伊福部昭さんの「SF交響ファンタジー」の初回CDの「この音楽があれば私たちマニアはあと10年は強く生きてゆける」とか「日本誕生」のサウンドトラックの「テクノロジーくそでも喰らえ!」などは名解説だと思っている。

円谷英二研究の成果の一端が示されたところだったのに。実に残念でならない。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31